« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~

Img_0559

 平成28年も最後になりました。 ほぼ日(ほぼ日刊)で更新している「りぞあかぶろぐ」ですが、確認してみたら、1月25日、2月20日、4月6日、4月8日の4日間の記事がありませんでした。

 ここのところ、記事が押している感じなので、ネタがないというよりは、書けなかったということでしょうね。

 それでもなんとか続けることができたのは、何よりでした。

 このブログをご訪問いただいた方々に感謝申し上げます。

 さて話を戻して、隅田川沿いのところにくると、佃島渡船場跡に碑があります。昨日、住吉神社は、摂津国佃村の漁師が分社したことに触れましたが、佃島そのものが彼らによって築島されたものです。

 摂津国佃村の漁民たちは、本能寺の変の際、岡崎に戻ろうとする家康に神崎川というところで、舟を提供したとかしないとか。それが縁で、家康が江戸に入る際、漁業権を与えられ移住してきたとのこと。彼らは、石川島近くの砂洲を埋め立て、そこを故郷にちなんで佃島と名付けました。

 佃の渡しは、佃島と対岸の船松町を結ぶ渡しとして設けられたとの由。明治時代には、渡し賃が一人5厘だったことから、五厘の渡しと呼ばれ、昭和2年には有料の手漕ぎ渡船から無料の曳舟渡船になり、渡船場の諸施設が整備されたことを記念し石碑が建てられたとの由。対岸にも同じように石碑が設置されているそうです。

 この渡しは、佃大橋が設置される昭和39年8月(西暦1964年紀元2624年)まで運行されていたそうです。昭和39年というと、前の東京オリンピックの年ですね。五輪の開催で、都市基盤が整備される中、江戸の面影が消えていく当時の時代の空気を思わせます。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 

月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~

photo

 正保3年(西暦1646年紀元2306年)摂津国佃村の漁師33人が摂津国田蓑神社を分社したのが始まりとか。

 鳥居の上に掲げられているのが、陶製の扁額。陶製のものは珍しいそうで、題字は、有栖川宮幟仁親王の筆によるものだとか。明治15年(西暦1882年紀元2542年)に寄進されたものだとの由。

 これは中央区の文化財に指定されているそうです。

 さらに足を進め、隅田川の方に向かいます。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~

Img_0551

 今週は、記事を書く時間がなく、インデックスカテゴリ保守ばかりでしたが、少しは記事が書き進められるでしょうか。

 昨日は地震がありましたが、立っていたためか全然気が付きませんでした。

 さて、於咲波除稲荷神社から、隅田川方面に向かうところにある小さな橋です。

 マンションからニョキと伸びる銭湯の煙突が印象的な風景です。

 このあたりでは、夏に佃祭りといわれる祭りを行うそうですが、その祭りでは6本の大幟を繰り出すそうですが、その柱と抱木が水中に埋められているとのことです。

 掘り起こしの様子がコチラに掲載されています。

Img_0553 船が停泊しているところが、今でも水との関わりのある暮らしがあることがうかがわれます。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

中野ワンコインフェス(2013)

 この年は、バルフェスが結構あったのですね。
 最近はあまりないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

中野バルフェスタ(2013)

 これは一回しか行われていないような気がするのですが。バルイベントは色々な店に行きやすいので好きなんですけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

街なかのバル(第1回(2013))

 この中にはすでに閉じてしまった店もありますが。(志摩とAIR BAR)中野の店の入れ替わりは多いものです。

まちなかのバル関係の記事

 まちなかのバルに行きました!Kichenしとれ
 まちなかのバルへ行きました!志摩
 まちなかのバルへ行きました!AIR BAR
 まちなかのバルに行きました!Table des P'eres
 まちなかのバルに行きました!塩ホルモンさとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~

Img_0549

 この稲荷神社は、於咲稲荷神社(おさきいなりじんじゃ)と波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)が一本の鳥居を共有しているそうです。

 木の根元にある丸っこい石が、「さし石」と言われ、このあたりの猟師が力比べをするのに使った石だとのこと。

 埋め立てが進み、海の雰囲気が薄れつつあるこのあたりですが、江戸前の時代の名残を残す神社です。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

JCOMの断線?

 一昨日の夜の9時前でしたか、いきなりテレビがぶちっと切れました。ネットも電話もつながりません。

 外では強風が吹いていましたので、ケーブルテレビの設備がやられたかと、そのまま寝てしまい、いつもどうり起きてから確認するも、やはりダメでした。

 そこで、モバイルルータで、JCOMのサイト(意見要望欄しか該当が見当たらず)通報。

 9時まで待ちましたが、何の連絡もないため、再度、サポートに電話。携帯からでもフリーコールがつながりました。

 結局、サポートの方が来て、作業終了が午後の3時過ぎ。

 昨日の予定は台無しになってしまいましたが、なんとか復旧していただきました。原因はブースターがダメになっていたためだそうです。

 うーん。ちょっとトラブルが多いので、ケーブルテレビのネット電話というのも考え物かなあ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

尾瀬~桧枝岐 2013

 1日、桧枝岐に泊まったのが良かったです。

尾瀬関係の記事

 尾瀬に行きました!その1
 尾瀬に行きました!その2 鳩待峠へのバス
 尾瀬に行きました!その3 水がきれい!
 尾瀬に行きました! その4 紅葉はじめ
 尾瀬へ行きました!その5 赤い実
 尾瀬に行きました!その6 山の鼻
 尾瀬に行きました!その7赤い湿原
 尾瀬に行きました!その8 赤い池塘
 尾瀬に行きました!その10 鴨が飛ぶ
 尾瀬に行きました!その11逆燧もどき
 尾瀬に行きました!その12見晴へ
 尾瀬に行きました!その13燧ケ岳へ
 尾瀬に行きました!その14 下山
 尾瀬に行きました!その15 桧枝岐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

記事数が2500に達しました!

 本ブログの記事数が2500に達しました!

 最近は、週1回位のペースでインデックスカテゴリを作っていますので、正味の記事の内容自体としては、本当は少なくなっているのかもしれませんが。それも含めると、「ほぼ日」(ほぼ毎日)の更新になっています。

 2000記事と2500記事の間に、ブログ開設10周年になりました。

 今年になってからでしょうか。今まで、いい加減にしかやっていなかったインターポットのポチキラ返しを回るようになって、ありがたいことに、ブログを訪れていただける方もいらっしゃるようです。多少ですが、アクセスも増えた感じもします。

 最近は、街歩き(街カテゴリ)の記事も増えてきました。

 今後はどんな記事を書いていくことになるでしょうか。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~

Img_0547

 もんじゃストリートから佃仲通り、佃大通りを経て少し行ったところにある路地です。

 こんなところに地蔵尊?という感じで、正直入っていいのかなあという気がしました。

 でもお地蔵様というと、旧家の敷地の一部に設置されていたりすることもありますね。

 地域の方の信仰を得ていたりするのでしょうが。

 ここはそのレベルからすると立派なような気もします。

 江戸時代より子どもたちを水難から守ってきたと言われているそうです。

地蔵菩薩は、釈迦の入滅後、56億7000万年後に弥勒菩薩が出現するまでの間、衆生を救う菩薩だそうで、菩薩というのは、如来に次ぐ仏だそうですけれども、「一斉衆生済度の請願を果たさずば、我、菩薩界に戻らじ」との決意でその地位を退し、六道を自らの足で行脚して、救われない衆生、親より先に世を去った幼い子供の魂を救って旅を続けているとのこと。

Img_0546  なんせ、慌てて撮ったのと、IPADなんで、カメラとは勝手が違うこともあり、ろくに撮れていませんけれども、先にある黒い平な石のようなものにお地蔵様が彫られているとの由。

 手前の木は樹齢300年近くあるそうです。

 こんな風に写真を撮って良いのかあとも思いましたが、慈悲溢れるお地蔵様にとっては小さいこととお許しいただけないかと。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~

photo

 ようやく10月まで記事が追いついて来ました。

 もんじゃ焼きというと、駄菓子屋でのおやつですかね。確かに私が子どもの頃にも、駄菓子屋でそういったものを出している店もありました。でも、私は、その店では、チキンラーメンのようなものを食べさせていて、どちらかというとそちらの方が好きだった気がします。

 大人になってから、お好み焼きに行く際に、頼むというイメージかなあ。

photo  月島はもんじゃが名物ということで、もんじゃ屋が店を連ねる月島もんじゃストリート。さすがに圧巻ですが、腰を落ち着けて食べないと意味がないですよね。しかし、もんじゃストリートの月島駅側には、振興会のショップがあり、お土産用のものなども売っているようです。

 この日は午前中だったので、まだ閉まっていましたが。

月島から築地まで歩きました!記事一覧

 月島から築地まで歩きました!
 月島もんじゃストリート ~月島から築地まで歩きました!その2~
 佃天台地蔵尊 ~月島から築地まで歩きました!その3~
 於咲波除稲荷神社 ~月島から築地まで歩きました!その4~
 つくだこはしの風景 ~月島から築地まで歩きました!その5~
 佃 住吉神社 ~月島から築地まで歩きました!その6~
 佃島渡船場跡 ~月島から築地まで歩きました!その7~
 佃島の佃煮 ~月島から築地まで歩きました!その8~
 佃大橋からの眺め ~月島から築地まで歩きました!その9~
 隅田川テラス ~月島から築地まで歩きました!その10~
 勝鬨橋 ~月島から築地まで歩きました!その11~
 築地へ ~月島から築地へ歩きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

諏訪の茶屋 ~皇居東御苑にまた行きました!その4~

写真

 この日は、研修前の1時間ばかりの間に回っただけでしたので、ほとんど良い写真が撮れませんでした。ですので、これが最後の記事になります。

 この諏訪の茶屋は、二の丸庭園の中にある茶屋です。

 当初、江戸時代には吹上御殿の付近にあったそうですが、明治45年に再建され、その後、東御苑の整備にあたり、移築されたとのこと。

photo  庭園の中に、ひときわ存在感のある建物です。

皇居東御苑にまた行きました記事一覧

 北桔橋門 ~皇居東御苑にまた行きましたその1~
 大奥跡 ~皇居東御苑にまた行きました!その2~
 展望台 ~皇居東御苑にまた行きました!その3~

昨年の記事はコチラ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

展望台 ~皇居東御苑にまた行きました!その3~

Imgp4098

 本丸の広場の中ほどに本丸休憩所があるのですが、その裏手から大手町方面に昇れるようになっています。そこが展望台になっています。

 こちらからは写真のように大手町のビル群が見渡せるのですが、ここには以前は台所前三重櫓というのが建っていたとのことです。その櫓も文久三年の火災で焼け落ちたそうです。

 文久3年というと、馬関戦争、薩英戦争と、幕末もいよいよの時期です。新撰組の芹沢鴨が近藤勇たちに暗殺されたのもこの年。そんな時に本丸が焼け落ちたというのは、幕府の将来を象徴するような出来事だった気もします。

皇居東御苑にまた行きました記事一覧

 北桔橋門 ~皇居東御苑にまた行きましたその1~
 大奥跡 ~皇居東御苑にまた行きました!その2~

昨年の記事はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

大奥跡 ~皇居東御苑にまた行きました!その2~

Imgp4096

 風邪が治りません。 そのため記事の更新が滞ってます。

 昨日、マヌカハニーを買ってきました。前にも買ったのですが、効果があったようななかったような。溺れる者はというやつでしょうか。

 それはさておき、東御苑の続きです。

 天守から本丸跡の大芝生のところを回り込んだところにある、大奥跡の看板。

 本丸の大芝生のところは、本当にただの広場ですので、大奥と言っても単なる位置を示すものだけなのですね。

 本丸は文久3年の火災で焼失したらしいのですが、その火災に関する記事などがネットなどではうまく探せませんでした。なんか良い本とかはないかなあ。

皇居東御苑にまた行きました記事一覧

北桔橋門 ~皇居東御苑にまた行きましたその1~

昨年の記事はコチラ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

杉の木陰のみち

 夏の暑い時期でしたねえ。Q7のデビューの山行でもありました。

杉の木陰 記事一覧

 杉の木陰のみちに行きました その1 御嶽はめちゃ混み
 杉の木陰のみちに行きました!その2
 杉の木陰のみちに行きました!その3
 杉の木陰のみちに行きました!その4 御岳山参拝
 杉の木陰のみちに行きました!その5 日の出山
 杉の木陰のみちに行きました!その6下山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

鍾乳洞と滝のみち

 なつかしの、天狗岩、つづら岩などがあるコースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

相模湖から小仏(2013)

 足のケガ後のリハビリ山行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

房総への旅2013

 今は無き南房パラダイスに行った時ですね。セグウェイに乗れなかったのが残念だったなあ。

房総への旅記事一覧

 房総への旅その1 出発
 房総への旅その2 海ほたる
 房総への旅その3 木更津アウトレット
 房総への旅 その4 かもめ食堂
 房総への旅 その5 勝浦への道
 房総への旅 その6 おーぼんあくいゆ
 房総への旅 その7 南房パラダイス
 房総への旅 その8 野鳥の森
 房総への旅 その9 安房自然村
 房総への旅 その10 帰路

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

北桔橋門 ~皇居東御苑にまた行きました! その1~

諏訪の茶屋 ~皇居東御苑にまた行きました!その4~

Imgp4095

 実は、このとき、東御苑に行った内容は、前の記事シリーズ(東京駅周辺を歩きました!)と 同じシリーズにしようかと思っていたのですが、別にすることにしました。

 日にち的には、「東京駅周辺~」の翌日のことです。

 研修の前に、前回行って見てないところも見ておこうと、北桔橋門(きたはねばしもん)から入りました。

 江戸城には、もう一つ西桔橋というのがあるのですが、皇居内にあるとのこと。

 昨年、東御苑を訪れたときは、12月でしたが今回は10月。

 この季節は、ある意味、紅葉でもない微妙な時期ともいえるでしょう。

 昔は、桔橋は跳ね上げられていたそうで、必要があるときのみ下げられたとのこと。

 上がった姿も見てみたかったですが。

皇居東御苑にまた行きました記事一覧

 北桔橋門 ~皇居東御苑にまた行きましたその1~
 大奥跡 ~皇居東御苑にまた行きました!その2~
 展望台 ~皇居東御苑にまた行きました!その3~
 諏訪の茶屋 ~皇居東御苑にまた行きました!その4~

昨年の記事はコチラ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

銀座発祥の地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その7~

写真

 このところ、風邪のため余裕がなく、込み入った記事がかけなくて、風邪の症状ルポのようになっていました。まだ回復していないのですが、 なんとか続きを書きたいと思います。

 慶長十七年(紀元二二七二年西暦一六一二年)徳川幕府此の地に銀貨幣鋳造の銀座役所を設置す当時町名を新両替町と称せしも通称を銀座町と呼称せられ明治二年遂に銀座を町名とすることに公示さる

 昭和三十年四月一日建立

 銀座通聯合会

 銀座は、銀座役所とありますが、実際には特許を受けた町人たちに発行させていたとのこと。だから「座」なんですね。

 他にも金座というのもあり、今でも日本銀行本店近くには、金座通りというのがあるとか。

 これを過ぎると、松屋はすぐ先。オリーブマーケットで買い物をし、地下道を通って大手町まで行ったのは、「東京駅周辺の地下街」に書いたとおりです。

 翌日は、いよいよ研修の日です。

東京駅周辺を歩きました!記事一覧

 東京駅周辺を歩きました!その1 和田倉橋
 東京銀行協会ビルヂング ~東京駅周辺を歩きました!その2~
 行幸通り ~東京駅周辺を歩きました!その3~
 三菱一号館美術館 ~東京駅周辺を歩きました!その4~
 丸ビルのリーフデ号 ~東京駅周辺を歩きました!その5~
 江戸歌舞伎発祥之地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その6~
 銀座発祥の地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その7~
 (番外)、東京駅周辺の地下街

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

喉あたりを温めると少し楽になるようです。

 昨晩及び午前中は、咳もでてひどい状況でしたが、喉あたりをホッカイロで温めるといくらか良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

ようやく医者に行けました。

仕事がドタバタのため通院出来ずようやく医者に行けました。明日明後日で治らないかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

喉がやられて声が出ない!

咳も出るようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

風邪?でダウン

昨日38度以上の熱が出てダウン。咳とかはあまり出てないのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

江戸歌舞伎発祥之地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その6~

Imgp4084

 ここまで来て、松屋のオリーブマーケット に行こうと思い立ちました。旧郵便局のkitteを脇に見ながら、東京駅からガードを過ぎ、銀座方面に向かいます。

 京橋のところまで来て見つけたのが、この碑。

 江戸歌舞伎は、寛永元年(西暦1624年皇紀2284年)に猿若座(のちの中村座)の猿若勘三郎が中橋南地(現在の京橋一丁目周辺)でやぐらを上げたのが始まりだそうで、この碑は昭和37年に設置されています。

 京橋は、日本橋から京に向かって最初にかかる橋だから京橋と名付けられたとかそうでないとか。

 京橋川にかかる橋ですが、現在では、高速道路の下にあるため、橋らしくない雰囲気であることは日本橋も同じことかも。

 松屋を目指し、さらに足を進めます。

東京駅周辺を歩きました!記事一覧

 東京駅周辺を歩きました!その1 和田倉橋
 東京銀行協会ビルヂング ~東京駅周辺を歩きました!その2~
 行幸通り ~東京駅周辺を歩きました!その3~
 三菱一号館美術館 ~東京駅周辺を歩きました!その4~
 丸ビルのリーフデ号 ~東京駅周辺を歩きました!その5~
 江戸歌舞伎発祥之地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その6~
 銀座発祥の地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その7~
 (番外)、東京駅周辺の地下街

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

丸ビルのリーフデ号 ~東京駅周辺を歩きました!その5~

Imgp4082

 丸ビルの脇にあるリーフデ号の彫刻。リーフデ号とは、慶長5年(西暦1600年 皇紀2260年)に漂着したオランダ船で、ウィリアム アダムス(三浦按針)等が乗船していました。

 この彫刻は、1980年(昭和55年)にオランダ首相ファンアフト氏が来日した際、オランダ政府から寄贈されたものとの由。

 この船にオランダの航海士ヤン・ヨーステン・ファン・ローデンスタインが乗船していました。

 彼はその後、家康に取り立てられ、江戸城の内堀内に屋敷を貰ったとのこと。彼の名「耶楊子」(やよす)が後の八重洲となったとのことです。

 でも何故丸ビル脇に?実は、彼の屋敷があったのは、このあたりとのこと。

 東京駅の皇居側は丸の内、日本橋側は、八重洲という呼び方は定着していますが、実はという話でした。

東京駅周辺を歩きました!記事一覧

 東京駅周辺を歩きました!その1 和田倉橋
 東京銀行協会ビルヂング ~東京駅周辺を歩きました!その2~
 行幸通り ~東京駅周辺を歩きました!その3~
 三菱一号館美術館 ~東京駅周辺を歩きました!その4~
 丸ビルのリーフデ号 ~東京駅周辺を歩きました!その5~
 江戸歌舞伎発祥之地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その6~
 銀座発祥の地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その7~
 (番外)、東京駅周辺の地下街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

三菱一号館美術館 ~東京駅周辺を歩きました!その4~

photo

 なんだか、東京銀行協会ビルヂングに雰囲気が似ているような気もするのですが、これは、2009年に三菱地所が作った建物です。

 三菱一号館とは、1894年(明治27年 皇紀2554年)に丸の内に建築された日本初のオフィスビルですが、 1968年(昭和43年 皇紀2628年)に解体されています。

 その解体の経緯がなかなかなのですが、それはさておき、この建物自体は、レプリカとして再建されたものです。三菱地所を見に行こうなどと、CMを打っているから?

 建物としてはその名の通り美術館として使われているようです。

 さて、旧三菱一号館は、ジョサイア・コンドルの設計によるものとの由。1960年代には、研究者の間では、日本銀行本店、旧赤坂離宮(迎賓館)と並ぶ「明治の三大建築物」に挙げられていたそうです。

 1967年(昭和42年)9月に当時の文化財保護委員会は、三菱地所に対し文化財指定の申し入れを行い、三菱地所は無断で取り壊すことはしない旨を示したため、文化財指定は見送られたそうです。しかし、半年後の3月21日に解体工事を開始する旨を一方的に文化財保護委員会に通告。翌日の夜間、足場を設置し、土曜日である3月23日に解体工事を開始。その後、建築学会なども交え協議が行われたが、解体部材もすべて廃棄されたとのこと。

 うーん。ここら辺の経緯は、wikipedeaがソースなのですが、事実とすれば、だまし討ちは良くないですよね。

 では、この美術館が設立された経緯です。三菱地所は、2004年に「三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画」を発表。その一環として、このレプリカ再建が計画されたとのことです。歴史的建造物としての容積率ボーナス等も期待されていたらしいのですが、さすがにそれは認められなかったようです。問題なのは、その際、取り壊された「丸の内八重洲ビルヂング」。こちらは昭和初期の歴史的建造物。それを解体して、レプリカを作るということで、物議を醸しだしたようです。

 まあ、一環して、歴史的建造物よりも、資産の最大活用を目指すという姿勢だなとの印象がありますね。街は建築家の作品展示場ではないという立場からは、うなずけなくもありませんが、都合のいいところをつまみ食いしているような印象も受けてしまいます。

 資産活用というのは聞こえはいいのですが、現在の資産所有者は、社会に対して何か貢献しているのでしょうか。明治維新の混乱期に土地を大量取得したことを契機として、それが将来にわたって利益を生み続けるという構図は、まさに持てるものがさらに富むという構図です。

 それに対する措置としては、固定資産税がありますが、あくまでフロー程度の話。本来は資産の元本に影響するくらいの課税がないと公平な社会は実現できません。元本への課税なんていうと、建築物は維持できなくなってしまうじゃないかというところで、出てくるのが、歴史的建築物保全も含めた社会的要請へ貢献するという役割でしょう。

 社会への貢献というのが何かというのは、非常に難しいんですけどね。現実には、そういうことがあるからこそ、巨大資産の保有(占有というべきかも)が容認されるというべきなのでは。

 まあ、歴史的建築物の保全より、再開発による新たな価値の提供こそが社会への貢献だという理屈もあるんでしょうけどね。

 巨大資産の「正当な」権利行使とは何かということを考えさせられる建物です。

東京駅周辺を歩きました!記事一覧

 東京駅周辺を歩きました!その1 和田倉橋
 東京銀行協会ビルヂング ~東京駅周辺を歩きました!その2~
 行幸通り ~東京駅周辺を歩きました!その3~
 三菱一号館美術館 ~東京駅周辺を歩きました!その4~
 丸ビルのリーフデ号 ~東京駅周辺を歩きました!その5~
 江戸歌舞伎発祥之地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その6~
 銀座発祥の地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その7~
 (番外)、東京駅周辺の地下街

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

行幸通り ~東京駅周辺を歩きました!その3~

photo

 写真は、行幸通りから撮った東京駅です。

 行幸通りとは、天皇陛下が行幸される際に使われるよう、 皇居から東京駅までまっすぐ伸びた道で、外国の大使などが赴任される際に行われる信任状捧呈式のときも、使用されます。

 普段は、歩道として開放されています。

 信任状捧呈式の際は、馬車もしくは自動車を選べることになっているそうですが、ほとんどの大使が馬車を選ぶとか。

写真 石畳の外側に車道があるのですが、そこは保水性舗装になっているそうです。そのほか散水の仕組みなど、様々な点で工夫がなされているようです。

 格式と最新の技術が調和する日本を代表する道です。

東京駅周辺を歩きました!記事一覧

 東京駅周辺を歩きました!その1 和田倉橋
 東京銀行協会ビルヂング ~東京駅周辺を歩きました!その2~
 行幸通り ~東京駅周辺を歩きました!その3~
 三菱一号館美術館 ~東京駅周辺を歩きました!その4~
 丸ビルのリーフデ号 ~東京駅周辺を歩きました!その5~
 江戸歌舞伎発祥之地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その6~
 銀座発祥の地碑 ~東京駅周辺を歩きました!その7~
 (番外)、東京駅周辺の地下街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

2013 仙台からの月山行き

 この年は、仙台から月山に行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

瑞穂黒松剣菱

Imgp4211

 剣菱というと、地酒のイメージがあったのですが、実は灘酒なんですね。あまり大手酒造メーカーのように、テレビCMをやっているような感じでもなかったせいでしょうか。

 昔から、辛めの酒として飲まれていた記憶があります。

 これも、甘さの中に辛味ありという感じでした。

 これを飲み干したのが、11月11日。10本セットが当たったのが6月末ですから、5ケ月近く楽しめたということ。

 日本酒フェア様様です。

日本酒セット関連の記事一覧

 日本酒10本セットが当たりました!
 日本酒10本セットを飲みました!
 千の福
 十右衛門
 義左衛門
 菊美人
 花垣
 霞の里 純米酒
 蘭玉 純吟
 山廃 純米吟醸 末廣
 国稀
 瑞穂黒松剣菱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »