« 司法の「介入」 ~「ヒューマンエラーは裁けるかを読みました!その4~ | トップページ | へちまがテレビ線に巻き付いて伸びてしまいました。 »

2018年8月13日 (月)

公正な文化に対する3つの問い ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その5~

 やっかいなインシデントに対する対応として、本書では、3つの問いを掲げます。

  1. 組織や社会において、許容できる行動と許容できない行動との間の線引きを誰がするのか。
  2. 行動が許容できるかの判断において、当該領域の専門知識が果たすべき役割は何か?それはどこで果たすべきか。
  3. 司法による介入に対して、どのようにして安全データを守るか。

 以上3つの問いに関して、いくつかのパターンで、解決策を示しています。

 一つ目の問いがおそらく一番本書で主張したいことなのでしょう。過失に対しては専門家による検証により対応し、司法により対応しないということもあるのでしょうが、そうは事は単純ではないでしょう。専門家により検証=仲間内のなれ合いというふうに捉えられる可能性もあります。

 現行の制度でも、弁護士会による懲戒のように専門職が行う審査の仕組みもありますが。ちょっと性格が違うのかもしれません。

 世の中には、多くの人が関わるシステムで構成される業務があります。その中で、システムの安全性の向上のためには、検証と改善が不可欠ですが、司法による対応がそれを妨げているとするとき、どのように社会は対応するのか。

 なかなか難しい問題だなと思います。

「ヒューマンエラーを裁けるか」を読みました!記事一覧

 「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!
 後知恵バイアス ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その2~
 技術的エラーと規範的エラー ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その3~
 司法の「介入」 ~「ヒューマンエラーは裁けるかを読みました!その4~
 公正な文化に対する3つの問い ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その5~

|

« 司法の「介入」 ~「ヒューマンエラーは裁けるかを読みました!その4~ | トップページ | へちまがテレビ線に巻き付いて伸びてしまいました。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/67048148

この記事へのトラックバック一覧です: 公正な文化に対する3つの問い ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その5~:

« 司法の「介入」 ~「ヒューマンエラーは裁けるかを読みました!その4~ | トップページ | へちまがテレビ線に巻き付いて伸びてしまいました。 »