« 東京駅 ~皇居東御苑に行きました!その22~ | トップページ | お伝い橋 ~浜離宮に行きました!その2~ »

2016年2月28日 (日)

浜離宮に行きました! 300年の松

,Imgp3247

 正月に浜離宮に行きました!年寄りが一緒だったので、全部回るわけには行きませんでしたが。

 写真は遠景すぎて、わかりにくいのですが、「300年の松」です。下の山のようになっているのがそうですね。

 この松は、宝永6年(西暦1709年皇紀2366年)に6代将軍家宣がこの庭園を改修したときに植えられたものと伝わっているそうです。

 宝永6年というのは、家宣が将軍となった年。家宣の前は、悪名高い「生類憐みの令」の将軍 綱吉。綱吉の死後10日後で「生類憐みの令」は廃止となったそうですので、いかに迷惑な法律だったか。

 どうも、近年の欧米系の、テロリストや海賊と見紛うような、動物愛護団体や映画づくりの人間を思うと、綱吉と同じように「大切なもの」を忘れているような気がしてなりません。

 それはさておき、この宝永年間というのは、大変な時期だったようで。宝永というと思い出すのが富士の宝永火口。そのほか、浅間山、阿蘇山、桜島など数々の火山が噴火していたようです。そんな時期でもあって綱吉の治世は悪い印象があるのかもしれません。

 そんな時代から300年。最近も火山が騒がしいような・・・。

浜離宮の記事

 浜離宮に行きました! 300年の松
 お伝い橋 ~浜離宮に行きました!その2~
 中島のお茶屋 ~浜離宮に行きました!その3~
 雪吊り ~浜離宮に行きました!その4~
 池に映えるビル ~浜離宮に行きました!その5~

|

« 東京駅 ~皇居東御苑に行きました!その22~ | トップページ | お伝い橋 ~浜離宮に行きました!その2~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/63273528

この記事へのトラックバック一覧です: 浜離宮に行きました! 300年の松:

« 東京駅 ~皇居東御苑に行きました!その22~ | トップページ | お伝い橋 ~浜離宮に行きました!その2~ »