« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月27日 (金)

無責任な煽りか?真摯な感染拡大呼びかけか?クライシスコミニケーションは難しいなあ。


 東京都の小池百合子知事が3月25日夜に、新型コロナウイルスについての緊急記者会見を開いた直後のことだった。仕事帰りにスーパーに足を運ぶと、いつもとは違う光景が……。

 「午後8時過ぎからでした。急にお客さんが増えてきたと思ったら、お米、カップ麺、乾麺、缶詰、精肉、レトルト食品、冷凍食品など保存がきく食品から順に、次々に棚が空になっていきました」

 東京都中野区内にあるスーパーの店員は、疲れた表情でそう話し、続けた。

「小池知事の記者会見があったのは後で知りました。何度も『感染爆発 重大局面』なんて書かれたフリップを掲げながら真顔で言えば、そりゃ、誰もが不安になりますよ」

(中略)

 小池知事は会見で、
「今週になりまして、オーバーシュート、感染爆発ですが、この懸念がさらに高まっています。今、まさに重要な局面で御座います」
 などと述べ、都内で一日に41人の感染者が出たことなどを説明。平日昼間の自宅でのリモートワークや、夜間の外出自粛を呼びかけた。週末については、
「お急ぎでない外出は、ぜひとも控えていただくようにお願いを申し上げます」
 と強い口調で要請した。

「即、ロックダウン(都市機能の封鎖)ということはない」と首都封鎖については否定したが、町では不安に駆られた都民が、食料品と日用雑貨の買いだめに走った、というわけだ。

「4、5日前からようやく供給が追いつき、いつでも買える状態に戻ったティッシュペーパーも、夕方は40パックほどあったのにすぐに消えてしまいました」(前出の店員)

 うーん。今回の発表は、前日17人の感染判明から41人に跳ね上がったということ。あとは新たな対策の大きな中身はない段階で、強い言葉を使って「自粛要請」をしたということですね。

 行政の長が、感染拡大に打つ手が少ない段階で、呼びかけを行うこと自体は、ある意味当然なのですが…。今般の流れで、ちょっと気になるのは、横文字が氾濫していること。ロックダウンやオーバーシュートなどの新味のある単語を新たに導入する必要があったのかというのがちょっと疑問です。

 「都市の封鎖」「感染爆発」などは、別に新しい概念ではなく、これまでもたびたび使われてきた言葉。改めて直訳語を使うことで、関心を高めようとしているのか。それって適切な方法なのかなあ。

 感染拡大防止への呼びかけを行うことと、それに伴う経済等への影響。当然、バランスをとる必要があります。行政の長であれば、当然考えているはずですが…。

 感染拡大防止策の呼びかけ自体は、口先だけでも、ある意味耳目を集めます。「リーダーシップをとっている私」を売り出したいという邪な動機から、対策のバランスを取ることよりもそのことに優先してしまうと、当然社会に与えるダメージは大きくなります。(今回の会見がそうだと言っているわけではありません。)

 後からでも検証はされるべきでしょうが、結局、結果論となってしまうような。

 要は、その人柄を信頼できるか否かということになってしまうかも。

 クライシスコミニケーションは、難しいなあ。

 

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

黒壁ガラス館 ~滋賀に行きました!その11~

Imgp7609

 この黒い建物。明治33年に建てられた百三十銀行長浜支店だったもの。

 中は、ガラス関係の商業施設という印象。

 この辺りは大手門通りと呼ばれ、この街並みの中心となっている印象です。(次の記事へ

滋賀に行きました!記事一覧

 滋賀に行きました!
 木之本駅 ~滋賀に行きました!その2~
 ポストの上の兜 ~滋賀に行きました!その3~
 江北図書館 ~滋賀に行きました!その4~
 くつわの森 ~滋賀に行きました!その5~
 みちくさ ~滋賀に行きました!その6~
 きのもと交遊館 ~滋賀に行きました!その7~
 街道 ~滋賀に行きました!その8~
 馬宿 平四郎 ~滋賀に行きました!その9~
 長浜 ~滋賀に行きました!その10~
 黒壁ガラス館 ~滋賀に行きました!その11~
 浄琳寺 ~滋賀に行きました!その12~

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

万里集九像 ~下呂と高山に行きました!その4~

Imgp8277

 万里集九という人は、今まで聞いたことはありませんでしたが、室町時代の禅僧だとのこと。その詩文集「梅花無尽蔵」の中で、草津、有馬と並んで当時、湯嶋と呼ばれていた当地の温泉を三名泉と紹介したのが、当地が著名となった始まりとのこと。

 当地にとっては、恩人ですね。

 世の中に三大〇〇というのは、多かれどその元がわかるのは珍しいなという気がします。

 ちなみに江戸期にも林羅山が同じように紹介しているそうですが、こちらの方が古いですね。(次の記事へ

下呂と高山に行きました!

 下呂と高山に行きました!
 駅釜きしめん ~下呂と高山に行きました!その2~
 下呂温泉 ~下呂と高山に行きました!その3~

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

長浜 ~滋賀に行きました!その10~

Imgp7599

 木之本をあとに、本日の宿泊先の長浜に移動します。この日の宿泊は朝食のみのプランとしていました。

 長浜は意外に大きな街という印象。ホテルにチェックインしてすぐに街へ繰り出します。(次の記事へ

滋賀に行きました!記事一覧

 滋賀に行きました!
 木之本駅 ~滋賀に行きました!その2~
 ポストの上の兜 ~滋賀に行きました!その3~
 江北図書館 ~滋賀に行きました!その4~
 くつわの森 ~滋賀に行きました!その5~
 みちくさ ~滋賀に行きました!その6~
 きのもと交遊館 ~滋賀に行きました!その7~
 街道 ~滋賀に行きました!その8~
 馬宿 平四郎 ~滋賀に行きました!その9~
 長浜 ~滋賀に行きました!その10~
 黒壁ガラス館 ~滋賀に行きました!その11~
 浄琳寺 ~滋賀に行きました!その12~

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

下呂温泉 ~下呂と高山に行きました!その3~

Imgp8274_20200320052101

 下呂の駅を降りて、早速ホテルにチェックインしようとします。下呂の駅前には、ホテルなどのお迎えが看板を持って並んでいましたが、今回利用しているホテルはないようです。

 仕方がないので、ホテルまで歩きます。20分くらいでしたか。ホテルについたら、どうやらお迎えのバスがきていたようで。バスがあるような話は、旅行会社の窓口では一切でていませんでしたが。

 宿自体は、結構良かったです。食事も美味しかったし、楽しめました。

 夜は、下呂温泉街で、毎週土曜日花火をしているようで、それも楽しむことができました。

 写真、ビデオは撮り忘れましたが。

 翌日は、高山に向かう前に、下呂の温泉街をぶらつきます。

 写真は、下呂大橋のガス灯です。(次の記事へ

下呂と高山に行きました!

 下呂と高山に行きました!
 駅釜きしめん ~下呂と高山に行きました!その2~
 下呂温泉 ~下呂と高山に行きました!その3~
 万里集九像 ~下呂と高山に行きました!その4~

 

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

コロナ対策 検査より重症者防止に力を入れてほしいなあ

 かしましいという印象すらあるコロナ関連のニュース。

 検査体制がどうのとかいう話も分からないではないですが、重要なのはお亡くなりになる方を減らすことですよね。

 人口割の死亡者数をいかに減らすかが重要なのでは。

 ただの風邪になったら、14日休まなければならなでは困るというのもわかりますけどね。

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

馬宿 平四郎 ~滋賀に行きました!その9~

Imgp7596

 木之本宿は、室町期あたりより昭和初期まで馬市が開かれたとのことですが、この馬宿平四郎、日本で初めて(?)のへそくりとして有名な山内一豊公の妻、千代が名馬を買い付けたところだとの由。

 当時、貧しかった山内一豊公。嫁入り時に持たせられた鏡箱の中に入っていた十両。こちらは夫のこれぞというときに使うよう言われていたとのこと。その十両で名馬を買った山内一豊公。馬揃えの場で信長の目に留まり、貧しくとも武士のたしなみを忘れないのは素晴らしいと褒められ、その名が伝わったとのこと。

 もっとも山内一豊公。決定的出世をしたのは、小山評定で、人質を出すと言ったからだとかそうでないとかという話も聞きますが。

 さすがに関西は、歴史の場としても色々なドラマを持っていますね。(次の記事へ

滋賀に行きました!記事一覧

 滋賀に行きました!
 木之本駅 ~滋賀に行きました!その2~
 ポストの上の兜 ~滋賀に行きました!その3~
 江北図書館 ~滋賀に行きました!その4~
 くつわの森 ~滋賀に行きました!その5~
 みちくさ ~滋賀に行きました!その6~
 きのもと交遊館 ~滋賀に行きました!その7~
 街道 ~滋賀に行きました!その8~
 馬宿 平四郎 ~滋賀に行きました!その9~
 長浜 ~滋賀に行きました!その10~

 

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

花見自粛要請 エビデンスはさておき、ものの程度という点ではどうなんだろう。


 花見シーズンを目前に控え、東京都は都立公園や、都が管理する河川敷での宴会を自粛するよう要請。レジャーシートを敷いて長時間飲食したり、会話をしたりする状況は感染リスクを高めるとして「花見時期は混雑が予想される。禁止はできないが、自粛に理解をお願いしたい」と説明した。シーズン中は職員を各公園に派遣し、宴会をしている人に自粛を求める予定という。

(中略)

屋外で行われる花見について、医療ガバナンス研究所の上昌広理事長は「隣の人との距離が近く、飛沫(ひまつ)感染や接触感染する可能性がないとは言えない。ただ、自粛要請は政治判断で医学的根拠としては弱い。経済的ダメージが大きく賛成しにくい判断だ」と指摘する。 

 なんだか、今回の騒ぎは、昭和の空気と通じるものがたくさんあります。買占めはオイルショックだし、ここら辺は平成への移行のときの、自粛騒ぎにそっくりな印象。

 「可能性はゼロではない」というコマーシャルがありましたが、まあ感染の可能性がないとは言えないですよね。ちなみに、新型コロナウイルス感染症専門家会議の「新型コロナウイルス感染症対策への見解」の「皆様にお願いしたいこと」では、次のように触れられています。

 集団感染が確認された場に共通するのは、①換気の悪い密閉空間であった、②多くの人が密集していた、③近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われたという 3 つの条件が同時に重なった場です。

 今回の要請が該当するのは③のみ。冒頭の記事の医療ガバナンス研究所長の談話にある経済的ダメージが大きいということも含め、無責任な要請との印象があります。

 国は19日をめどに対策を見直すとのことですが、こういった程度を外した対策の規制も視野に入れていただきたいものです。

 ちなみに、東日本大震災のときも、自粛の嵐が駆け巡りました。本ブログでも「反自粛」「反自粛2」でも取り上げています。結果的には、ハナサケニッポンなど、東北の側から自粛をたしなめる動きが出て収束したような記憶があります。「反自粛2」にあるように当時の米紙の論評「自粛をする側を何か良いことをしているという気分にさせる安易な方法だ。」というのが、まさに至言。今回は、ある意味日本全体が(世界全体かもしれません。)が当事者。

 最初のうちは、「安易な方法」でもエビデンスがない方法でも、とにかく実施しないとという時期もあるのかと思います。しかし、いつまでも同じ思考では問題があるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

駅釜きしめん ~下呂と高山に行きました!その2~

Img_2191  今回の旅行は、コロナ騒ぎの走りの時期。まだ自粛等の動きが出る前でしたが、心配ながら行ったのを思い出します。まあ1ケ月以上何もないので、無事だったようで。

 今回は、某著名旅行会社の「キャンセル扱い」という対応により高コストな旅行となってしまいましたが。

 まずは、新幹線で、名古屋へ。乗り換えにそんなに時間がないので、駅そばで昼食を済ませます。「駅釜きしめん」というお店で駅の自由通路のところにあるお店です。

 私は、鴨南蛮きしめんと天むす、妻は肉きしめんを食べました。

Img_2193

 駅そばといえど、ちゃんと席もあり、美味しかったです。

 名古屋は目的地ではなかったのですが、これも旅のだいご味?

 名古屋から特急に乗り換え、下呂に向かいます。(次の記事へ

下呂と高山に行きました!

 下呂と高山に行きました!
 駅釜きしめん ~下呂と高山に行きました!その2~
 下呂温泉 ~下呂と高山に行きました!その3~

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »