2017年11月 1日 (水)

LAITIER ~千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!その3~

Imgp5626

 東京新詩社跡の向かいにあるソフトクリ^-ム屋さんです。レティエと読むそうです。

 トッピングが自慢らしく、はじめての方はぜひトッピングを入れてくださいとありました。

Imgp5625

 そこで頼んだのが、3つのレーズンと3種のお酒でつくったラムレーズンソフト。まあおいしかったですが。

 でもソフトクリームで680円。うーん。自分は合うキャラではないかな。;

 気になったのは、このお店の隣の電柱。

 「徳川」の文字がありますが、この辺りは、徳川家ゆかりだったとのこと。そんなことから、電柱にまで徳川の文字が記されているとか。

 この日の行程は、これでおしまい。

 短い時間でしたが、楽しい時間でした。

Imgp5630

千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!記事一覧

 千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!
 みろく庵 ~千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!その2~
 LAITIER ~千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!その3~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

みろく庵 ~千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!

Imgp5611

 藤井聡太くんの騒ぎで有名になったソバ屋さんです。ここで食べたわけではないので、お味のほどはわかりませんが、テレビ番組が取材に来ていました。

 しばらくは大変ですね。

 このあと、近くのイタリアンでランチを食べ、国立競技場工事現場を見に向かいました。

 鳩森神社将棋会館に寄りましたが、写真とかは撮りませんでした。(次の記事へ

千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!記事一覧

 千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!
 みろく庵 ~千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!その2~
 LAITIER ~千駄ヶ谷周辺を少し歩きました!その3~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

Imgp5541

 実は、この写真は、建物の裏側から撮っています。もともと、谷中6丁目にあった住宅を復元したものとか。

 明治期に建てられたものとのことで、昭和61年まで使用されていたとの由。

 このあと寛永寺まで歩きました。谷根千は、寺町ということもあって、結構見どころがあります。

 また訪ねてみたいものです。

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~

Imgp5525

 門柱には、東京七面山とありまさうが、お寺の山号は、慈雲山というそうです。七面山とは、七面山大明神のことだそうで、法華経を守護する神様との由。

 ちなみに、向かって左側の門柱に書いてある除厄・安産飯匙祖師は、日蓮大聖人が飯匙を持って御題目をしたため、産婦のお腹をさすり、抱かせ祈念すると霊験あらたかに安産、母子ともに健やかであったとの話に基づくものだそうで、庶民の信仰を集め、元禄年間よりこのお寺に奉安されているとのことです。(最後の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~

Imgp5520

 黄金の大観音が目立つ墓苑のあるこの寺は、全生庵。幕末の三舟の一人、山岡鉄舟が、幕末・維新の時代に、国事に殉じた人々を弔うために、建立したとのこと。

 幕末の三舟とは、幕末から明治初期に活躍した幕臣、勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟の3人。江戸の無血開城の際、西郷隆盛との交渉に携わった3人です。正確には、高橋泥舟は、関わっていなかったようですが。

 無血開城に先立ち、勝海舟は、徳川慶喜から戦後処理を一任されます。勝海舟と西郷の会談に先立ち、駿府に駐留していた官軍のもとに書を送ろうとして、高橋泥舟を派遣しようとしたが、当時、泥舟は遊撃隊頭取となっており、慶喜の警固から離れることができなかった。

 泥舟の推薦したのが、義弟の山岡鉄舟。鉄舟は、単身、駿府に乗り込み、西郷と会見。西郷は、慶喜を備前藩に預けるとの条件を提示したが、それを拒否。

 死を覚悟して最後まで主君への忠義を貫かんとする赤誠に触れ、心を動かされ、慶喜の身の安全を保証したとの由。

 西郷は、その人柄を評し、「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と称賛したとのこと。西郷と相通じるものがあったのかもしれません。

 こちらには、山岡鉄舟のほか、三遊亭圓朝、「春よこい」を作曲した弘田龍太郎の墓があります。

 三遊亭圓朝というと、以前、旧居跡を訪れたことがありました。落語の中興の祖であり、明治の言文一致運動にも大きな影響を与えた人です。

 この寺には、三遊亭圓朝のコレクションの幽霊画が保管されており、毎年命日の近くに公開されるとのこと。また、落語協会や円楽一門がそのころ、イベントを開催しているそうです。(次の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~

Img_1021

 谷中銀座は、人で賑わっていました。通りは、よみせ通りに入り、三崎坂に出ます。その後、千駄木を越えて、森鴎外記念館に行きました。

 森鴎外というと、夏目漱石と並ぶ明治の文豪として有名です。夏目漱石は記念館が先月無事オープンしたようですが、こちらは以前からあったようですね。漱石の方は、以前、早稲田から飯田橋まで歩いた際(オープン前でしたが)訪れました

 森鴎外記念館のある場所は、森鴎外の旧宅となっており、観潮楼と名付けていたそうです。

 つまり海が見えたということ。

 明治の時代は、海が近かったこともあるのでしょうが、建物などもなかったのでしょう。

Imgp5518

 会館にある木は往時からのものだとか。この樹も海を見ていたのでしょうか。(次の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~

Imgp5513

 なんのことはない階段ですが、谷中銀座商店街の入り口として名高い「夕焼けだんだん」です。

 実は、階段から谷中銀座を見下ろす風景が有名とのことで、夕焼けもかなりきれいだとの由。

 この日は見当たりませんでしたが、ネコが集まることもあるとのことで、夕焼けにゃんにゃんといこともある?それって、昔の有名なアイドル番組では?(次の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~

Imgp5508

 加納院から、蛍坂と呼ばれる坂を下り、岡倉天心記念公園に向かいます。この蛍坂、昔は坂下に蛍沢と呼ばれる蛍の名所があったことから、名付けられたとか。

 岡倉天心というと、五浦を思い出します。この岡倉天心記念公園は、五浦に移る前に、岡倉天心が暮らしていた邸宅跡とのこと。

 六角堂には、平櫛田中作の天心坐像が安置されているそうです。

 ちなみにこの公園、六角堂にちなむ意味か、色々なところに六角形のものが配置されています。それを探すのも面白いかもしれません。(次の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

加納院 ~谷根千を歩きました!その10~

Imgp5503

 築地塀のところを歩いていくと、見えてくる赤い山門。実は、この山門の前の道がまっすぐに伸びており、遠くからも見えるランドマーク的な存在になっているとのこと。

 この寺は、長谷山元興寺といい、慶長16年(西暦1611年紀元2271年)に神田北寺町に創建。延宝8年(西暦1680年紀元2340年)に当地に移転。御府内88ケ所霊場64番札所だそうですが、今回は中には入りませんでした。(次の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~

Imgp5498

 次の立ち寄り先は、観音寺。

 この寺の第六世 朝山大和尚は、忠臣蔵の四十七士の近松勘六行重、奥田貞右衛門行高と兄弟の関係にあり、様々な便宜を図り、しばしば寺内で会合が行われることもありました。本堂脇には、赤穂浪士の供養塔があり、現在でも霊を弔う人もいるとか。

Imgp5499

 最近は、忠臣蔵関係の作品もだいぶ減ってきているような気もしますね。日本人の気質もだんだん変化しつつあるということ?

 寺を出て道を回り込むと見えるのが、築地塀

 観音寺は、明和9年の火災で灰燼に帰したのち、文政年間ごろに再興されたとのこと。

Imgp5501

 単なる区画を区切るためだけに、これだけのものを建立するというのは、現代では随分贅沢に感じます。

 この築地塀は、土と瓦を交互に重ねて作っているようですが、防火の意味もあったのでしょうか。(次の記事へ

谷根千を歩きました記事一覧

 谷根千を歩きました!
 太田道灌像 ~谷根千を歩きました!その2~
 御殿坂 ~谷根千を歩きました!その3~
 谷中名水 ~谷根千を歩きました!その4~
 幸田露伴住居跡 ~谷根千を歩きました!その5~
 経王寺 ~谷根千を歩きました!その6~
 朝倉彫塑館 ~谷根千を歩きました!その7~
 古い家のある風景 ~谷根千を歩きました!その8~
 観音寺 ~谷根千を歩きました!その9~
 加納院 ~谷根千を歩きました!その10~
 岡倉天心記念公園 ~谷根千を歩きました!その11~
 夕焼けだんだん ~谷根千を歩きました!その12~
 森鴎外記念館 ~谷根千を歩きました!その13~
 全生庵 ~谷根千を歩きました!その14~
 慈雲山瑞輪寺 ~谷根千を歩きました!その15~
 下町風俗史料館付設展示場(旧吉田屋酒店) ~谷根千を歩きました!その16~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧