映画・テレビ

2013年1月 8日 (火)

3D映画について

 ホビットは、メガネをかけるタイプの3D映画でしたが、私は、最近の3D映画は初体験。「最近の」というのは、昔、どこかのテーマパークでメガネをかけるタイプの3Dを見たのと、3DSで、3D自体は、経験があるためです。

 でも「映画」という意味では今回がはじめてでした。

 率直な感想。2Dでもいいか。

 どちらかというと、音響のほうが印象が強い。

 3Dといっても無理に手前の画像と奥の画像を出していると印象で、立体というよりは、レイヤーがあるという印象。

 かといって慣れてしまえば、ふーん程度の話なので、違和感はありません。

 映画の質を上げるのに3Dである必要はないなと言ったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

映画ホビットを見に行きました

 昨日、新宿ミラノに見に行きました。

 他の映画館では予約で満席だったりしたので、見れるか心配でしたが、そうでもなかったです。

 映像は、ロードオブザリングを彷彿とさせる内容でしたが、トロル、ワーグ、ゴブリン、オークといったところが主なクリーチャーなので、その際のノウハウがうまく活用できていたのでしょう。

 ストーリー自体は、そもそも指輪物語の前作なのでしっかりしていますが、次から次へとトラブルが襲い掛かるという印象がありました。

 一種のパニックモノ?

 本の世界は、全体の世界観とかで勝負ができますが、その映像化の場合、新味さをどうだすかがポイントになるのでしょうか。

 3部作となっているようですが、その部分が見ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)