« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~

写真

 続いて見えてくるのが朝潮水門です。こちらは昭和39年(西暦1964年紀元2624年)に竣工した高潮対策用の水門。

 スイングゲートと呼ばれる開き戸方式の扉を採用しており、舟の高さを問わないのが特徴とのこと。

 そうは言っても、幅に制限があればおのずと限界は生じるでしょうが。

photo

 しかし東京の0m地帯は、元々埋立地だったということで、仕方がない面もあるのでしょうけれども、根本的には、土地の高さが高くなるのが望ましいのでしょう。

 スーパー堤防のような土地自体を高くする仕組みというのは、長い目で見れば正しいような気もするのですが。

 例えば、極端な話、建物の建て替えの際は、道より10cmくらいづづ盛り土をすることをルール化するなど、長期間に土地の高さを確保する方法なんかはどうでしょう?

 スーパー堤防は400年かかると却下された経緯がありましたが、街づくりというのは、そういうものなような気がします。

 朝潮運河を進みます。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

茨城に行ってきました!

スタンプ

 以前、「平潟への旅」で取り上げた宿にまた行くため、茨城にまた行ってきました。なかなか、インパクトのある経験が多く楽しい旅でした。

 一泊だけだったのですが、とにかく、胃袋に来る経験が多かったというのが特徴ですかね。

 写真にあるのは、行きに高速に乗った際のPAのスタンプですが、インパクトのあったのは別の内容です。

 一日目の昼食のそばと、宿での朝食が特にすごかったです。

 2日目は、そのため、昼食(正確いうと夕食も)摂る気にならず、1食のみ(正確にいうと違いますが)となりました。(次の記事へ

茨城に行ってきました!記事一覧

 茨城に行ってきました!
 黄門そば ~茨城に行ってきました!その2~
 黄門の井戸 ~茨城に行ってきました!その3~
 六角堂 ~茨城に行ってきました!その4
 五浦海岸 ~茨城に行ってきました!その5~
 五浦岬公園 ~茨城に行ってきました!その6~
 ウミウの捕獲場 ~茨城に行ってきました!その7~
 ウミガメとコバンザメ ~茨城に行ってきました!その8~
 命がけの清掃? ~茨城に行ってきました!その9~
 帰京 ~茨城に行ってきました!その10~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~

写真

 朝潮運河に入り最初に見える人道橋。 晴海と勝鬨をつないでいます。

 晴海側には、晴海テラス、晴海レジデンスというマンションがあるそうです。ウォーターフロントとか騒がれた時代もあったなあ。

 月島あたりを歩いたときもそうでしたが、案外、マンションが多いですね。江東区なんかも人口が増えているという話も聞きますので、今でも人気があるのでしょう。

 橋からの眺望はかなり良く、夜もライトアップされるそうです。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~

Imgp4159

 レインボーブリッジの遠景です。

 勝鬨橋のあとにも、まだ開通していない築地大橋も含めて、まだ橋はあります。

 このレインボーブリッジもその一つ。

 しかし、これは海にかかる橋ですね。

 海だと船は結構揺れるので、妻は、渋い顔をしていました。

 朝潮運河はあとすぐです。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

五橋

photo  山口県のお酒です。

 吟醸香のような香がありながら、辛さを感じます。はじめは燗酒で飲みましたが、結構合いました。

 本来は、冷酒の方が合うのかもしれませんが。

 五橋というのは、公式HPを見る限り、錦帯橋のことを指しているようです。

 錦帯橋とは、岩国にある五連木造の反り橋です。

 日本三大奇橋の一つにも数えられているそうですが、三大奇橋は、3つ目がいくつかの説があるようです。甲斐の猿橋と錦帯橋は大概その中に含まれるようです。

 私は、どれも訪れたことがないので(猿橋は近くにはよく行っていましたが、渡ったことはありません。)、一度行ってみたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

那須どうぶつ王国&アルパカ牧場

 なぜか同じときに行ったのですが、シリーズ物にしていませんでした。なんでだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

ルーターの再起動

 昨日、朝、PCを起動したら、PCの右下にインターネットアクセスなしの表示が突然現れました。

 ルーターやモデムのランプを見ても異常はなさそうです。

 PCを再起動するも回復せず。シャットダウンし、電池を外して数分放置。回復せず。

 仕方がないのでルーターを再起動したら、なんとか回復しました。

 そういうこともあるんですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

スイセンの球根を植えました!

photo

 今更ですが、21日、22日にスイセンの球根を植えました!

 土曜日(21日)には、今まで、いろんな種を植えては発育しなかった、ハンギングプランターに2つ植えました。

 既に発芽している状態なので、少し緑色の芽が出ています。

 果たしてどんな感じで発育するでしょうか。

 日曜日には、3つの小さな鉢に球根を植えました。

photo まず、鉢の底には、大粒土を敷きます。

 次に小粒土を入れて土をならしたあと、微塵を少し敷き詰め、水を浸します。

 微塵を入れたのは、水はけを良くしすぎないため。

 微塵の層で、水を保持すれば、スイセンの生育に良いのではないかとのコンタンです。

 最初の2つは、鉢の内側に苗用のビニールの鉢を入れてあります。

photo 3つ目の鉢は、苗用のビニールがなくなってしまったため、 プラスティックの鉢のみに植えました。

 3つ目の鉢に植えた球根は、2つの球根です。

 一つ目、二つ目の球根は、ひとつづつ植えたのですが、3つ目のものは、大き目の球根と小さな分球した球根を切り離さずに、植えてみました。

 どうなるでしょうか。

photo ここのところ、再生土での栽培がうまく行っていません。

 今回も、ふるいをかけただけで、消毒などが不十分かもしれません。

 しかし、球根なので、ある程度の抵抗力があるのではと期待しています。

 ちょっと気になるのが、寒い時期に植えているということ。

photo 果たして無事に育ってくれるでしょうか。

 あと、いくつか球根が残っています。小さいものも多いので、まともに使えないかもしれませんが、どうしようかなと悩んでいるところです。(次の記事へ

2017スイセンの記事

 スイセンの球根を植えました!
 スイセンの蕾が出てきました!
 スイセンの開花
 スイセンの花がさらに2つ咲きました!
 外に置いた最後の鉢も蕾をつけました!
 スイセンをハンギングプランターに植え替えました!

2015年の冒頭記事はコチラ

2016年の冒頭記事はコチラ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

日本橋七福神めぐりに行きました!

Img_0646

 先日、所属するグループの研修で、日本橋七福神めぐりに行ってきました。

 七福神めぐりは、 7日くらいまでがピークだとのことで、いくらか他のグループはあまり見かけませんでした。

 冷たい風が強く、寒い日でしたが、楽しく回ることができました。(次の記事へ

日本橋七福神めぐりの記事一覧

 日本橋七福神めぐりに行きました!
 玉ひでには行けず。 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その2~
 水天宮(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その3~
 松島神社(大黒天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その4~
 笠間稲荷神社(寿老人) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その5~
 末廣神社(毘沙門天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その6~
 三光稲荷神社(七福神ではありません) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その7~
 寶田恵比寿神社 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その8~
 椙森神社(恵比寿神) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その9~
 小網神社(弁財天) ~日本橋七福神めぐりに行きました!その10~
 茶ノ木神社(布袋尊)と芳味亭 ~日本橋七福神めぐりに行きました!その11~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~

写真

 写真は、浜離宮方面から見た東京タワーです。  ちょっとぼやけていますが。

 浜離宮は、昨年の正月に行きました!「役所工事ですね」 は結構、インパクトがあったようで、妻は今でも時々ブツブツ言っています。

 浜離宮ということですから、この辺は海ということになります。

 しかし、幅が広がってはいるものの、埋立地が多く、なんとなく川との印象がぬぐえない海域となっています。

 水を舐めたりはしませんでしたが、海水なんでしょうね。

 でも東京湾は昔、かなり奥の方まで海だったとのこと。0m地帯の被害想定を見るとそれがわかります。

 そのあたりの川の水の塩分はどんな風なんでしょうか?子ども頃、鯉を捕ったことがあったのですが、ということはそのあたりは、もう真水になっているということ?

写真埋立等をすると、水面が0mの状況でも塩分が薄くなるようなことがあるのでしょうか?

 浜離宮の水門のバックに汐留のビル群がそびえています。ヒートアイランド現象の元凶として名高いビル群ですね。

 こう見るとスキマも見えないではないですが、それでも効果はイマイチなのでしょう。

 これだけビルの数があると、確かにちょっとした小山があるようなものになりますね。気象に影響を与えるのも当然なのかもしれません。

Imgp4157 水門の中に小さな船が入って行こうとしています。

 昔、江の島のハーバーにディンギーで入っていくときには、風向きを考えて色々苦労した思い出があります。動力船なら大した意味もないのでしょうけれども。

 舟は、さらに進み、朝潮運河へ向かいます。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

Edgeの不調

 以前、「Edgeは結構快適」という記事を書きましたが、最近、Edgeだとインターポットにアクセスできないことがあるのです。

 軽さという点では、確かにEdgeの方が軽い印象ですが、安定性では、Firefoxの方が良い感じがします。Firefoxは複数タブを動かす時の動作が鈍い印象があるのです。

 そのため、その時の状況に応じて、ブラウザを使い分けています。

 また、Firefoxは、タブごとにサウンドのオンオフができるところも、便利ですね。軽さと機能は背反するものかもしれませんが、なかなかうまく行かないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

第2回まちなかのバル

 最初のタイキックは、今までで一番の衝撃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

紅花(2014)

 これは結構良かったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

ダウンジャケットで思ったこと

 最近、寒くなったので、バイクに乗るときのダウンジャケットを変えました。

 前は、ベスト型のダウンジャケットに、ユニクロのウルトラライトダウンを重ね着していたのですが、マムートのダウンジャケットに変えました。

 どこが違うかというと、マムートのダウンジャケットは、ファスナーの裏に布地が来るようなタイプになっています。

 前のベスト型のダウン、ウルトラライトダウンは、ともにファスナーだけで前を閉めるので、バイクに乗ると寒気が入ってきます。

 微妙なところで、効果が違うものだなと感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行きました!

Img_0614

 先日、すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行ってきました。

 午前中、美術館を見て、午後に周辺を回りました。

 以外に小さな美術館でしたね。 (次の記事へ

すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行きました!記事一覧

 すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行きました!
 葛飾北斎ゆかりの地?~葛飾北斎美術館と周辺の史跡に行きました!その2~
 勝海舟生誕の地 ~すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行きました!その3~
 本所松坂町公園 ~すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行きました!その4~
 相撲写真資料館と芥川龍之介生育の地 ~すみだ北斎美術館と周辺の史跡に行きました!その5~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~

Imgp4152

 勝鬨橋を過ぎたところに、築地市場の設備なのでしょうか?河川側に船着き場のような設備があります。

 この日は休日だったので、特段舟等は着いていませんでしたが、今も使われているのでしょうか。

 私の実家の近くには、昔、製鉄所がありました。平成に近いころまで、舟による運送が行われていた記憶があります。

 舟運が衰退したのは、陸上交通の発展や河川改修などが要因と言われていますが、本当のところどうだったのでしょう。

 舟運は、典型的な企業間取引。個人との取引ではありません。コスト面が大きな要素を占めると思うのですが。

 舟は、海に向かって進みます。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~

Imgp4146

 中央大橋をあとにさらに下流に行くと、その前に歩いたあたりとなります。 佃大橋も下から見るとこんな感じ。

 佃大橋は、前のオリンピックの年に設置されたことは、以前書きましたが、大2次世界大戦後隅田川に橋が架けられたのは、この橋が初めてとのこと。

 ちなみに、この橋は、東京マラソンのコースにもなっているとのことで、難所の一つに数えらえているとか。(そのためか新コースからは抜けたようです。)

Imgp4147 聖路加ガーデン も低い位置から撮った写真の方がなんか見栄えがいいですね。まあ天気が良いというのもあるのでしょうが。

 東京都では、舟運の活性化に取り組んでいるそうで、民間参入を期待しているとか。

 この航路も民間ですが、いろんな航路が出来てくるといいですね。

 合わせて、川の浄化も必要だとは思いますが。現代では、下水道が普及しているので、浄化というより、必要なのは清掃ですね。

 プラスティックごみなどがあるのは、不法投棄なのでしょうが、海から流れてくることもあるわけですし、ぞういうものはこまめに清掃するしかないのでしょう。

Imgp4148 歩きに比べると早い速度で、勝鬨橋が近づいてきます。この船は小さな船ですが、かつては、大きな船が橋を上げて通っていたのでしょう。

 近くによると案外、開く部分は狭いことに気が付きます。

 勝鬨橋を開くには10億円必要なそうですから、おそらくもう開くことはないのでしょう。

 

Imgp4150 水面から見える可動橋を眺め、開いた姿を思い浮かべまる一時でした。

次の記事へ

Imgp4151

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~

photo

 水面からの中央大橋です。中央大橋は、平成5年(の創架と、隅田川で最も新しい橋でしたが、千住汐入大橋、新豊橋と新しい橋の座を明け渡しています。

 さらに、築地大橋の開通が予定されていますので、もはや「新しい」カテゴリからは離脱しつつあるのでしょうか。

 ネーミングが「中央大橋」。平凡といったら怒られるでしょうか。中央区を象徴する橋としたかったとかそうでないとか。個人的には、地名の方が好きですけども。

 橋には、メッセンジャーという銅像が設置されていたり、贅沢な作りとなっているらしいです。

 機会があれば、陸からも行ってみたいものです。

 舟は勝鬨橋方面に進みます。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~

photo

 亀島川に入り、最初に出てくるのが霊岸橋。(れいがんばし)

 中央区新川付近は、以前は、霊岸島と呼ばれていた埋立地でした。埋め立てられたのは、寛永年間だったそうですが、当時はこんにゃく島と呼ばれ地盤が軟弱でした。霊岸島には霊厳寺というお寺があったのですが、明暦の大火で深川に移転。その後、松平越前の守の下屋敷が置かれたとのこと。

 そのことから、亀島川は越前堀とも言われたとの由。

photo 次に現れたのが新亀島橋。 この橋が架けられたのは、明治15年(西暦1882年) 元禄のころからあった亀島橋に対しての 「新」だそうですが、亀島というのは、このあたりで瓶を売る店が多かったからだとかそうでないとか。

 亀島川の由来もそんなところにあるのでしょうか。

 江戸時代は、水運が主要な物流経路だったのでしょうから、川の重要性は現代以上なのでしょう。

photo そして亀島橋。ここの橋は、結構、低く、手を伸ばせば届きそうな感じです。

 以前行った、松江城の堀川めぐりを思い出します。

 その後、高橋(たかばし)、南高橋(みなみたかばし)を経て、亀島川水門に出ます。

 亀島川水門を出ると、隅田川です。(次の記事へ

photo

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

2014ジュリアン

 最初の写真が一枚だけという、あまり記録になっていませんね。冬の花卉系はどうもその傾向があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4

Imgp4126

 首都高のに沿って日本橋川を下ります

 私は、船に乗るのが好きで、以前も東京水辺ラインの記事を書いたりしました。東京水辺ラインのときは、食べ物、飲み物を持ち込んでいたのですが、こちらはほとんど飛び込みだったのと、船の規模が小さいこともあり、ただ乗っているだけでした。

 それでも、小さい船の方が揺れが激しかったので、妻は船酔いが心配だったようです。

Imgp4127 昔、ディンギー(小型のヨット)をやっていたことがあり、ディンギーは船の揺れは、体を乗り出してバランスを取ります。

 揺れがおきるのも当時を思いだして懐かしい気もします。

 高速の下に次から次へと橋が架けられています。写真は、鎧橋という橋です。

 このあたりは兜町の近くで、現在は平成通りとなっているとのことです。

Imgp4131 次に現れるは茅場橋。こちらは平成4年(紀元2652年西暦1992年)に架け替えられたものだそうです。本来は震災復興事業で、昭和4年(紀元2589年西暦1929年)に架けられたものだ とのこと。

 橋の接続部は、ちゃんと震災対策をしているようです。

 よく、東京で地震が起きたら橋は大丈夫のような話を聞きますが、23区については、関東大震災の際も、火災による落橋以外はなかったとの話を聞いたことがあります。

Imgp4132 そうこうしているうちに、日本橋水門が見えてきました。

 日本橋川から分流する亀島川は、潮の干満の影響を受ける感潮河川のため、高潮に備えて水門が設けられているとの由。

 この日本橋水門は、昭和46年(紀元2631年西暦1971年) に完成したそうです。

 船は、亀島川から隅田川に向かいます。(次の記事へ

 

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~

Imgp4123

 日本橋クルーズの船着き場は日本橋のすぐ下から出ます。

 たまたまあと少しで出発する便があるとのことで、すぐに乗り込みました。

 日本橋のある場所は、日本橋川です。日本橋川は、小石川橋付近で神田川から分流し、永代橋付近で隅田川に合流します。

 出発してすぐに江戸橋が見えてきます。

Imgp4124  江戸橋は首都高のジャンクションの記憶があります。日本橋川自体が、首都高の真下にある感じですので。

 ちなみに江戸橋という名は三重県にもあるらしく、江戸橋駅という名前だと三重県津市の駅がヒットします。こちらは何で江戸橋というのでしょうか。

ちなみに昔は、都営地下鉄に江戸橋駅というのがあったそうですが、平成元年に日本橋と改称したそうです。これまた、なんででしょうね。

Imgp4125

 江戸橋は、日本橋に比べると、風格がイマイチという感がなくもありません。日本橋の設置より4半世紀ほど後にはじめて架けられたとの江戸橋ですが、やはり日本道路始点との日本橋とは比べるべくもないということでしょうか。

 船は引き続き下流に向かいます。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

アンチウイルスソフトの同時購入に注意

 「LAVIE Tabを買いました!」でアンチウイルスソフトと合わせてと書きましたが、そのアンチウイルスソフト、結局使いませんでした。

 これを買ったとき、すぐにでも使いたかったので、必要なものはとにかく買ってしまおうと良く考えずに購入しました。

 しかし起動してみたらバンドルされたアンチウイルスソフトがあり、それで済んでしまいました。

 バンドルソフトは3ケ月くらいの期限だったのですが、その後、しばらくwin タブレットは使わなかったので、しばらく放置。

 今回、インストールしてみようとパッケージを開けてみたら、3台までOKとの記述が。

 もしかしたらとPCのアンチウイルスソフトのメイン画面を起動したら、そのシリアルで可能なことが判明。

 今回は、それで済ませてしまいました。

 パッケージが浮いちゃったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2

Imgp4119

 この日、日本橋クルーズに行こうと、大手町から日本橋に向かいます。

 そのとき、ビルの間に見えてきたのが、このお堂。

 延命地蔵尊と入口に石柱が建っています。

 ここは、日本橋西河岸地蔵寺といい、享保3年(西暦1718年紀元2378年)に建立された際には、正徳院と呼ばれ、全国有数のお寺だったとの由。

Imgp4120 その後、廃仏毀釈や関東大震災、戦災を経て、現在に至ります。

 現在の堂宇は昭和52年に建てられたものだとの由。

 ここには板絵着色お千代の図額という中央区の文化財があるそうですが、中までは見なかったのでよくわかりません。

 日本橋の手前では、イベントめいたことをやっていたのですが、舟の時間が心配なので、直接、クルーズ乗り場に向かいます。(次の記事へ

日本橋クルーズに行きました!記事一覧

 日本橋クルーズに行きました!
 延命地蔵尊 ~日本橋クルーズに行きました!その2
 出航~江戸川橋 ~日本橋クルーズに行きました!その3~
 亀島川へ ~日本橋クルーズに行きました!その4
 亀島川から隅田川へ ~日本橋クルーズに行きました!その5~
 中央大橋 ~日本橋クルーズに行きました!その6~
 勝鬨橋へ ~日本橋クルーズに行きました!その7~
 河川舟運について思いをはせる ~日本橋クルーズに行きました!その8~
 浜離宮 ~日本橋クルーズに行きました!その9~
 レインボーブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その10~
 朝潮小橋 ~日本橋クルーズに行きました!その11~
 朝潮水門 ~日本橋クルーズに行きました!その12~
 朝潮運河船着き場と黎明橋 ~日本橋クルーズに行きました!その13~
 トリトンブリッジ ~日本橋クルーズに行きました!その14~
 橋の名前 ~日本橋クルーズに行きました!その15~
 佃水門へ ~日本橋クルーズに行きました!その16~
 豊洲貯木場跡 ~日本橋クルーズに行きました!その17~
 隅田川を越えて ~日本橋クルーズに行きました!その18~
 湊橋 ~日本橋クルーズに行きました!その19~
 日本橋への帰還 ~日本橋クルーズに行きました!その20~

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

Img_0569

 勝鬨橋のところを河岸から、道にあがるとすぐに築地市場が見えてきます。

 最近耳目を集める政治家が、移転を延期したところですね。そのために補償金が生じているとか。市場会計から出すという姑息な手を使おうとしているようですが。無理を通せば道理が引っ込みます。

 コチラの記事に面白い内容がありました。ポール・タガートという政治学者の方の分析らしい(この記事以外に検索できなかったので)のですが、ポピュリストの特徴をまとめています。

第一に、政党や議員などに基づく議会制民主主義への不信感と敵対心です。つまり、国民の代表である議員や既存政党が、国民とかけ離れた存在となり、国民のニーズを把握しないことに対する、反エリート主義です。

 第二に、人々が助け合いながら一体性を保っていた過去の社会への回帰願望です。これは腐敗や専横といったイメージで捉えられやすい政治家、官僚、大企業経営者などへの反感と、「普通の人々」の方が道徳的に優れているという認識に基づきます。

 第三に、そのカメレオン的性質です。つまり、過去の理想化にとどまり、達成すべきゴール設定が曖昧になりやすいことは、状況に応じて影響力のあるイデオロギーと融通無碍に結びつきやすくするため、思想的・論理的な一貫性には乏しくなりがちです。

 第四に、経済停滞や大規模な人口移動などの変化や危機に対する危機感から生まれることです。この危機感は、危機に適切に対応できないエリートへの反感や、エリートの保護下にある弱者への敵意を増幅させやすくします。

 第五に、そして最後に、政治の世界で「主流」になることを避ける思考です。「普通の人々」を強調する以上、ポピュリストは既存の政治家や政党と常に一線を画する必要があります。そのため、政権を握るなど責任ある立場に立った時、それまでの主張をどこまで維持できるかが、ポピュリストにとっての生命線になります。

 上記第3のカメレオン的性質は、西の大都市で首長をやっていて最後には「総統閣下」と呼ばれ、辞任した方にも同じようなところが当たります。

 支持の源泉が耳目を集めることなので、一貫性・論理性のある政策などはないんでしょう。あえて言えば、耳目を集める=目立つことが唯一求めるもの。自らの「発信力」を高める姿勢のみが一貫しており、そこに「都民」の姿はありません。それは「私欲」としか言いようがありません。それを「改革」などともてはやすうちに、何が起きるのでしょうか。既にこの数ケ月でも冷静に物事を見れば、ろくなことが起きていないのが明白です。

 そんな人間を選んでしまった、さらに「改革」を行う政治家とはやしててる「都民」への報いは既に始まっているのでしょう。

 築地市場の隣に場外市場があります。こちらは、市場自体の移転とは関係なく今後も存続します。もともと、築地本願寺の門前との性格もあるという人もいるようですし。

Img_0570  場外市場で昼食をとりたかったのですが、すごい混雑です。

 そろそろ午後の予定の時間も近づいているので、時間がないとのことで、仕方がなく、近くのビルにあったラーメン屋でラーメンを食べこの街歩きを終えました。

 伝承ラーメンという名前でしたが、その名のとおり昔風のラーメンでした。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~

photo

 勝鬨橋は、隅田川にかかる最後の橋です。レインボーブリッジは、もはや東京湾と考えての話です。

 勝鬨橋が完成したのは、昭和15年(西暦1940年紀元2600年)。この橋は、紀元2600年を記念して行われるはずだった、日本万国博覧会へのアクセス路として構想されており、全て日本人の技術者により施工されたとのこと。

 下記のページに開いていた当時の写真が掲載されています。

https://matome.naver.jp/odai/2142923373847492901

 橋高の低い佃大橋ができると船舶通航の需要も激減。高度成長の道路交通量の増大もあり、昭和42年(西暦1967年紀元2627年)には、通航のための最後の跳開が、昭和45年(西暦1970年紀元2630年)には開閉が停止となり、その10年後の昭和55年(西暦1980年紀元2640年)には電力供給も停止されたとのこと。

 平成19年(西暦2007年紀元2667年)には、国の重要文化財に指定されています。

 橋のそばには、かちどき橋の資料館というのがあり、行ってみたかったのですが、午後から約束があり時間がなかったため、今回は割愛しました。

 ここまで来ると築地も目と鼻の先です。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

高知に行きました!(2013)

 このときは、レンタカーの乗り捨てがうまく使えたなあとの記憶があります。

 足摺岬の方には高速がないので、遠かったなあ。

高知行きの記事

 高知に行きました!その1 土佐料理司
 高知に行きました!その2 レンタカー借り入れ
 高知に行きました!その3 のいち動物公園
 高知に行きました!その4 ビーバー
 高知に行きました!その5 のうち動物公園のコツメカワウソ
 高知に行きました!その6 のいち動物公園 葱を食べるチンパンジー
 高知に行きました!その7 のいち動物公園 眠るハイエナ
 高知に行きました!その8 のいち動物公園 プレイリードック
 高知に行きました!その9 のいち動物公園 ハシビロコウ
 高知に行きました!その10 夕食はひろめ市場で!
 高知に行きました!その11 謎の古城
 高知に行きました!その12 日曜市
 高知に行きました!その13 高知駅前にて
 高知に行きました!その14 久礼
 高知に行きました!その15 足摺への道
 高知に行きました!その16 ホテル花椿
 高知に行きました!その17 朝日見物
 高知に行きました!その18 エンジェルズラダー
 高知に行きました!その19 足摺岬灯台
 高知に行きました!その20 足摺七不思議 根笹
 高知に行きました!その21 足摺七不思議 亀石
 高知に行きました!その22 足摺黒潮市場
 高知に行きました!その23 佐田沈下橋
 高知に行きました!その24 帰路

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~

photo

 隅田川テラスというのは、佃、勝鬨橋間の場所だけでなく、 両国など隅田川とかしこにあるようですね。

 民主党政権のときに中止となったスーパー堤防事業の一環として 高水敷といわれる河岸の部分(ふだんは水の流れない場所)をテラスにしたところです。

 そういう場所の性格上、公園のように整備されているところが多いです。

 この写真の部分もレンガにより、趣あるように整備されています。

photo 対岸の 月島川水門の方もテラスが整備されています。

 スーパー堤防はできるまで400年かかると批判されていましたが、まちづくりってそんなもんですよね。

 巨大な建築物や構造物を一気に作るのであれば莫大な予算がかかります。権利調整なども大変でしょう。

 しかし、ビジョンを示し、長期間取り組むことでそれも可能となります。400年かかることが悪いことだとは思いません。

 それよりも、どのように取り組むかという方法なのかなという気がします。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 

月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~

photo

 佃大橋から見える聖路加ガーデンです。さすがに目立ちますね。

 聖路加は、「せいるか」と読むのが正しいそうで。キリストの12弟子のルカですものね。

 聖路加国際病院のライフサイエンスセンター構想がもとに建設されたとのことで、賃貸マンション聖路加レジデンスは聖路加国際病院との連携による介護医療サービスが提供されているとのこと。

 ここら辺の地元の方々は、救急車で搬送されるとき、聖〇〇だけは(お値段の関係で)勘弁してくれというのだという話もあるとかないとかだそうですので、さぞ高級な老後生活なのでしょう。

 聖路加国際病院といえば、印象に残るのが、地下鉄サリン事件。

 日野原先生の指揮の元、多くの患者を受け入れたことで有名ですね。そんな時は、病院を選ぶどころではなかったとは思いますが。

photo  先の写真には、写っていませんが、場所によっては、東京タワーが見えるそうです。

 反対側には、中央大橋と、東京スカイツリーが見えます。

 佃大橋は、東京スカイツリーと東京タワー両方が見えるポイントの一つとのことです。

 足を進め、隅田川テラスに向かいます。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~

Img_0562

 佃の渡しは、佃大橋の近くにあるのですが、このあたりには、佃煮屋さんが3軒あります。

 天安、佃源田中屋、丸久の3軒です。

 残念ながら、この日は購入しなかったのですが、どの店にも味の個性があるらしいので、一度食べ比べをしてみたいものです。

 写真の天安本店は、天保8年(西暦1837年紀元2497年)創業。佃源田中屋は、天保14年(西暦1843年紀元2503年)創業。丸久は、安政6年(西暦1859年紀元2519年)創業とのこと。

 天安と佃源田中屋は、いかにも昔風の作り。丸久は、耐震性に問題があったそうで平成21年に建て替えたとのこと。既に新しい造りになっています。東日本大震災に間に合って良かったですね。

 佃煮は、佃島の漁師たちが、小さくて出荷できないような小魚を保存用に作っていたのが由来とのこと。当初は塩煮だったものが、そのうち千葉から醤油が入ってきて醤油煮になっていったとのこと。

 そのうち江戸中に佃煮が知られるようになり、参勤交代で大名たちが各地に持ち帰り広まっていったということです。

 佃煮の匂いを嗅ぎながら、佃大橋に向かいます。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます!

photo

 神戸どうぶつ王国のハシビロコウさんの写真で、新年のご挨拶です!

 できれば今年は、「ほぼ日」から「毎日更新」にワンアップ?できたらと思っていますが。

 さてどうなることでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »