2017年7月25日 (火)

谷根千を歩きました!

Imgp5472

 日曜日に谷根千を歩きました!谷根千は初めてだったので、まあ概要といった感じでしょうか。

 少し、雨が降ったりしましたが、そんなに暑くなくてよかったです。

 妻への土産は、いせ辰の扇子と福丸饅頭のわらび餅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~

Imgp5101

 写真は、旅所橋。ちょうどシラサギが飛んでいる瞬間でした。横十間川は深いところは2mくらいになるところもあるそうですが、浅瀬も多いのでしょう。シラサギも暮らせるのですね。川底の土壌汚染が問題となったときもあったようですが。

Imgp5103_2

 旅所橋を過ぎると、堅川(たてかわ)との合流点につきます。運河ですので、垂直に交差しているわけですが、横十間川に対して、江戸城に対して縦に流れるからこの名前となったとのことです。この縦横の考え方がピンと来ないのは北を中心とした地図イメージがつきすぎてしまっている証左でしょうか。

Imgp5104

合流点は、人工物がありすぎて、穴の中といった感じ。そもそもが運河自体が人工物なのですが。

 合流点を過ぎると清水橋が現れます。

 この橋のそばには、木製の施設らしきものが設置されていて、良い感じです。

Imgp5109

 本村橋が見えてきました。

 そびえているのは、ザ・ガーデンタワーズとかいう高層マンションのようですね。

 97年1月完成とのことで、この地域の高層マンションとしては、さきがけになったものだそうです。

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~

Imgp5096

 天神橋です。上を走るのは蔵前橋通り。この横十間川は、亀戸天神のそばを通ることから、天神川とも呼ばれるらしいのですが、亀戸天神は少し離れており、さすがに船からはよくわかりません。この橋のたもとには、亀戸天神社の石碑があるらしいのですが。

Imgp5097

 続いて現れるは、錦糸橋。

 河岸の緑が目だってきます。

 ちなみに、この錦糸橋は、北斎通りの延長線上にあるそうです。

 北斎通りは、前に北斎美術館に行ったときなどに、通った記憶がありますが。

Imgp5100 

 総武線を過ぎると、京葉通り、松代橋が見えてきます。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~

Imgp5092

 船は、さらに進み十間橋に至ります。十間橋も、逆さスカイツリーのポイントで、帰りには、舟からも撮影タイムを設けるとのこと。

 行きの際は、スクリューの波で水面が乱れるからしょうがないですね。

Imgp5093

 十間橋を越えると横十間川と分かれます。すぐにくぐるのが、浅草通りの柳島橋.。

 横十間川は、万治2年(西暦1659年紀元2319年)徳山重政、山崎重政両名により、開削されたとのこと。

 江戸城に対して横(?)に伸び、川幅が十間であったことから、横十間川と呼ばれたとか。

Imgp5095_3

 橋をくぐるとすぐに次の橋(神明橋)が見えてきます。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~
 横十間川の橋梁たち ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その5~
 堅川(たてかわ) ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その6~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~

Imgp5086

 船が出るとすぐに見えるのが、「おしなり橋」。こちらはくぐらず。Uターンします。おしなり橋の先には、ブイのようなもので、通れないようにしているようですね。

 おしなり橋はスカイツリーと同時に作られた歩行者専用橋。なんでも13億もかかったとか。

Imgp5087

 Uターン後にすぐにくる橋が京成橋。押上駅のそばにあるリッチモンドホテルと、ライフ、ニトリが入っているビルがありますが、そこには、以前、京成本社がありました。そこで京成橋。

 実は、この反対側(船が通れない方)には、東武橋というのがあります。

 そちらには、東武本社があります。

 押上に本社を構えた両社は、昭和初期から結構いがみあっていたようですね。

 京成電鉄は、押上から浅草へ乗り入れる免許を望んでいましたが、東武鉄道に浅草乗り入れを先に越されてしまいました。あせった京成側は、政界に働きかけ、それが大疑獄事件に発展しました。これは東京市会四大疑獄事件のひとつ、「京成電車疑獄事件」です。

Imgp5089  東京市会議員の半数が連座。衆議院では三木武吉。マスコミからは正力松太郎とどこかで聞いた人が関わっていたという疑獄事件。

 京成電鉄側では、当時の社長が逮捕されたほか、その後、浅草乗り入れの免許を取得しますが、社会的な批判もあり、浅草乗り入れを断念。

 京成線が、浅草につながるのは、1960年の都営浅草線との直通運転まで実現しないこととなりました。

 その後、京成は筑波電気高速鉄道の買収で、東武に一矢報いることになるのですが、そんなドラマの背景になった場所なのですね。

Imgp5090 

 京成橋の先にも、北十間川の河岸には歩道が設置されています。

 穏やかな街の風景は、そんな暗闘を思い起こさせる風景ではありません。

 しばらく行くと西十間橋が見えてきます。

Imgp5091_2

 この橋は、川面に写る逆さスカイツリーを撮影するポイントとして有名とのことです。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 下町探検クルーズがれおんに乗りました!
 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~
 横十間川へ ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その4~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~

Imgp5084_2

 がれおんに乗るために、スカイツリーに行くことにしました。お目当ては下町のパナマ運河体験コース。12時20分発のため、早目に行って周辺で食事場所を探します。

 ところが、11時ごろではオープンしている店が少なく見つかりません。

 仕方がないので、ソラマチのフードコートで食事にしました。ソラマチのフードコートは初めて行きましたが、結構混んでいました。

Imgp5085 天気もよく、船着場からみるスカイツリーもなかなか。

 いよいよ出航です。(次の記事へ

下町探検クルーズがれおんに乗りました!記事一覧

 がれおんに乗るために  ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その2~
 京成橋に思う ~下町探検クルーズがれおんに乗りました!その3~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

松屋による道すがら ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その5~

Imgp5074

 明治記念館から、まっすぐに行くと、国際フォーラムのそばを通るのですが、そこにあったのが、東京府庁舎跡の石碑。東京府庁舎といえば、そうですけれど、東京都丸の内庁舎跡でもあるのですよね。そのことは残さないんだなあと、なんだか不思議ですね。

 建物の保存というのは、なかなか難しい問題だとは思いますが。

Imgp5076 

 JRのガードをくぐり、交差点のところにあったのが、鍛冶屋橋跡の看板。江戸時代は、このあたりに江戸城の外堀があったとの由。

 このあと、銀座の松屋まで歩き、銀座線で帰りました。

Imgp5078 

 銀座線に向かう地下道の中にあるのが、「地下鉄の父 早川 徳次像」。日本の地下鉄は、彼がロンドンで地下鉄を見てきてから始まったとのこと。ときは大正時代。

 東京には、江戸から近代まで色々な史跡があるものです。

明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました記事一覧

 明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました
 明治神宮 清正井 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その2~
 皇居外苑 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その3~
 明治生命館 ~明治神宮と皇居東御苑に行きました!その4~
 松屋による道すがら ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その5~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

明治生命館 ~明治神宮と皇居東御苑に行きました!その4~

Imgp5072

 楠正成像から、東京駅方面に行く交差点にある明治生命館は、昭和の建築物としてはじめて重要文化財指定を受けた建物だそうです。

 現在も使われているそうですが、内部も公開しているようですね。

http://www.meijiyasuda.co.jp/meiji_seimeikan/

 戦後は、GHQに接収され、現代史の舞台としても重要な場所となったようですが。

 今回は、中には入らなかったので、いずれ訪れてみたいものです。(次の記事へ

明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました記事一覧

 明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました
 明治神宮 清正井 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その2~
 皇居外苑 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その3~
 明治生命館 ~明治神宮と皇居東御苑に行きました!その4~
 松屋による道すがら ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その5~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

皇居外苑 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その3~

Imgp5064

 皇居東御苑での研修は、主として植物の観察が中心のものでした。研修終了後、皇居外苑から銀座方面に歩くことにしました。

 写真は、途中で見かけた松の木ですが、見事なウロですね。

 都会の公園にこういうのがあるのは珍しいような気がするのですが。

Imgp5068 

 ビルの間にあるのは、楠正成公像です。

 以前書いた、和気清麻呂と並んで文武の忠臣とのことですが、こちらは名所になっているようで、大型バスの駐車場が並ぶスポットになっています。(次の記事へ

明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました記事一覧

 明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました
 明治神宮 清正井 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その2~
 皇居外苑 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その3~
 明治生命館 ~明治神宮と皇居東御苑に行きました!その4~
 松屋による道すがら ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その5~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

明治神宮 清正井 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その2~

Imgp5029

 明治神宮は、ときどき原宿から代々木に歩くときに通りますが、本殿の方には行ったことはありませんでしたが、今回は研修なので、はじめて行きました。結婚式をやっていたりして、外国人観光客が写真を撮っていたりしていました。

 研修終了後、清正井の方に行ってみることにしました。

 清正井のある庭園は、協力金を徴収しています。明治神宮は、以前は、肥後加藤家の屋敷跡だったとのことで、水源の井戸は、清正が掘ったとの話があるとかないとか。

Imgp5031

 ここの菖蒲田は見事なものらしいのですが、行ったのは、5月20日。まだ早かったようでした。

 ここの花菖蒲は、皇居東御苑から、移されたという話も聞いたのですが、果たしてどうなのでしょうか。

Imgp5033

 この庭園の東屋は、なかなかワイルド。

 柱も弦かなにかで、まとめています。

 これはこれで、雰囲気があって良い感じですが。

 明治神宮を後に、午後の研修のため、皇居東御苑に向かいます。(次の記事へ

Imgp5036明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました記事一覧

 明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました
 明治神宮 清正井 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その2~
 皇居外苑 ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その3~
 明治生命館 ~明治神宮と皇居東御苑に行きました!その4~
 松屋による道すがら ~明治神宮と皇居東御苑周辺に行きました!その5~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧