« リンシエメに行きました! | トップページ | 里芋の葉が開きました! »

2019年7月 3日 (水)

三つ子虐待 サバイバー側の意見の方が正しいかな。

親が子どもを傷つけ、命を奪うとき、そこに「仕方がなかった」は存在するのか--。
 3月15日、ある刑事事件に対して下された第一審判決が関心を集めた。この判決を下したのは、名古屋地裁岡崎支部における裁判員裁判。三つ子のうち次男を床にたたきつけて殺害したとして傷害致死の罪に問われていた母親(30歳)に対し、懲役3年6カ月という実刑判決が下されたのだ(検察側の求刑は懲役6年)。(中略)

SNSなどでは、被告と同じ三つ子や双子の育児経験者から「三つ子の育児は想像を絶する苛酷さ」とする、擁護の声が広がっている。

(中略)

 一方で、その流れに異を唱える人たちも存在する。

 子どもの頃に虐待を受けて育った人たち、通称「虐待サバイバー」だ。発起人の“虐待サバイバー”さんは「実刑判決は妥当である」とする、いわば擁護派に反対するかたちの署名活動を、 同じくchange.orgで始めた。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/04/post_27438.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 虐待サバイバーが完全に正しいですね。執行猶予を認めるのであれば、ご本人たちはそのつもりはないと主張するでしょうが、「間引きOK」の論理につながりかねません。大変ならば、ヘルプを求める。擁護派は、子どもの利益を第1に考えていませんし、死んだ子ならもはやということ?

 署名サイトは、下記にあります。

https://www.change.org/p/名古屋高等裁判所刑事部-豊田市の三つ子次男虐待死事件における母親への実刑判決は妥当であるという意見を示そう

|

« リンシエメに行きました! | トップページ | 里芋の葉が開きました! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リンシエメに行きました! | トップページ | 里芋の葉が開きました! »