« 今こそ指定感染症の位置づけの変更を! | トップページ | 自殺とコロナ死  »

2020年11月28日 (土)

残念ながら ~時間短縮要請で遠のく「冷静な判断」~


 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、東京都は、酒を提供する飲食店などに対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請する方針を固めました。期間は、今週土曜日、11月28日から12月17日までの20日間で、応じた事業者には1日2万円、最大で40万円の協力金を支給するということです。

 あーあ。やってしまいました。

 これで、大量の公金を投入し、正常な経済活動を阻害した責任が生じます。2月~6月くらいまでの間ならさておき、様々な知見が得られた後の判断ですからね。正当化できないですよね。似たような動きは、あちこちにあるようですので、収拾がつかなくなりますね。

 こうなると怖いのが、自らの行った対策を正当化するために、怖い病気だと偽装する動きが出てくること。

 まあ、現在のところ、海外では、日本と2ケタ違う被害が出ている国もあるので、そこらへんを強調するのでしょうね。(そういった状況は、ウイルスサーベイランス等で、きちんと科学的に実態を見るべきなのですが。)

 

 

|

« 今こそ指定感染症の位置づけの変更を! | トップページ | 自殺とコロナ死  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今こそ指定感染症の位置づけの変更を! | トップページ | 自殺とコロナ死  »