« 家賃返済猶予 | トップページ | 花山の鶏そば »

2020年4月22日 (水)

検査拡充は何のためにするのか


 職場の上司に指示されて、新型コロナウイルスにかかっていない証明書がほしいとPCR検査を希望する人が相次いでいるとして、医療関係者は「本当に必要な人のため不要な受診は控えてほしい」と訴えています。

(中略)

 検査結果の証明について、厚生労働省はホームページに掲載している新型コロナウイルスに関する企業向けのQ&Aの中で、PCR検査は医師や自治体が必要と判断した場合に実施しているとした上で、検査が必要と判断されていない労働者について事業者などからの依頼により証明がされることはないと明記しています。

(中略)

 産業医で日本産業衛生学会の宮本俊明理事は「PCR検査は本当に必要としている人のために行うべきで、必要ない人が本来のル−ルを無視してやれというのは許されない行為だと理解してもらいたい」と話しています。

 色々、工夫したうえで検査体制の拡充が行われるのでしょうが、所詮は限られた資源。拡充を声高に主張することの、誤ったメッセージの伝播が心配ですね。

 そりゃ、市中感染が広まってくれば、きちんと検査をした上で、隔離等の対応が行われるべきであることはいうまでもないこと。そんなど素人でも分かるような理屈は、改めて主張するようなことではないですね。でも、それを強調することで、上記のような事態が広まってしまうのは、どうなんでしょうね。今回の対策は、できることは何でもするということで、対策の精査がどうもという印象が…。

 でも、簡易検査の普及も含め、何らかの検査拡充が必要なことも言えるのかなとは思います。

 

|

« 家賃返済猶予 | トップページ | 花山の鶏そば »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家賃返済猶予 | トップページ | 花山の鶏そば »