旅行・地域

2017年9月10日 (日)

和歌山に行きました!

Img_1007

 和歌山に行ってきました!

 南紀白浜空港から、アドヴェンチャーワールド、白良浜に宿泊し、醤油発祥の地、湯浅を訪れました。和歌山から大阪に抜けて、新幹線で帰京。

 短い日程でしたが、なかなか充実した旅を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

Imgp5242

 行きもそうだったのですが、新庄付近は、バイパスが高速のようになっており快適に走れます。とはいえ、さすがに距離がありますね。

 途中、碁点の近くで、くれない苑というそばがき(かいもちとも言うようです。)の専門店に入りました。写真は撮りませんでしたが、なかなかおいしかったです。甘いものに合わせるとそばがきもスイーツのようになりますね。

 山形市に戻り、山形城を見物します。

 写真の正面、左側が桝形となっています。櫓から桝形に向け攻撃していくことになるわけです。

Imgp5243

 現在、山形城では、本丸の工事を行っているようですが、一部、本丸内にも入ることができました。建物があったりするわけではありませんが。

 レンタカーを返し、買い物をします。

 この日は、そんなにゆっくりするまでもなく東京への帰途につきました。

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~

Imgp5223

 川下りに使う舟は、屋根のついたものでした。この日は、少し雨も降りましたし、風も強かったので良かったと思います。

Imgp5225

 最上川は大河の風情。

 船は水面を進みます。

 遊覧線は、船頭さんのトークも楽しみのひとつですね。気さくな方でトークあり、歌ありのー楽しいひと時でした。

Imgp5226

 船は、途中、浮桟橋となっている休憩所に着きます。この辺りは昔は集落だったそうですが、現在では、無人となり、舟会社が買い取って、キャンプ場などをやっているそうです。

 結構、移動教室等で賑わうとのことでした。

Imgp5231  終着駅は、ホテルのすぐ近くにある最上川リバーポートです。

 直前に見えるのが白糸の滝です。

Imgp5240

 リバーポートからは徒歩でホテルへ帰り、車を回収。挨拶をして、山形に帰ります。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~

Imgp5206

 古口駅から、戸沢藩船番所は大した距離ではありません。そこに向かおうとしたら、下り線が来たので、パシャリ。妻はあきれていましたが。

 国道に出て、そのまま手前側の歩道を新庄方面に歩いていくのが良いのですが、よくわからなかったので、土手に出ました。土手からは、船番所の様子が一望できます。

Imgp5207

 戸沢藩船番所は、ドライブイン的な施設となっていて、お土産なども購入できます。

 入口には、昔の船の模型等が展示されていて、昔日の船運をイメージさせています。

Imgp5208

 切符を購入し、しばらく出航まで時間があるため、お土産を物色するとともに、辺りを見回ります。出航するとここには戻ってこないので、少し早目につくと良いですね。

 戸沢藩というのは、江戸時代初期の国替えによって戸沢政盛公が、新庄藩主となったことから始まったもので、明治維新の廃藩置県まで続いたとのこと。

 古口には、享保8年(西暦1723年紀元2383年)、駅場として整備されたとの由。当時は、この先(下流)は、最上峡となり、陸路がなかったことから、番所として栄え、それとともに、川舟貨物を監視する役割を担っていたそうです。

Imgp5213

 敷地周辺には、正岡子規の句碑や航海安全観音なども設置されていました。

 航海安全というと、今の感覚では違和感がありますが、江戸時代は、ここから日本海まで行き、帰ってくるまで相当の日数が必要だったのでしょうから、ある意味違和感のないものだったのでしょうね。

Imgp5218 もちろんこちらの航海安全観音は、こちらの舟会社が設置したものですが。それでも昭和57年設立のようですので、既に30年近い年月を迎えているのですね。

 乗船時間となったため、船着場に向かいます。

Imgp5221

 船着場への階段には、水害時の水位が記してありました。こんなに大きな川でも、水位がこんなに変わるのですね。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

;

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~

Imgp5195

 この日の宿泊は、昨年泊まった高見屋と同じグループの高見屋最上川別邸というホテルでした。食事も温泉も楽しめました。 このホテルを選んだのは、このホテルの立地、草薙温泉が、最上川川下りの終着点のすぐ近くにあるためです。

 最終日は、最上川川下りに行こうと考えていましたが、最上川下りは片道のため乗船所まで移動しなければなりません。車で移動するとそこまで帰ることが問題となるため、電車で移動するために、宿の方に駅まで送っていただきました。

Imgp5200_3 

 最寄り駅は、高屋駅。古い看板が魅力的です。

 このあたりは、最上川の急流の瀬になっていて、舟で遡るにしても相当の困難を伴った場所だったとのこと。喫水の深い軍船で川を上る際、竹竿では役に立たず、兵たちは苦し紛れに槍を川底に突き立てて、川を上ったとのこと。

 そのことから、この地を高槍と呼び、それが転じて高屋になったとか。

Imgp5201  陸羽西線に乗るのは、はじめてではないでしょうか。

 昔、こちら方面となると、大昔、急行津軽が日本海を経由したと思うのですが、それはおそらく奥羽本線経由。以前、白神山地に沢登りに行ったときも、秋田の竿灯を見て帰ってきた記憶がありますが、それも奥羽本線でしょう。

 陸羽本線からは、時折、最上川の景色が車窓から望まれ、旅情を誘います。

Imgp5202

 一駅だけの旅にお別れで、古口駅を出て、乗船地である戸沢藩船番所へ向かいます。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

Imgp5203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~

Imgp5187

 今年の月山は1泊目に志津温泉に泊まり、2泊目は、草薙温泉に移動するつもりでした。そこで、一泊目は早めについて、スキーをし、2泊目午前中までスキーをして、草薙温泉に行くというプランを考えました。

 そこで、昼食は西川町のそば屋にして、そのまま志津に向かおうと考えましたが、場所を勘違いして道の駅西川まで行ってしまいました。ならこちらでいいやと、食事を済ませ、出発したところ、車に妙な振動が。

 道の駅についたときも、妙な感触があったような気がしたので、多分これはパンクだろうと判断。道の駅に戻ってみたときの状態が写真の状況です。

 レンタカー屋に電話したところ、ロードサービスに電話しろとのこと。それでも結局は、代車を持って回収にきてくれました。

 保険のオプションに入っていたのが、良かったようです。

 なんでパンクしたのかはよくわからないのですが、そういえば、出発のときも違和感があったような。

 今は、運行前点検とは言わないのでしょうが、少なくともざっと見ないといけませんね。(どうせ傷の確認でレンタカー職員と一緒に見ますので)

 この騒ぎで2時間くらいかかってしまいましたので、スキーは諦め温泉に入ってゆっくりしていたら、携帯電話が鳴ります。妻が手帳を道の駅西川で落としたようで、連絡してくれたようです。30分くらいですが、車を飛ばし、とりに戻ります。

 翌日、午前中のスキーは何本か滑ったところで、大雨。でも昨年は滑れませんでしたから、よかったのかも。

 大雨の中、月山をぐるっと回る形で、草薙温泉に向かいます。途中で、いつもの古原屋でイカゲソを食べます。

Imgp5194

 ついたころには、雨もあがり、一風呂浴びるには良い感じです。写真はホテルから見える草薙頭首工という施設です。なんでも最上平野に農業用水を送る施設のようで、山形米はこの施設に支えられているようです。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

月山と草薙温泉に行きました!

Pa0_0015

 金土日で、月山と草薙温泉に行ってきました。

 月山スキー場は、まだ、板を履いて滑れる状況でした。それでも例年に比べると少ないような気がしました。

 リフトに板置き台が設置されていませんでしたので。

 いつも咲いている印象のリフト下のニッコウキスゲは、まだ蕾の状況でした。

 トラブル等も含めて色々あった旅でした。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

下山 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その4~

photo

 頂上から見えた菜の花畑を見物して、下山に入ります。今回入山した大楠芦名口に比べ、下山に使った前田橋バス停方面の方が、山道らしい風情があります。大楠芦名口方面は、車道のように道幅が広く、オフロードバイクなども入ってきていました。

 道を下っていると、前田川遊歩道という看板が出てきます。道沿いのようなので、こちらを歩くことにしました。

Imgp4765 

 流れの中を所々、石で渡れるように整備されている歩道です。

 素晴らしい清流というほどでもありませんが、清流歩きの雰囲気を楽しめます。

 関東ふれあいのみちは、前田橋に出てからは、国道歩きとなります。

 海岸を眺めながらの散歩といった趣でしょうか。

photo 目についたのが、MARLOWEの看板。ここのプリンは、固めで、しっかりしており、一度、取り寄せて食べたことがあります。

 ここに店があったのかと、入って見ましたが、まだ先があるからなと、購入をあきらめてしまいました。

photo 円乗院というお寺を過ぎると、砂浜が見えてきます。

 こちらの砂浜は、神奈川県が養浜と称して、重機で砂を入れているものだそうです。

 砂浜が侵食されてしまうことに対しての対応なのでしょうけれども、侵食されること自体も自然と捉えるのか、侵食されること自体が人間の活動の影響と考えるのか、どうなんでしょうか?

photo

 長者ケ崎を過ぎると、葉山御用邸はもう近く。

 葉山御用邸の先の一色海岸バス停から逗子へバスで向かいます。

 お土産を逗子で探しますが、あまりこれといったものがありません。MARLOWEでプリンを買っておけばと後悔しますが、時すでに遅し。

 結局、駅の近くの洋菓子店でプリンを購入。それも美味しかったですが。

コースタイム 大楠芦名口バス停 11:01  へっぴり坂 11:20   大楠山山頂 11:57   前田川遊歩道入口 13:08  前田橋バス停付近 13:24  MARLOWE 13:39  円乗院 13:50  長者ケ崎 14:11  一色海岸バス停 14:27

概念図 神奈川県ホームページへ

佐島・大楠山のみちに行ってきました!記事一覧

 佐島・大楠山のみちに行ってきました!
 大楠山へのみち ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その2~
 大楠山頂上 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その3~
 下山 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その4~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

大楠山頂上 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その3~

photo

 昨日、医者に行きました。いつもの通院先が研修参加ということで、お休みだったため、違うところに行きました。いつものところよりは、処方量が少ない感じは好感が持てましたが、開業時間が短いのが少し難があります。続けて通院するにはきついかな。就寝前に処方されたアレルギーを抑える薬とやらは、かなり効き目があったようで、咳は落ち着いてきているようです。 まだダルさはかなりありますが。

 今日は、妻が喉が痛い言い始めました。うつさないようマスクをしたり気をつかったのですが、やはり難しいですね。

 さて、頂上が近づくとNTTの電波塔が見えてきます。当然といえば当然ですが、NTTは、頂上近く、つまり電波塔付近の土地を占有しており、あれという印象を受けます。

photo しかし頂上につくと、かなり広々とした印象。

 第1回目の記事で載せた展望塔に登るとかなり良い眺めです。

 電波塔自体も、眼下に見ることができます。

写真 海も見えます。

 海が見えるのは、いいものですね。

 近くの灯台のような塔の脇には、菜の花畑が色づいています。

photo 海とは逆側には、ところどころ、芝らしきものが見られます。

 何でしょうか。ゴルフ場?(次の記事へ

佐島・大楠山のみちに行ってきました!記事一覧

 佐島・大楠山のみちに行ってきました!
 大楠山へのみち ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その2~
 大楠山頂上 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その3~
 下山 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その4~

photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

大楠山へのみち ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その2~

Imgp4713

 おとといから、激しい喉の痛みがあり、どうやら風邪をひいたようです。腰の痛み等もあり、昨日は仕事を休みました。早く治ると良いのですが。

 さて、この日はマラソン大会実施のため、急遽、コースを変えました。このあたりのコースにしては、珍しく「山」のつくコースです。

Imgp4714 大きな木もあり、「山」らしい雰囲気というより「公園」の趣です。

 へっぴり坂という坂がありました。

 菜の花と梅が咲いていました。(次の記事へ

佐島・大楠山のみちに行ってきました!記事一覧

 佐島・大楠山のみちに行ってきました!
 大楠山へのみち ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その2~
 大楠山頂上 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その3~
 下山 ~佐島・大楠山のみちに行ってきました!その4~

Imgp4718

Imgp4721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧