« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

2015サフラン

 今年は、新しいサフランの球根を買ってきてまた植えてみようかと思っています。

2015サフラン関係の記事

 ハンギングプランターにサフランを植えるための土を仕込みました!
 サフランの球根を植えました!
 サフランの球根を2つ植えました!
 サフラン発芽したようです
 やっぱりサフランは発芽していました!
 二つ目のサフランの鉢も発芽し始めました!
 サフランにもう一つ芽が出ました!
 サフランをもう2つ植えました!
 3つ目の鉢のサフランがひとつ発芽しました!
 サフランの搔き芽?をしました!
 残ったサフランの球根を植えました!
 先日、植えたサフランの葉が出てきました!
 最後に植えたサフランの鉢に増土しました!
 サフランを堀り上げようとしましたが・・・

 2014年の記事はコチラから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

来迎寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その6~

Imgp5313

 誓閑寺より一区画坂上にある位置の来迎寺(らいこうじ)。浄土宗のお寺です。正しくは、紫雲山 聖娶院 来迎寺。山の手三十三観音霊場18番とのこと。

 入口を入ったところに、庚申塔があり、新宿区の指定文化財となっているとのことです。

Imgp5314

 庚申塔とは、中国の道教からきた庚申信仰からきたもので、守庚申という行事を3年18回続けて行ったことを記念して建てられるものだとの由。

 道教では、人間の体には、三尸と呼ばれる虫がいて、庚申の夜に人間の体を抜け出し、天帝に人間の日頃の悪行を注進に行くとか。道教では、日ごろの行いで寿命が決まるとされているので、三尸の告げ口によって、寿命が短くなってはかなわんと、庚申の夜は、身を慎んで徹夜をする守庚申を行ったとのこと。

Imgp5319  この庚申塔には、江戸初期の特徴、日月や三猿などが描かれています。そして地名として、「武州湯原郡牛込馬場下町」と刻まれています。湯原郡というのは、荏原郡の誤りではとされており、当時この辺りが荏原郡であったことの資料の一つとなっています。(次の記事へ

早稲田から飯田橋まで歩きました!記事一覧

 早稲田から飯田橋まで歩きました!
  金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~
 穴八幡宮 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その3~
 夏目坂 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その4~
 誓閑寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その5~
 来迎寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その6~
 新宿区立早稲田小学校 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その7~
 漱石山房記念館 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その8~
 宗参寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その9~
 早稲田から神楽坂へ ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その10~
 AYUMI GALLERY ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その11~
 赤城神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きましたその12~
 筑土八幡神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その13~
 善国寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その14~

;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

誓閑寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その5~

Imgp5302

 夏目坂から少し入ったところにあるお寺、誓閑寺。寛永7年(西暦1630紀元2290)に創建。霊岸嶋という話と深川という話を聞きましたが、どちらが正しいのでしょうか。霊岸嶋といえば、日本橋クルーズのとき、近くを通りました。

 明暦の大火(明暦3年西暦1657紀元2317)後、寛文6年(西暦1666紀元2326)に当地に移転。

 当時、この寺の中に小川が流れており、そこが荏原郡と豊島郡の境界となっていたとか。

 荏原というと品川区というイメージがありますし、豊島というと豊島区池袋のイメージですので、結構、当時の行政区は広かったんだなという気がします。

 写真の梵鐘は、新宿区の指定文化財。天和2年(西暦1682紀元2342)に寄進されたもので、新宿区内最古の梵鐘だとのこと。(次の記事へ

早稲田から飯田橋まで歩きました!記事一覧

 早稲田から飯田橋まで歩きました!
  金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~
 穴八幡宮 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その3~
 夏目坂 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その4~
 誓閑寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その5~
 来迎寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その6~
 新宿区立早稲田小学校 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その7~
 漱石山房記念館 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その8~
 宗参寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その9~
 早稲田から神楽坂へ ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その10~
 AYUMI GALLERY ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その11~
 赤城神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きましたその12~
 筑土八幡神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その13~
 善国寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その14~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

6本目のゴーヤ

Imgp5610

 5本目のゴーヤを収穫しました。先日、カワラヒワ(?)が止まっていたやつですね。

 今までで一番長いでしょうか。35cmありました。

 この後に続く、実は見当たりません。雌花も出ていないようです。

 これで打ち止めかなというところもありますが、まだまだ酷暑は続きます。グリーンカーテンの役割はまだしばらく必要ですね。(次の記事へ

2017ゴーヤ関係の記事

 ゴーヤと紅花の種まき
 ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど
 ゴーヤ発芽 紅花は・・・
 ゴーヤと紅花を定植
  ゴーヤの様子
 ゴーヤのネットを張りました!
 ゴーヤの葉が枯れ始めた!
 ゴーヤの花が咲きました!
 ゴーヤを収穫しました!
 2本目のゴーヤ
 3,4本目のゴーヤを収穫しました!
 5本目のゴーヤの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

GRAND KIRIN JPL

Imgp5580

 「JPL」とはジャパニーズペールラガーとのことらしいのですが。一般的に、ジャパニーズペールラガーという概念が成立しているのかどうなのかは、わかりませんが、要は淡いラガーということですかね。

 ペールとは、淡色という意味ですが、ラガーは、下面発酵によるビールです。普通のビール ピルスナーとどう違うのかはよくわかりませんが。

 このビールも飲みやすいのですが、ちょっと色々な味があるなという印象でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

紅花が咲きました!

Imgp5609_2

 紅花で生き残ったのは、一輪だけ。しかもねじまかった末に、下向きに咲きました。

 やはり、袋栽培でないとダメですね。

 でも、今夏はゴーヤだったから、いくつも袋栽培というわけには。

 秋まきに挑戦してみるかな?(最後の記事へ

2017紅花の記事

 ゴーヤと紅花の種まき
 ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど
 ゴーヤ発芽 紅花は・・・
 ゴーヤと紅花を定植
 紅花が咲きました!
 紅花の撤去

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

ゴーヤに止まるカワラヒワ?

Imgp5579

 先日の朝、ベランダのグリーンカーテンに野鳥が来ました!妻はカワラヒワではないかと言うのですが。

 ゴーヤに止まっていますが、食べようとしているわけでもないようでした。苦いですものね。

 慌てて撮ったので、きちんとピントが合わせられていないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

2015人参

 そんなに収穫できたわけではなかったですが、袋栽培というのは案外いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

夏目坂 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その4~

Imgp5298

 早稲田通りから夏目坂に入るところにある酒屋さん 小倉屋酒店は、元禄ごろからあるという老舗。堀部安兵衛(当時は中山安兵衛)が仇討ちに行く際、この店で升酒を飲んでから向かったとかそうでないとか。当時の升はまだ大切に保管されているそうで、店内には写真が飾られているとの由。

 この店の隣には、夏目漱石誕生の地碑があるそうですが、今回は見ませんでした。

 この夏目家。当時は、相当の名家だったようで、この夏目坂というのも名主の夏目家の前を通るためにそう名付けられているとのこと。

 このあたりの地名「喜久井町」も夏目家の家紋「井桁に菊」にちなんだものだとか。(次の記事へ

早稲田から飯田橋まで歩きました!記事一覧

 早稲田から飯田橋まで歩きました!
  金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~
 穴八幡宮 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その3~
 夏目坂 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その4~
 誓閑寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その5~
 来迎寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その6~
 新宿区立早稲田小学校 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その7~
 漱石山房記念館 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その8~
 宗参寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その9~
 早稲田から神楽坂へ ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その10~
 AYUMI GALLERY ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その11~
 赤城神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きましたその12~
 筑土八幡神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その13~
 善国寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その14~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

長野県共通リフトシーズン券 今年は申し込みをやめました!

 
 上記で8月24日まで募集しているようですが、今年は申込みするのをやめようかなと思っています。
 近年は、めっきりスキーに行く回数も減り、元を取るどころではない状況ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

5本目のゴーヤの収穫

Img_0963

 4本目を黄色くしてしまったこともあり、5本目のゴーヤを収穫しました。

 あと実の状態になっているのは、一つです。雌花のようなのが、ほかに一つありますが、このくらいで打ち止めでしょうか。

 そろそろベランダガーデニングも秋モード?(次の記事へ

2017ゴーヤ関係の記事

 ゴーヤと紅花の種まき
 ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど
 ゴーヤ発芽 紅花は・・・
 ゴーヤと紅花を定植
  ゴーヤの様子
 ゴーヤのネットを張りました!
 ゴーヤの葉が枯れ始めた!
 ゴーヤの花が咲きました!
 ゴーヤを収穫しました!
 2本目のゴーヤ
 3,4本目のゴーヤを収穫しました!
 5本目のゴーヤの収穫
 6本目のゴーヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

3,4本目のゴーヤを収穫しました!

Img_0961

 3本目のゴーヤです。17日の収穫です。

 2本目より少し小さめかな。だんだん小さくなっていくのは、仕方がないですね。

 19日に収穫した短めのゴーヤは少し黄色くなってしまっています。

 実は、3本目のゴーヤは、19日まで妻が新聞紙にくるんで何もしないでいたら、黄色くなってしまったとのこと。残念。(次の記事へ

Img_0962

2017ゴーヤ関係の記事

 ゴーヤと紅花の種まき
 ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど
 ゴーヤ発芽 紅花は・・・
 ゴーヤと紅花を定植
  ゴーヤの様子
 ゴーヤのネットを張りました!
 ゴーヤの葉が枯れ始めた!
 ゴーヤの花が咲きました!
 ゴーヤを収穫しました!
 2本目のゴーヤ
 3,4本目のゴーヤを収穫しました!
 5本目のゴーヤの収穫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

冷や汁

Img_0960

 先日、昼食に食べた宮崎名物、冷や汁です。

 暑いときは、結構良いですね。さすがに南の食べ物。冷えた味噌汁に、きゅうりなどの野菜のうまみが食欲をそそります。

 さすがに夕食までは、これだけだと、足りないかなという感じでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

穴八幡宮 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その3~

Imgp5279

 街歩きの出発点となったのが、穴八幡宮。出発前に、あたりを見回します。

 階段を上ると見えるのが、随神門。

 鼓楼も特徴的です。

Imgp5280

 随神門は平成10年、鼓楼は平成27年の造営とのこと。

 穴八幡は、江戸八所八幡の一つと言われています。江戸八所八幡とは、制度的なものではなく、江戸の主要な八幡神社を呼んだものだそうですので、3大〇〇のようなものでしょうか。ほかに、富岡八幡宮、大宮八幡宮、市谷亀岡八幡宮、金王八幡宮、鳩森八幡神社、西久保八幡神社、御田八幡神社があります。

 この中で訪れたことがあるのは、鳩森八幡神社だけですかね。

Imgp5285 拝殿も立派な感じです。

 穴八幡は、虫封じにも効果があるとされ、夏目漱石の勘気に悩む漱石夫人。穴八幡からお札をもらって家の中に貼っておいたそうですが、漱石に発見され、外されてしまったというエピソードがあるとかないとか。

 穴八幡を出発します。(次の記事へ

早稲田から飯田橋まで歩きました!記事一覧

 早稲田から飯田橋まで歩きました!
  金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~
 穴八幡宮 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その3~
 夏目坂 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その4~
 誓閑寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その5~
 来迎寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その6~
 新宿区立早稲田小学校 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その7~
 漱石山房記念館 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その8~
 宗参寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その9~
 早稲田から神楽坂へ ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その10~
 AYUMI GALLERY ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その11~
 赤城神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きましたその12~
 筑土八幡神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その13~
 善国寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その14~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

2015新宿近辺文学散歩

 だいぶインデックスづくりも最近の記事に近づいてきました!

新宿近辺文学散歩の記事

 新宿近辺の文学散歩 三遊亭円朝旧居跡
 田所康雄の墓 ~新宿近辺文学散歩その2~
 小泉八雲旧居跡 ~新宿近辺文学散歩その3~
 四谷大木戸跡~新宿近辺文学散歩その4~
 斎藤茂吉終焉の地 ~新宿近辺文学散歩その5~
 お岩水かけ観音 ~新宿近辺文学散歩その6~
 消防博物館 ~新宿近辺文学散歩その7~
 田宮稲荷 ~新宿近辺文学散歩その8~
 陽運寺 ~新宿近辺文学散歩その9~
 須賀神社と三十六歌仙絵 ~新宿近辺文学散歩その10~
 文学座にて ~新宿近辺文学散歩その11~
 民音音楽博物館 ~新宿近辺文学散歩その12~
 滝沢馬琴終焉の地 ~新宿近辺文学散歩その13~
 千駄ヶ谷の富士塚 ~新宿近辺文学散歩その14~
 将棋会館 ~新宿近辺文学散歩その15~
 東京新詩社跡 ~新宿近辺文学散歩その16~
 パスタバルADONE ~新宿近辺文学散歩その17~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

ザ バーガースタンドに行きました!

Img_0957

 王子神谷の環七と北本通りの交差点近くにあるバーガー屋さんです。

 黒のバンズは竹炭入りだそうで、下はカリカリに、上はもっちりと焼いているそうです。確かに下のバンズはカリっとした感じでした。ソースもなかなか美味しかったです。

 惜しむらくは、スタンドという店の構成上、席数が限られていること。結構地元の人にも人気があるようですから、なかなか入るのが厳しいこともあるかもしれません。

 ちなみに、私がこの店を訪れたのは、3回目。1回目は閉まっていて、2回目は満員でした。

食べログの該当ページ

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13200623/

星評価 ★★★

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

サワノ眼鏡店閉店

Img_0959

 秀山荘の移転もさみしいニュースでしたが、先月、メガネのサワノも閉店となったようです。大正13年創業とのことで、昭和、平成とやってきたそうですが、後継者難での閉店とのこと。

 さみしいニュースですが、そういうこともあるのだろうなとも思いました。

 7月は結構ドタバタしていたこともあり、閉店セールにはいけなかったのが、少し残念ですが。

 サワノさんは、2011年に 行ったの最初でしたか。

 購入したのは、2013年。現在でも不具合なく使い続けています。

 最近は、近くのものを見るときは、メガネを外すときが多くなってしまいましたが、今後はどうしようかな。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

2本目のゴーヤ

写真

 先週の月曜日に2本目のゴーヤを収穫しました。まだ何本かありますが、これ以降は、かなり小ぶりになりそうです。

 それでも昨年の惨状よりはましですね。

 今年は、袋栽培のものがちゃんと育っているようです。プランターのものは、どうもダメですね。一本は完全に枯れてしまいました。

 育て始めのときに、水をあげすぎたのかもしれませんが。(次の記事へ

2017ゴーヤ関係の記事

 ゴーヤと紅花の種まき
 ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど
 ゴーヤ発芽 紅花は・・・
 ゴーヤと紅花を定植
  ゴーヤの様子
 ゴーヤのネットを張りました!
 ゴーヤの葉が枯れ始めた!
 ゴーヤの花が咲きました!
 ゴーヤを収穫しました!
 2本目のゴーヤ
 3,4本目のゴーヤを収穫しました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~

Imgp5273

 出発の前に、早稲田の金城庵で昼食をとりました。この金城庵、大正年間からある老舗ですが、なんか普通の蕎麦やさんの雰囲気。

 食べたメニューは忘れてしまいましたが、確か鴨南蛮だったかな?

 この日は雨の日で、冷房が効いたところにいたため、体が冷えていましたので、暖かい蕎麦がうまかった記憶があります。(次の記事へ

星評価 ★★★

早稲田から飯田橋まで歩きました!記事一覧

 早稲田から飯田橋まで歩きました!
  金城庵での昼食 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その2~
 穴八幡宮 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その3~
 夏目坂 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その4~
 誓閑寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その5~
 来迎寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その6~
 新宿区立早稲田小学校 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その7~
 漱石山房記念館 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その8~
 宗参寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その9~
 早稲田から神楽坂へ ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その10~
 AYUMI GALLERY ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その11~
 赤城神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きましたその12~
 筑土八幡神社 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その13~
 善国寺 ~早稲田から飯田橋まで歩きました!その14~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

中野大勝軒に行きました!

Img_0938

 今更ですが、中野大勝軒に行きました!中野大勝軒というと、池袋大勝軒を設立した故 山岸一雄氏がいた老舗店です。中野のつけ麺はここからはじまったわけです。

 前に一度食べたこともあったのですが、入口から中が見にくいということもあり、ちょっと敷居が高くあまり行っていませんでした。と言っても、食券制のラーメン店ですので、そんなに気取ったところではありません。

 頼んだのは、肉入りつけそば。

 おいしいなと思ったのは、やはり麺ですね。

 スープは古典的な感じでした。

 中野の伝統のお店として末永く続いてほしいものです。

星評価 ★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

記事保守 写真のタイトルづけを始めました

 Edgeで、ブログの写真をクリックした場合、スクロールバーがNoと設定されていても、スクロールバーが表示されることがわかりました。
 Edgeは、どうも簡易版ブラウザとの雰囲気で、挙動が怪しげな印象があります。
 そのため、Edgeで写真の動作をチェックしても、スクロールバー表示の設定がyesになっているかどうかがわかりません。
 ついては、スクロールバー設定をソースに書き込むと同時に、写真のタイトルを日本語でつけていくことにしました。
 ブログの写真にポインタを当てたとき、タイトルが表示されれば、OKという具合。
 前のものまでに遡るとなると、結構な作業量になりそうですが。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

長田谷津(2015)

 街カテゴリが適当かというと微妙なところがあるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

池袋秀山荘が移転閉店するそうです。

Img_0951

 池袋の登山用品店の老舗、池袋秀山荘が移転閉店するそうです。移転後は、新宿のハイジアにあるSRCのところに移るそうですが、SRCは同一グループですので、実質拠点統合ですかね。

 ホームページを見ると「結果にコミットする」スポーツクラブの事業の傘下に入っているようですね。スポーツクラブ自体は、平成22年設立だそうですので、吸収合併か事業譲渡があったのでしょうか。

 私が山を始めた頃、1980年代後半でしょうか。当時から秀山荘はありました。

 当時は、新宿のICIとコージツ、高田馬場のカモシカスポーツそして、池袋の秀山荘によく通ったものでした。

 ICIは、新大久保に本店がありましたが、そちらはなぜかあまり行きませんでした。また、代々木方面にも南口店という店もあった時期もありましたが。

Img_0947  そんな中、この秀山荘と高田馬場のカモシカスポーツは、お世話になった登山用具店です。

 秀山荘は、沢登り用品や山スキーなどを良く買ったような気がします。

 現代と違って、レアな道具を購入するにも、またそういった情報を入手するにも、用具店の果たす役割が大きかった時代でした。

 現代では、ロングテールとの言葉があるように、インターネット通販がレアな道具を購入するには便利ですね。

 しかし、当時は、特色のある店は貴重でした。道具から技術の考え方のようなものも学んだりしたこともあったと思います。

Img_0950_2

 昔は、店頭にもザックなどを山積みにしていたような記憶もあるのですが、行ってみたところ、スッキリ。閉店セールで売れているためなのか、どうなんでしょうか。

 ちなみに、今回は、ガスカートリッジと虫よけ素材のパンツを購入しました。ちなみにDMは最大80%とありますが、10%割引でした。閉店セールは9月24日までだそうです。

 時代の変遷を思い、少し寂しい気がした一時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

鍋横夏祭りに行きました!

Img_0936

 土曜日に鍋横夏祭りに行きました!

 鍋横夏祭りとは、鍋屋横丁という商店街のおまつりです。鍋屋横丁は、新中野付近の青梅街道ともみじやま公園通りの交差点(鍋屋横丁)を中心に、もみじやま公園通りと中野通りの分岐(十貫坂上)地点までの通りです。かつては、妙法寺への参道として栄えたようなのですが、現在でも活気のある商店街です。

 もみじやま公園の方から行ったら、入口に消防車がいたのでびっくりしましたが、控えているだけで、特段何かがあったわけでもなかったようです。

 商店街のお祭りですので、模擬店などが出ていて、ビールを二人で、2杯くらいひっかけ、帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

Imgp5242

 行きもそうだったのですが、新庄付近は、バイパスが高速のようになっており快適に走れます。とはいえ、さすがに距離がありますね。

 途中、碁点の近くで、くれない苑というそばがき(かいもちとも言うようです。)の専門店に入りました。写真は撮りませんでしたが、なかなかおいしかったです。甘いものに合わせるとそばがきもスイーツのようになりますね。

 山形市に戻り、山形城を見物します。

 写真の正面、左側が桝形となっています。櫓から桝形に向け攻撃していくことになるわけです。

Imgp5243

 現在、山形城では、本丸の工事を行っているようですが、一部、本丸内にも入ることができました。建物があったりするわけではありませんが。

 レンタカーを返し、買い物をします。

 この日は、そんなにゆっくりするまでもなく東京への帰途につきました。

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~

Imgp5223

 川下りに使う舟は、屋根のついたものでした。この日は、少し雨も降りましたし、風も強かったので良かったと思います。

Imgp5225

 最上川は大河の風情。

 船は水面を進みます。

 遊覧線は、船頭さんのトークも楽しみのひとつですね。気さくな方でトークあり、歌ありのー楽しいひと時でした。

Imgp5226

 船は、途中、浮桟橋となっている休憩所に着きます。この辺りは昔は集落だったそうですが、現在では、無人となり、舟会社が買い取って、キャンプ場などをやっているそうです。

 結構、移動教室等で賑わうとのことでした。

Imgp5231  終着駅は、ホテルのすぐ近くにある最上川リバーポートです。

 直前に見えるのが白糸の滝です。

Imgp5240

 リバーポートからは徒歩でホテルへ帰り、車を回収。挨拶をして、山形に帰ります。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

ゴーヤを収穫しました!

Img_0934

 今シーズン初めて、ゴーヤを収穫しました!

 今回は、破裂させずになんとか収穫できました。

 あと、小さめのが一本なっています。こちらもそろそろかな。

 ほとんど雌花の状態から変わらないような小さなものも他にいくつかあります。

 今後、どの程度の収穫が見込めますか。

 今年は、葉の方もなんとかグリーンカーテンらしくなってきて、ルーフ状のネットも設置しています。主として、袋栽培の方が中心のようですが。(次の記事へ

2017ゴーヤ関係の記事

 ゴーヤと紅花の種まき
 ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど
 ゴーヤ発芽 紅花は・・・
 ゴーヤと紅花を定植
  ゴーヤの様子
 ゴーヤのネットを張りました!
 ゴーヤの葉が枯れ始めた!
 ゴーヤの花が咲きました!
 ゴーヤを収穫しました!
 2本目のゴーヤ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

この植物は?

Img_0933

 結局、大葉はほとんど、絶滅状態。(正確にいうと、しなびた感じで少し生えています。)

 この記事は、大葉関係の記事にしていいのか疑問ですが、この生えてしまった植物はなんでしょう。

 葉の間から小さな花が見えているような気もするのですが。(次の記事へ

大葉関係の記事

 大葉の種まき
 大葉の発芽?
 ジフィーセブンの大葉の様子 枇杷の種を植えました!
 大葉の定植
 紫蘇プランターの状況
 この植物は?
 アメリカイヌホウズキかな?

Imgp5559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

2015江戸川橋付近探訪

 大変短い記事ですが。
 この頃に比べるとだんだん記事が長くなっているような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

西洋美術館に行ってきました!

Img_0881

 先日、西洋美術館に行きました!

 アンチンボルド展をやっていて、それも見てきました。アンチンボルドは16世紀の画家。野菜や花などを寄せ集めて人の顔などを表現する寄せ絵で有名です。

 なんか、頭でっかちな絵だなと思っていたのですが、背景として、宇宙全体の「統治」を構想する当時のハプスブルグ家などの思想が背景にあるそうで、当時、宮廷画家として、さらにそれ以外のアートディレクター的な立場にいたアルチンボルトのことが解説されており、なかなか興味深い展示でした。

 世界遺産になった西洋美術館の常設展も見ることができ、なかなか充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~

Imgp5206

 古口駅から、戸沢藩船番所は大した距離ではありません。そこに向かおうとしたら、下り線が来たので、パシャリ。妻はあきれていましたが。

 国道に出て、そのまま手前側の歩道を新庄方面に歩いていくのが良いのですが、よくわからなかったので、土手に出ました。土手からは、船番所の様子が一望できます。

Imgp5207

 戸沢藩船番所は、ドライブイン的な施設となっていて、お土産なども購入できます。

 入口には、昔の船の模型等が展示されていて、昔日の船運をイメージさせています。

Imgp5208

 切符を購入し、しばらく出航まで時間があるため、お土産を物色するとともに、辺りを見回ります。出航するとここには戻ってこないので、少し早目につくと良いですね。

 戸沢藩というのは、江戸時代初期の国替えによって戸沢政盛公が、新庄藩主となったことから始まったもので、明治維新の廃藩置県まで続いたとのこと。

 古口には、享保8年(西暦1723年紀元2383年)、駅場として整備されたとの由。当時は、この先(下流)は、最上峡となり、陸路がなかったことから、番所として栄え、それとともに、川舟貨物を監視する役割を担っていたそうです。

Imgp5213

 敷地周辺には、正岡子規の句碑や航海安全観音なども設置されていました。

 航海安全というと、今の感覚では違和感がありますが、江戸時代は、ここから日本海まで行き、帰ってくるまで相当の日数が必要だったのでしょうから、ある意味違和感のないものだったのでしょうね。

Imgp5218 もちろんこちらの航海安全観音は、こちらの舟会社が設置したものですが。それでも昭和57年設立のようですので、既に30年近い年月を迎えているのですね。

 乗船時間となったため、船着場に向かいます。

Imgp5221

 船着場への階段には、水害時の水位が記してありました。こんなに大きな川でも、水位がこんなに変わるのですね。(次の記事へ

月山と草薙温泉に行きました!記事一覧

 月山と草薙温泉に行きました!
 トラブル続きの月山 ~月山と草薙温泉に行きました!その2~
 陸羽西線 ~月山と草薙温泉に温泉に行きました!その3~
 戸沢藩船番所 ~月山と草薙温泉に行きました!その4~
  最上川舟下り ~月山と草薙温泉に行きました!その5~
 山形城によって ~月山と草薙温泉に行きました!その6~

;

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »