2017年8月13日 (日)

金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~

Imgp5273

 出発の前に、早稲田の金城庵で昼食をとりました。この金城庵、大正年間からある老舗ですが、なんか普通の蕎麦やさんの雰囲気。

 食べたメニューは忘れてしまいましたが、確か鴨南蛮だったかな?

 この日は雨の日で、冷房が効いたところにいたため、体が冷えていましたので、暖かい蕎麦がうまかった記憶があります。

星評価 ★★★

早稲田から飯田橋まで歩きました!記事一覧

 早稲田から飯田橋まで歩きました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

鍋横夏祭りに行きました!

Img_0936

 土曜日に鍋横夏祭りに行きました!

 鍋横夏祭りとは、鍋屋横丁という商店街のおまつりです。鍋屋横丁は、新中野付近の青梅街道ともみじやま公園通りの交差点(鍋屋横丁)を中心に、もみじやま公園通りと中野通りの分岐(十貫坂上)地点までの通りです。かつては、妙法寺への参道として栄えたようなのですが、現在でも活気のある商店街です。

 もみじやま公園の方から行ったら、入口に消防車がいたのでびっくりしましたが、控えているだけで、特段何かがあったわけでもなかったようです。

 商店街のお祭りですので、模擬店などが出ていて、ビールを二人で、2杯くらいひっかけ、帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

Imgp5130

 閘門をくぐったあと、大横川に少し入り、折り返します。そのとき撮った猿江橋の写真です。遠くにスカイツリーが見えます。さすがに船で下ってきただけあり、おぼろな感じです。

 行程を戻り、十間橋付近まで戻ってきました。こちらで逆さスカイツリーの撮影タイム。

Imgp5136

 でも逆さスカイツリー自体は橋の上からの方がきれいかもしれないですね。

 がれおんから降りて、ソラマチで一休みのあと、帰途につきます。

 スカイツリーのふもとで見つけたのが「生コンクリート工場発祥の地」

 昭和24年11月に生コンクリート工場が初めて作られたとのこと。

 え?戦前には、コンクリートってなかったの?という感じですが。

Imgp5139 要は、工場が初めてできたのがこの地だそうで、それ以前は、現場で作っていたということらしいです。

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~

Imgp5118

 写真は、小松橋と扇橋閘門。今回のクルーズのクライマックスです。

 東京の東部は、沖積層と呼ばれる軟弱な地層で、明治以降の地下水のくみ上げにより、地盤沈下が発生しました。

 そのため、水害に備えて、耐震護岸などの防災対策が行われていますが、特に地盤の低い東側河川については、干潮以下1mまで河川水位を下げ、水害に対する安全性を確保しているそうです。

 東京の地盤沈下は、昭和50年(西暦1975年)くらいまで続いていたようですね。この閘門の維持経費等は、全て税金ですが、地盤沈下の要因となった民間企業は、一切負担をしていないという不条理を現す施設でもあります。

 後扉とある小名木川側の扉が開くと、水が湧きだしてきます。1m近い水位差の圧力ですので、当然ではありますが。後扉が開くと中にいた船が出てきて、その後、船が入ります。後扉をくぐる際には、扉から水がしたたり落ちてきます。これは、川の水(海が近いので塩も混ざっているようです)を洗い流すために、扉に洗っているためであもあるそうです。そのため、ガレオンには、透明ビニール傘がそなえつけてありました。(東京水辺ラインのときはなかったなあ。)

 後扉を閉じると前扉方面からの注水が始まり、水位がだんだん上がっていきます。1m近く上がるのですね。水位が前扉側と同一になると、前扉が空き、通行が可能になります。

 

 隅田川側に踏み出すと違う景色が広がるわけではありませんが。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~

Imgp5111

 大島橋が見えてきました。この先にあるのが、小名木川との合流点です。

 小名木川は、隅田川から旧中川までを結ぶ運河で、旧中川は、荒川ロックゲートで隅田川に接続します。荒川ロックゲートは、以前、東京水辺ラインの乗った際に、訪れました。

Imgp5113

 小名木川との合流地点にあるのが、小名木川クローバー橋。X字状の歩道橋で、橋げたがないのが特徴です。橋の景観が独特のためか、ドラマのロケ地にもよく使われるとのことで、「野ブタ。をプロデュース」「マルモのおきて」で使われたとか、使われなかったとか。

Imgp5114

 小名木川を隅田川方面に向かいます。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

谷根千を歩きました!

Imgp5472

 日曜日に谷根千を歩きました!谷根千は初めてだったので、まあ概要といった感じでしょうか。

 少し、雨が降ったりしましたが、そんなに暑くなくてよかったです。

 妻への土産は、いせ辰の扇子と福丸饅頭のわらび餅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~

Imgp5101

 写真は、旅所橋。ちょうどシラサギが飛んでいる瞬間でした。横十間川は深いところは2mくらいになるところもあるそうですが、浅瀬も多いのでしょう。シラサギも暮らせるのですね。川底の土壌汚染が問題となったときもあったようですが。

Imgp5103_2

 旅所橋を過ぎると、堅川(たてかわ)との合流点につきます。運河ですので、垂直に交差しているわけですが、横十間川に対して、江戸城に対して縦に流れるからこの名前となったとのことです。この縦横の考え方がピンと来ないのは北を中心とした地図イメージがつきすぎてしまっている証左でしょうか。

Imgp5104

合流点は、人工物がありすぎて、穴の中といった感じ。そもそもが運河自体が人工物なのですが。

 合流点を過ぎると清水橋が現れます。

 この橋のそばには、木製の施設らしきものが設置されていて、良い感じです。

Imgp5109

 本村橋が見えてきました。

 そびえているのは、ザ・ガーデンタワーズとかいう高層マンションのようですね。

 97年1月完成とのことで、この地域の高層マンションとしては、さきがけになったものだそうです。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~

Imgp5096

 天神橋です。上を走るのは蔵前橋通り。この横十間川は、亀戸天神のそばを通ることから、天神川とも呼ばれるらしいのですが、亀戸天神は少し離れており、さすがに船からはよくわかりません。この橋のたもとには、亀戸天神社の石碑があるらしいのですが。

Imgp5097

 続いて現れるは、錦糸橋。

 河岸の緑が目だってきます。

 ちなみに、この錦糸橋は、北斎通りの延長線上にあるそうです。

 北斎通りは、前に北斎美術館に行ったときなどに、通った記憶がありますが。

Imgp5100 

 総武線を過ぎると、京葉通り、松代橋が見えてきます。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~

Imgp5092

 船は、さらに進み十間橋に至ります。十間橋も、逆さスカイツリーのポイントで、帰りには、舟からも撮影タイムを設けるとのこと。

 行きの際は、スクリューの波で水面が乱れるからしょうがないですね。

Imgp5093

 十間橋を越えると横十間川と分かれます。すぐにくぐるのが、浅草通りの柳島橋.。

 横十間川は、万治2年(西暦1659年紀元2319年)徳山重政、山崎重政両名により、開削されたとのこと。

 江戸城に対して横(?)に伸び、川幅が十間であったことから、横十間川と呼ばれたとか。

Imgp5095_3

 橋をくぐるとすぐに次の橋(神明橋)が見えてきます。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~

Imgp5086

 船が出るとすぐに見えるのが、「おしなり橋」。こちらはくぐらず。Uターンします。おしなり橋の先には、ブイのようなもので、通れないようにしているようですね。

 おしなり橋はスカイツリーと同時に作られた歩行者専用橋。なんでも13億もかかったとか。

Imgp5087

 Uターン後にすぐにくる橋が京成橋。押上駅のそばにあるリッチモンドホテルと、ライフ、ニトリが入っているビルがありますが、そこには、以前、京成本社がありました。そこで京成橋。

 実は、この反対側(船が通れない方)には、東武橋というのがあります。

 そちらには、東武本社があります。

 押上に本社を構えた両社は、昭和初期から結構いがみあっていたようですね。

 京成電鉄は、押上から浅草へ乗り入れる免許を望んでいましたが、東武鉄道に浅草乗り入れを先に越されてしまいました。あせった京成側は、政界に働きかけ、それが大疑獄事件に発展しました。これは東京市会四大疑獄事件のひとつ、「京成電車疑獄事件」です。

Imgp5089  東京市会議員の半数が連座。衆議院では三木武吉。マスコミからは正力松太郎とどこかで聞いた人が関わっていたという疑獄事件。

 京成電鉄側では、当時の社長が逮捕されたほか、その後、浅草乗り入れの免許を取得しますが、社会的な批判もあり、浅草乗り入れを断念。

 京成線が、浅草につながるのは、1960年の都営浅草線との直通運転まで実現しないこととなりました。

 その後、京成は筑波電気高速鉄道の買収で、東武に一矢報いることになるのですが、そんなドラマの背景になった場所なのですね。

Imgp5090 

 京成橋の先にも、北十間川の河岸には歩道が設置されています。

 穏やかな街の風景は、そんな暗闘を思い起こさせる風景ではありません。

 しばらく行くと西十間橋が見えてきます。

Imgp5091_2

 この橋は、川面に写る逆さスカイツリーを撮影するポイントとして有名とのことです。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~
 小名木川クローバー橋 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その7~
 扇橋閘門 ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その8~
 逆さスカイツリー ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その9~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧