« 容疑者の身勝手な主張を垂れ流すマスコミに違和感 | トップページ | 新潟に行きました! »

2019年8月27日 (火)

マスコミの人権侵害事案 当局が圧力に負けてしまっては。


 「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は2019年8月27日、新たに犠牲者25人の名前を公表した。
それを受けて一部メディアは実名を報道したが、京アニの代理人弁護士は「大変遺憾」とのコメントを出した。

 あーあ。警察当局は守秘義務違反ではないですかね。

 事件の全体像がわからないなんて、言い分は、通らないですよ。

 遺族の意向にも関わらず、一方的に報道するなんていうのは、マスコミの暴力以外の何物でもありません。

 家族の状況によっては、死亡自体を伏せるということもありうるはず。公表の可否を判断するのは、警察でもマスコミでもなく、遺族自身のはずです。

 悪しき前例になりましたね!

|

« 容疑者の身勝手な主張を垂れ流すマスコミに違和感 | トップページ | 新潟に行きました! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 容疑者の身勝手な主張を垂れ流すマスコミに違和感 | トップページ | 新潟に行きました! »