« Chrome使用中止 | トップページ | 技術的エラーと規範的エラー ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その3~ »

2018年8月 7日 (火)

後知恵バイアス ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その2~

 後知恵バイアスとは、「結果よければ、全てよし」の逆バージョンです。

 悪い結果に終わったことを知ると、人は、そのプロセスの失敗に注意が向きます。結果を知っての分析には、本書では次のようなバイアスを生むとしています。

  • 因果関係を簡略化しすぎる。
  • 結果の見込み(とそれを予見する能力)を過大評価する。
  • 規則や手続きに対する「違反」を過大評価する。
  • 当事者に与えられた情報のその時点での重要性、関連性を誤判断する。
  • 結果の前に行った行動と結果をつり合わせる。

 特に最後のものが大きいですね。結果が重大だと、通用のミスでも規範的なミスに見えてくると、本書では指摘します。結果が重要な事案は、失敗者により多くの「説明責任」を負わせます。

 これは、結果が重要なことになる責任の多い業務を請け負うものに対し、「不公平」というのが本書の立場です。

 その考え方の是非はともかくとして、「バイアス」であることは事実でしょうね。結果を知ったあとの判断というものは、慎重に行う必要があるというのは納得がいきます。(次の記事へ

「ヒューマンエラーを裁けるか」を読みました!記事一覧

 「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!
 後知恵バイアス ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その2~
 技術的エラーと規範的エラー ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その3~
 司法の「介入」 ~「ヒューマンエラーは裁けるかを読みました!その4~

|

« Chrome使用中止 | トップページ | 技術的エラーと規範的エラー ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その3~ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/67029827

この記事へのトラックバック一覧です: 後知恵バイアス ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その2~:

« Chrome使用中止 | トップページ | 技術的エラーと規範的エラー ~「ヒューマンエラーは裁けるか」を読みました!その3~ »