2017年5月22日 (月)

下町探検クルーズがれおんに乗りました!

Imgp5141

 北十間川に行った際、乗りたいなと思った、下町探検クルーズがれおんに乗りました!

 今回は、「下町のパナマ運河体験クルーズ」というコースに参加しました。スカイツリーから横十間川に入り、扇橋閘門に向かうコースです。

 扇橋閘門は、下町のパナマ運河と称していましたが、荒川ロックゲートに行った際と同様に小名木川が東京湾より水位が低いことによるものです。

Imgp5140

 荒川ロックゲートのときの、東京水辺ラインよりは、小さな船でしたが、なかなか面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました

Imgp5144   昨日は、所属するグループの研修で明治神宮と皇居東御苑に行きました。暑かったですが、得るものがありました。

  皇居東御苑のあとは、例にもれず松屋行き。好物のオリーブを購入しました。

  道すがらながらも、東京の中心だったんだと思わせる街並みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

帰路 ~下町日和きっぷ使いまくりその5~

Img_0672  その後、関屋や町屋で降車しました。
 関屋は、スカイツリーラインの牛田駅と道路を挟んだ反対側にあり、至近距離の乗換駅となっています。
 町屋は、都電や地下鉄の乗換駅ですね。
 その後、日暮里、上野と移動し、解散になりました。
 電車に乗っている時間が長く、これといったおみやげを買っていなかったので、湯島まで歩きましたが、良いものがなく、結局、大手町の乗換のときに、お菓子を買って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

新宿御苑に行きました!

Imgp4976

 ゴールデンウィークは、近年はあまり動きません。

 今年度は、中日に仕事が入っていたこともあり、浅草に食事に行ったのと、新宿御苑に行っただけでした。

 新宿御苑は、本当はGW後に足利フラワーパークに行けるといいねと話していたのですが、予定が合わず、その代替として考えたものです。ですが、小さい藤棚があっただけでしたが、そのほかの花々や温室などを楽しむことができました。

 その後、渋谷に移動し、くじら屋さんで、鯨をいただきました。

 鯨も、世界的な妙な規制で、既に珍味の世界となってしまいましたね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~

Img_0663

 京成線のルーツは、押上だそうです。今は、本線は、日暮里の方ですが、元々、押上から成田までの参詣需要を背景に発展してきたとのこと。押上線を青砥まで行き、江戸川まで行きます。

 江戸川駅のすぐそばに、江戸川の河川敷があり、そこは、小岩市川の渡し(こいわいちかわのわたし)となっており、関所も置かれていたとのこと。江戸時代の例にもれず、防衛のため橋をかけなかったためです。

 京成線は、成田に向けて名刹をつなぎながら、伸びていきますが、江戸川の架橋をする際は、市川側に軍の施設があったこともあり、軍の鉄道連隊が架橋作業に携わったとのことです。

 江戸川から、高砂を経て、金町に行き、もう一度高砂に戻ります。(次の記事へ

下町日和きっぷを使いまくり 記事一覧

 下町日和きっぷを使いまくり
 アンチェンダイナー ~下町日和きっぷを使いまくり その2~
 押上付近をウロウロ ~下町日和きっぷを使いまくり その3~
 北十間川 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 帰路 ~下町日和きっぷ使いまくりその5~

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

北十間川 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~

photo

 スカイツリーの前を横切る運河です。

 元々は、材木等を運ぶ水運のための運河だったのでしょうが、治水との関係で堰が設けられてリして、今一つ用立てられなかったようです。現在でも、この先、大横川との合流点に北十間川樋門が設けられ、舟は通れないよです。

 スカイツリーの下から、下町探検クルーズがれおんという遊覧船が出ているのですが、隅田川方面は、小名木川経由のようですね。

 しかし、いずれ、舟が通れるようにする計画もあるようです。

 このあたりの舟運もいずれ乗ってみたいものです。(次の記事へ

下町日和きっぷを使いまくり 記事一覧

 下町日和きっぷを使いまくり
 アンチェンダイナー ~下町日和きっぷを使いまくり その2~
 押上付近をウロウロ ~下町日和きっぷを使いまくり その3~
 北十間川 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 帰路 ~下町日和きっぷ使いまくりその5~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

押上付近をウロウロ ~下町日和きっぷを使いまくり その3~

Img_0656

 食事後、駅に戻る際に、神社を見かけます。こちらは、押上天祖神社。南北朝の延元年間(西暦1336~1340紀元1996~2000)から祀られていたとされる神社だそうです。

 え、そのころ押上ってあったの?と思ったのですが、当時はこのあたりは、柳島という島になっており、人が住んでいたとのこと。

 江戸時代には、朝日神明宮とも呼ばれていた時もあったそうで、徳正寺という寺が管理していたそうです。明治時代の廃仏棄釈の際、向島牛嶋神社の末社となり、現在に至ります。

 末社と言っても立派な神社ですが。

Img_0659 スカイツリー方面に歩いていくと、通りに面したところにある「おしなりくんの家」。

 おしなり商店街振興組合のキャラクターだそうですが、ちょっと入りにくかったので、入りませんでした。

 集合場所の押上駅に向かいます。(次の記事へ

下町日和きっぷを使いまくり 記事一覧

 下町日和きっぷを使いまくり
 アンチェンダイナー ~下町日和きっぷを使いまくり その2~
 押上付近をウロウロ ~下町日和きっぷを使いまくり その3~
 北十間川 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 帰路 ~下町日和きっぷ使いまくりその5~

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

アンチェンダイナー ~下町日和きっぷを使いまくり その2~

photo

 午後からの集合だったので、下町日和きっぷで、得点がある店で食事をしようと押上の中にあったところで、ここを選びました。

 ネットで場所を探すと、ちょっと奥の方との印象。Ipadをつなぎっぱなしにして、確認しました。

 外見からは、ちょっと敷居が高いかなという感じ。ロケーションもあるのですが。気軽にランチという感じではありません。気のせいかもしれませんが。

 頼んだのが、ちょっと記憶があいまいなのですが、ベーコンチーズバーガーでしたが。こちらが食べログのデータでは1300円。確かそのくらいしました。

 グルメバーガー系は、なぜかこんな感じなんですよね。

 ファミレスのハンバーグの値段を考えるとまあそうだよなという気もするのですが。

 店内は、ハンバーグを焼く際の匂いも漂う感じで、そういうのが好きな方は良いのかなという気がしました。

 ちなみに、特典の方は、食事にソフトドリンクがつくというものでした。(次の記事へ

下町日和きっぷを使いまくり 記事一覧

 下町日和きっぷを使いまくり
 アンチェンダイナー ~下町日和きっぷを使いまくり その2~
 押上付近をウロウロ ~下町日和きっぷを使いまくり その3~
 北十間川 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 帰路 ~下町日和きっぷ使いまくりその5~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

茶ノ木神社(布袋尊)と芳味亭 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その11~

Imgp4483

 日本橋七福神の最後を飾るのが、茶ノ木神社。ビルの敷地の一角という感じですが、このあたりは昔は、堀田家の中屋敷。その守護神として祀られ、社のまわりには茶の木が植えられ、見事だったとのこと。このあたりで永年火災が起こらなかったことから、火伏の神と崇められ、堀田家では年1回、初午祭の時だけは、開門し、一般の参拝を許したとか。

 なんか水天宮の逸話を思い出します。

 布袋尊については、歴史は浅く、昭和60年に遷座したものとの由。

Imgp4490  七福神めぐりのあとは、甘酒横丁の先の洋食 芳味亭で食事をいただきました。

 洋食弁当をいただきましたが、オーソドックスな洋食でおいしかったです。

星評価 ★★★

日本橋七福神めぐりの記事一覧

 日本橋七福神めぐりに行きました!
 玉ひでには行けず。 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その2~
 水天宮(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その3~
 松島神社(大黒天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その4~
 笠間稲荷神社(寿老人) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その5~
 末廣神社(毘沙門天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その6~
 三光稲荷神社(七福神ではありません) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その7~
 寶田恵比寿神社 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その8~
 椙森神社(恵比寿神) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その9~
 小網神社(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その10~
 茶ノ木神社(布袋尊)と芳味亭 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その11~

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

小網神社(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その10~

Imgp4480

 最近、ココログの編集画面がうまく動きません。Edgeを使って編集画面で文字を打つと、前の文字が削除されたりすることがあります。他のブラウザでは試していないので、原因が特定できておりませんが。

 さて、小網神社ですが、この地には昔、万福庵という観世音と弁財天とを安置する庵がありました。観世音と弁財天は、日本の浄土教の祖とも呼ばれる恵心僧都の作と伝えられるそうで、庵の開基は、千年前くらいであろうとのこと。

 文正元年(西暦1466紀元2126年)、このあたりで悪疫が流行します。そんな中、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持ち、この庵を訪れ、数日間、この庵で過ごします。ある夜、庵主の夢枕に、恵心僧都が現れ、網師の翁を稲荷大神と崇めれば、悪疫が消滅すると告げます。翌朝には、翁の姿はなく、村人に不思議な出来事を伝え、神社を創建。日夜祈願を続けると悪疫は収まったそうです。

 領主の太田道灌も、この話を聞き、土地を寄進。小網山稲荷院万福寿寺と名付けられたそうです。

 明治維新後の神仏分離で、寺社は分離。小網稲荷神社となります。この神社は、「強運厄除の神」と信仰され、関東大震災の際、宮司が御神体を抱え新大橋に避難したが、隅田川の橋が次々と焼け落ちる中、唯一被災しなかったとか。また、第2次世界大戦の際、本神社で行った出征奉告祭に参列し、当神社の御守を受けた兵士が全員生還したなどのエピソ-ドがあるそうです。

 七福神としては、弁天さまですね。神仏分離の際、社寺は分離しましたが、その後寺が廃絶してしまったため、神社に遷座されたとの由。

 像が舟に乗られていることから、万福舟乗弁財天と称し、境内の「銭洗いの井」で金銭を清めると財運を授かるとされ、東京銭洗い弁天とも呼ばれているとのことです。(次の記事へ

日本橋七福神めぐりの記事一覧

 日本橋七福神めぐりに行きました!
 玉ひでには行けず。 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その2~
 水天宮(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その3~
 松島神社(大黒天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その4~
 笠間稲荷神社(寿老人) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その5~
 末廣神社(毘沙門天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その6~
 三光稲荷神社(七福神ではありません) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その7~
 寶田恵比寿神社 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その8~
 椙森神社(恵比寿神) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その9~
 小網神社(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その10~
 茶ノ木神社(布袋尊)と芳味亭 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その11~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧