« 2015荒崎・潮騒のみち | トップページ | ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど »

2017年5月12日 (金)

小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~

Img_0663

 京成線のルーツは、押上だそうです。今は、本線は、日暮里の方ですが、元々、押上から成田までの参詣需要を背景に発展してきたとのこと。押上線を青砥まで行き、江戸川まで行きます。

 江戸川駅のすぐそばに、江戸川の河川敷があり、そこは、小岩市川の渡し(こいわいちかわのわたし)となっており、関所も置かれていたとのこと。江戸時代の例にもれず、防衛のため橋をかけなかったためです。

 京成線は、成田に向けて名刹をつなぎながら、伸びていきますが、江戸川の架橋をする際は、市川側に軍の施設があったこともあり、軍の鉄道連隊が架橋作業に携わったとのことです。

 江戸川から、高砂を経て、金町に行き、もう一度高砂に戻ります。(次の記事へ

下町日和きっぷを使いまくり 記事一覧

 下町日和きっぷを使いまくり
 アンチェンダイナー ~下町日和きっぷを使いまくり その2~
 押上付近をウロウロ ~下町日和きっぷを使いまくり その3~
 北十間川 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~
 帰路 ~下町日和きっぷ使いまくりその5~

 

 

 

|

« 2015荒崎・潮騒のみち | トップページ | ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/65232710

この記事へのトラックバック一覧です: 小岩市川の渡し跡 ~下町日和きっぷ使いまくり その4~:

« 2015荒崎・潮騒のみち | トップページ | ゴーヤまき直し、紅花発芽だけど »