« 7日目にようやく駆除要請なんて、遅すぎない? | トップページ | きゅうりとグリーンカーテンその後 »

2019年8月15日 (木)

被害者名公表は、遺族の意向に沿うべき。むやみに公表を主張するマスコミは遺族の権利を侵害している!

 昔、風俗店がある雑居ビルに対し、放火が行われ、多数の被害者が出た事件がありました。

 犯罪被害も様態によっては、(本人に問題行動がなくても)あらぬ誤解等で、遺族が苦しむこともあり得ます。

 京アニの被害者名簿非公表で、一部の学者やマスコミなどが、公表すべきと主張しているそうですが、とんでもないこと。

 あくまで公表、非公表は、遺族の意向に沿うべきで、原則公表などありえません。

 原則公表を主張する輩は、自らの権利侵害する性向を自覚すべきと考えます。公共の利益など主張する資格があるのでしょうか。自らの商売に利することだけを考えているように見えてしまいます。

 警察当局は、それらの圧力にめげずに、しっかりと遺族に寄り添った対応を行っていただきたいものです。

 

|

« 7日目にようやく駆除要請なんて、遅すぎない? | トップページ | きゅうりとグリーンカーテンその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7日目にようやく駆除要請なんて、遅すぎない? | トップページ | きゅうりとグリーンカーテンその後 »