« 下呂温泉のマンホール ~下呂と高山に行きました!その6~ | トップページ | 新型コロナ システム維持のための社会保険の柔軟な運用を! »

2020年5月 1日 (金)

3つの感染症

 テレビでも紹介されていましたが、日本赤十字社の作ったパンフレット。

 言いえて妙かなと。

 新型コロナの顔として、「病気そのもの」「不安と恐れ」「嫌悪・偏見・差別」を挙げています。

 特にやっかいなのが、2番目の「不安と恐れ」

 これに憑りつかれている人は、自分に瑕疵はないと思っています。当然の結果だと。

 しかし、このパンフレットでは、「気づく力、聴く力、自分を支える力」を弱めるとしています。

 それが「嫌悪・偏見・差別」の温床となるとしているのです。

 そこまでの行動は取っていないとする人たちは多いでしょう。

 でも、日常から逸脱した行動を、明らかに人に迷惑をかけている行動をとっている例も多いのでは。

 悪意がないというのは、始末が悪いものです。

 このパンフレットでも「気づく力」「聴く力」「自分を支える力」ごとに対応を説明しています。

 「不安と恐れ」に対して、自らを省みる姿勢を持ちたいものです。

 

|

« 下呂温泉のマンホール ~下呂と高山に行きました!その6~ | トップページ | 新型コロナ システム維持のための社会保険の柔軟な運用を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下呂温泉のマンホール ~下呂と高山に行きました!その6~ | トップページ | 新型コロナ システム維持のための社会保険の柔軟な運用を! »