« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

Windows10アップグレードできず

 ノートパソコンのOSがWindows7のため、10にアップグレードしようとしたら、ディスプレイの互換性がないということで、アップグレードできませんでした。

 ふーん。そんなこともあるのか。どうしてもしたいという訳ではないので、すごくがっかりということはないが。

 ディスプレイが影響するとなると、結構、ダメなのも多いんじゃあないかあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

皇居東御苑に行ってきました!その1 大手門

Imgp3107

 11月と12月は、仕事やらなんやらで、出かけることがほとんどなかったので、ネタが尽きてしまいました。

 とはいえ、まだあります。12月に午後なんとか休みを取って、皇居東御苑へ行ってきました。

 天気も見てのとおり、今一つで、かつ時間も短かったのですが、はじめての場所でしたので、参考になりました。

 写真は、大手門です。江戸城の正門であり、諸大名はこちらから登城したとのことです。人が歩いているあたりは、かつては大手門橋でしたが、大正7年に埋め立てられたそうです。

 手前の小さな門が高麗門。高麗門を入ったところが広場になっており、そこを右に曲がって渡櫓門があります。広場のことを桝形といいます。

 高麗門を打ち破って、敵が侵入しても、桝形で殲滅する仕組みですね。門や石垣から狙い撃ちという仕組みです。

 江戸城は実際に攻められたことはないのでしょうが、会津若松城での会津戦では有効に機能したとか。。

 ここのように城の外側にあるのが、外桝形、城の内側にあるのが内桝形というそうです。

皇居東御苑の記事

 皇居東御苑に行ってきました!その1 大手門
 渡櫓門の鯱 ~皇居東御苑に行きました!その2~
 同心番所 ~皇居東御苑に行きました!その3~
 百人番所 ~皇居東御苑に行きました!その4~
 切り込みはぎ ~皇居東御苑に行きました!その5~
 大番所 ~皇居東御苑に行きました!その6~
 中雀門跡 ~皇居東御苑へ行きました!その7~
 本丸跡 ~皇居東御苑に行きました!その8~
 富士見櫓 ~皇居東御苑に行きました!その9~
 松の大廊下跡 ~皇居東御苑に行きました!その10~
 富士見多聞 ~皇居東御苑に行きました!その11~
 石室 ~皇居東御苑に行きました!その12~
 竹林 ~皇居東御苑に行きました!その13~
 天守台 ~皇居東御苑に行きました!その14~
 金明水 ~皇居東御苑に行きました!その15~
 桃華楽堂 ~皇居東御苑に行きました!その16~
 汐見坂 ~皇居東御苑に行きました!その17~
 二の丸雑木林 ~皇居東御苑に行きました!その18~
 平川門 ~皇居東御苑に行きました!その19~
 震災いちょう ~皇居東御苑に行きました!その20~
 和気清麻呂像 ~皇居東御苑に行きました!その21~
 東京駅 ~皇居東御苑に行きました!その22~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

ライトスパッツセミロングを買いました!

Imgp3242

 これも、ラップランドブーツと一緒に買いました。

 ショートスパッツだと心もとないですが、かといってロングスパッツだと大げさな感じがします。

 こういった目的にあった装備が売られるようになるのは、良いことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

モンベル ラップランドブーツを買いました!

Imgp3241

 「買いました!」と言っても、最近ではなく、「蓼科山に行きました!」の前の話なのですが。

 万が一の雪を想定して、ハイカットのブーツを買うことにしたのですが、雪が降ればさっさと下山するわけですので、雪山のような大げさなものは必要とは思えません。

 なので、ライトハイキング用のものにしました。

 私は、普段はローカットのものが好きで、あまりハイカットのブーツを履きません。

 今回買ったものは、ゴアテックスブーティではなく、ひとつ下のクラスのものだそうです。

 ソールの底の部分は、貼りつけてしまうので、いらないだろうとの理屈です。

 まあ確かに。でも水につかるようなところをしばらく歩くと水圧で滲みることもあるような気も。

 でも最近のようなハイキングではほぼそういう状況はないでしょう。

 以前、東京で雪が降ったときに長靴代わりに登山靴を入っていったことがあるのですが、それよりはこちらの方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

残ったサフランの球根を植えました!

Imgp3234

 気が付いたら、またもや残ったサフランの球根の芽が出ていました。

 他の球根も花が咲いていないですし、これまでの球根より小さい球根ですから、おそらく花も咲かないでしょうが、このまま伸びて、ダメになるだけというのもかわいそうなので、植えてやることにしました。

 鉢底石をネットに入れ、その上にダンボールコンポストで作った堆肥を数㎝入れます。

Imgp3237  その上に、大粒の赤玉土を入れつつ、さらに再生している大粒土、小粒土と入れ、球根をセットしたのが上の写真。

 その後、赤玉土を入れ更に大粒土、小粒土で、鉢面を整えたのが、下の写真。

 赤玉土より、再生している大粒土の方が細かい粒のものが混ざっているので、いい感じです。(次の記事へ

2015サフラン関係の記事

 ハンギングプランターにサフランを植えるための土を仕込みました!
 サフランの球根を植えました!
 サフランの球根を2つ植えました!
 サフラン発芽したようです
 やっぱりサフランは発芽していました!
 二つ目のサフランの鉢も発芽し始めました!
 サフランにもう一つ芽が出ました!
 サフランをもう2つ植えました!
 3つ目の鉢のサフランがひとつ発芽しました!
 サフランの搔き芽?をしました!
 残ったサフランの球根を植えました!
 先日、植えたサフランの葉が出てきました!
 最後に植えたサフランの鉢に増土しました!
 サフランを堀り上げようとしましたが・・・

 2014年の記事はコチラから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

下山 ~蓼科山に行きました!その15~

Imgp3069

 坪庭を通ってロープウェイ駅へ急ぎます。

 坪庭は、散策の人たちも多く、観光地の雰囲気。

 バスの時間が本数が限られているので、先を急ぎました。

 バスは、通常のものと、ラウンドバスのものがあり、先にきたラウンドバスの便で帰りました。正解だったようです。

 冬に近づく中、山への向き合い方を考えさせられる山行でした。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

 

コースタイム

10月24日 親湯入口 11:06,親湯 11:27,幸徳平 14:45,蓼科山 16:34

10月25日 蓼科山頂ヒュッテ 8:00,前掛山分岐 8:52,大河原峠 9:52,双子山 10:27,双子池 11:04,亀甲池 12:24,北横岳 13:48,山頂駅 14:52

概念図

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~

Imgp3063_2

 亀甲池を過ぎると登りになります。 つづらの登りを嫌になるくらい登るとそのうち道が明るくなってきます。

 あともう少しと自分に言い聞かせながら登って、北横岳到着。

 風が強く、あまり快適という感じではありません。

 写真を撮って先を急ぎます。

 山頂にあった道標では、大岳からの道は難路と記載されていました。

 行程を変えたのは、正解だったようです。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~

Imgp3061

 亀甲池に向かって歩き出すと雌池のそばに例の親子が。小屋のそばに4WD車が止まっていたので、小屋の関係者なのかなとも思ったのです、まだ先に進むつもりなのでしょうか。

 子どもがぐずったりして動けなくなったら、危ないですね。

 暗くなったりしたら、一巻の終わりと仲間に話したら、「我々もだよな」というメンバーが。あれま。一応、ヘッドランプ標準で、ツェルト、レスキューシートも準備しているのですが。

 ビバーク経験がないと、自信が持てないとの証左なのか。そもそもビバークを想定できない準備は山行計画のうちに入らないような気もするのですが。

 タイミングを見てそういう話もしないといけないなあと思いました。

 亀甲池自体は、写真のようなやや干上がった感じの池でした。双子池の美しさとは対照的です。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

双子池 ~蓼科山に行きました!その12~

Imgp3057

 双子池の小屋には、宿泊客以外の水の補給はお断りの看板がありました。

 大河原峠でも補給ができないので、大丈夫かなとおもいつつ、キャンプサイトがあるのだから、水場があるのではないかと探してみます。

 しかし、見当たらず。そんなこんなをしている間に時間が経ってしまい、当初予定していた大岳経由では、間に合わないのではないかとの話になり、亀甲池経由で行くことにしました。

 あとで、計算しなおしてみたら、計画書の誤りが10分ほど。計画からの遅れが、一時間ほどでしたから、行程の遅れが大きかったことになります。

 水源については、写真の雄池から直接汲むようですね。しかし、流水でない水源はちょっという気もしますが。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~

Imgp3055

 大河原峠を抜け、双子山に出ます。

 双子山付近は、樹林がなく、風が吹きっさらしの状況です。

 そこに居たのが、小さなな女の子と若い母親の二人連れ。

 写真で見ると暖かな感じではありますが、結構、寒い風が吹いており、寒くないのかなという感じです。

 タウン用の服装であり、ザックも小さなものです。

 大河原峠までは、車道がありますから、安易にくることができるのですが、そこから先はどうかなという印象でした。

 双子山は2223m。

あたりの眺望もかなり良いところです。

Imgp3056 蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

人参を2本収穫しました!

Imgp3231

 妻曰く、マンドラゴラみたい。

 昨年のものよりは、ましですが、やはり小さいですね。

 形が悪いのは、植えてから日数が経ちすぎているからでしょう。

 あともう一株ありますが、あんまり期待できないかな。

人参関係の記事

 残った人参の種を蒔いてみました!
 人参の発芽か?
 人参の芽の様子
 人参わさわさ
 人参を収穫してみました!
 人参を2本収穫しました!
 最後の人参は齧られたようなことになっていました!

2014年の記事はコチラから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

小松菜を収穫しました。

Imgp3230

 収穫というか、水を上げてたら抜けてしまったので、合わせて2つを収穫することにしたものです

 前日、飲んでいたので、食欲がなく、朝食をキムチ雑炊にしたので、その中に入れて、食べてしまいました。

 食べるときはあっという間ですね。

 まだ、2~3つ芽が残っています。

2015秋 小松菜関係の記事

 小松菜の種を蒔きました!
 小松菜発芽しました!
 小松菜を収穫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

出発 ~蓼科山に行きました!その10~

Imgp3045

 蓼科山頂ヒュッテの2階からは、南八ツがよく見えます。朝食後、一番最後に近い形で、出発。我々は、どうも朝が弱いようです。

 石に霜が降りているような状態のため、歩くスピードがあがりません。

 予定している時間よりだんだん遅れます。

 将軍平から大河原峠を目指します。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~

Imgp3012

 翌朝、日の出を見に行った際の写真です。山頂の石にも、エビノシッポが張り付いていたりして、冬だなというのが感じられます。

 10月に書いた「山は日が暮れると気温が下がります。軽装に注意!」に載せた写真もこのとき撮ったものです。

 その記事を書いた理由は、後述。

 天気は上々。日の出日和です。

Imgp3026_2  日の出が出る瞬間です。

 この日は、いつも寝ている相方たちも起きてきました。

 せっかく頂上にいるのですから、できれば日の出を見た方が良いですね。

 そのせいか、結構人が出ていて、賑やかな感じでした。

 朝の支度をする小屋を朝日が照らします。

Imgp3034 蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~

Imgp3003

 この日は蓼科山頂ヒュッテに泊まりました。

 山頂の日の出等を見るなら、こちらは最高ですね。ロケーションが。

 写真は、夕食です。

 徳本峠山荘のように水は有料ですよとは書いていなかったのですが、つい遠慮して水の補給もしませんでした。

 何せどう見ても水は天水だけですものね。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~

Imgp2986

 頂上にいる間に日の入りが迫ってきました。

 祠の近くを日の光が通っています。

 暗くなるにつれ、気温が下がっていくのもわかります。

 さすがは独立峰。

 風は強く吹いています。

Imgp2989_2 夕日が沈む様が美しかったです。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

サフランの搔き芽?をしました!

Imgp3221

 サフランの花が咲きません。球根が小さいと咲かない年もあると聞きました。

 仕方がないので、搔き芽をすることにしました。

 この鉢の手前には2つばかり小さな芽があります。

 芽の数分だけ、分球してしまうので、芽を取ってしまうと良いらしいのですが、掘り起こすのもなんなので、今回は芽を切ってしまうことにしました。

Imgp3222  こちらの鉢では、大き目の株の奥に2つ、小さな方の周りに2つあります。

 これも切ってしまいます。

 なお、土が少しでも多い方が良いかなということで、芽の根元の薄皮のようなところくらいまで、増土をすることにしました。

 小粒土を使います。

Imgp3223  こちらは、既に増土をした状態のものです。

 増土は、現在、ゴーヤに使っていたものを再生作業中なのですが、ふるいにかけたものをそのまま使ってしまいました。

 ホントは、消毒してからのほうが良いのだけど。

 寒くなると、屋外で作業するのも億劫になるので、なかなか再生が進みません。

Imgp3224  増土して、手前の芽を切ったあとの写真がこれ。

 本当は、この密集したものも芽を少しにした方が良いのかもしれませんが。

 やはり、踏み切れませんでした。

 なんか、寄せ合って育っている感じがするもので。

 間引いてしまうのが気の毒な気がするんですよね。

Imgp3225  もう一つの鉢がこちら。

 今後はどうなるでしょうかねー。(次の記事へ

2015サフラン関係の記事

 ハンギングプランターにサフランを植えるための土を仕込みました!
 サフランの球根を植えました!
 サフランの球根を2つ植えました!
 サフラン発芽したようです
 やっぱりサフランは発芽していました!
 二つ目のサフランの鉢も発芽し始めました!
 サフランにもう一つ芽が出ました!
 サフランをもう2つ植えました!
 3つ目の鉢のサフランがひとつ発芽しました!
 サフランの搔き芽?をしました!
 残ったサフランの球根を植えました!
 先日、植えたサフランの葉が出てきました!
 最後に植えたサフランの鉢に増土しました!
 サフランを堀り上げようとしましたが・・・

 2014年の記事はコチラから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~

Imgp2981_2

 小屋に入ってから、山頂に行くことにしました。蓼科山頂は、元火山なのか、岩がごつごつしています。

 山頂は広い平野のようになっており、歩きにくい面もあります。

 蓼科山頂から、先に、祠があるというので、お参りをします。

 山頂が広いので、縁方面に行くと違う景色が見られそうです。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~

Imgp2971  女神茶屋からは、ひたすら登りです。

 当初は、森林内という感じですが、だんだん沢筋に入るようになり、気温も下がってきます。

 標高差にて800m。100mで0,6度といいますから、単純計算4.8度。体感的にはそれ以上でしたね。

 最後は、風も強く、0度近くに感じられました。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~

Imgp2963

 紅葉の親湯を後にし、蓼科方面に歩きだします。

 からまつの葉が散る中の林の中の歩行となります。

 とはいえ、この間は、別荘地。

 造成により、道が全然変わっているようで、地図との整合性が怪しいのなんの。

 とはいえ、一本道のようですので、一時間ばかり歩くと女神茶屋につきます。

Imgp2965  私の持っていた地図では、女神茶屋には水マークがついていたのですが、見るからに普通の食堂。

 水の補給が得られません。

 まあ後2時間半なんとかなるか?

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~

Imgp2962

 親湯(しんゆ)の近くにある薬師如来堂です。

 昔々、村に蓼科山から降りてきたいう不思議な男がいました。

 男が作る農作物は不思議に実り、掘る井戸はこんこんと水が湧き出ました。

 男が村に来て2年目の夏に旱魃や疫病がありました。

 男は、村を出て雨乞いをすることになり、3日後には雨が降り出しました。そうして雨があがってみると男の姿は消えていたのです。

 その後は、農作物も実り、疫病も消え去りました。

 村人は、男が祈った一枚岩の上に薬師如来堂を建立したとのことです。

 この話は、如来堂のすぐそばにあった看板に書いてあったものです。親湯のホテルのホームページには、もっと詳しい話が載っています。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~

Imgp2958

 どうも、長野、山梨というと、信玄公という印象がありますが、ここにも出てきました。

 友人の持っていた地図だと載っていたのですが、私の持っている地図では載っていませんでしたが。

 最近の山岳地図は書き込みがすごいですね。古いものより情報が多いので、できれば買いなおすことにしています。

 棒道の名の通り、直線的なので、なかなか良さそうでしたが、つい親湯の方に行ってしまいました。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

冬の桜

151205_140501_2 土曜日に足立区の綾瀬に行ったら、桜が咲いていました。

 なんという品種なのでしょうか。

 ネットで見たら、冬桜と言って年に2回咲くような品種もあるようです。

 そこの桜並木は、いくつかの木で咲いていました。

 満開というほどではありませんでしたが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

トマ・ピケティの新資本論を読みました!

 「21世紀の資本」とは趣の違った、新聞のコラムを集めた本です。

 「新資本論」などというと、なんかものすごい大著に聞こえますけどね。

 でも、ヨーロッパの実情がわかり、面白かったです。

 グローバルとか言う方々も、どうも、視線はアングロサクソン系しか見ていないように感じることは多いものです。

 ヨーロッパ諸国も欧米でしかありませんが、それでも、アングロサクソンのみを「グローバル」と称する狭い視野ではいたくないものです。

 21世紀の資本でも、諸国が協調した累進的資産税が提唱されていました。諸国が協調したの部分は、通貨が共通で、財政は各国というヨーロッパ特有の事情も反映しているようです。

 それにしても、ここで記述していることを日本に当てはめると、日本の制度は本当に金持ち優遇なのだなあと思います。所得税の課税ベースが広いことくらいでしょうか。それでもキャピタルゲインの分離課税というとんでもないもの(これは税率が通常最高税率が適用されればば問題はないのですが。)ありますし。

 資産課税なんてものは、固定資産税くらいしかないですしね。

 一度、そういう視点で諸制度を整理すると面白いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

蓼科山に行きました!その1 ドタバタ

Imgp2955

 先月の末に蓼科山に行ってきました。

 このところ、仕事関係の用事が休日に入ったりでなんやかんやで、記事になるようなものがありません。

 溜まった記事もこれが最後になりそうです。

 蓼科山への山行は、直前まで一転二転。計画の中身まで入らないので、ヒヤヒヤしましたが、なんとか決まりました。

 蓼科はバスでのアプローチになりますから、バスの時間に影響を受けます。バスの回数券の購入、帰りの指定席券の指定、水の補給など、駅についてからドタバタと対応します。

 特に水の補給は最小限でした。これが後に響いてきます。

 バスで親湯入口まで。秋の紅葉が迎えてくれました。

蓼科山行の記事一覧

 蓼科山に行きました!その1 ドタバタ
 信玄棒道 ~蓼科山に行きました!その2~
 親湯の薬師如来堂 ~蓼科山に行きました!その3~
 女神茶屋へ ~蓼科山へ行きました!その4~
 蓼科山頂へ ~蓼科山へ行きました!その5~
 蓼科山頂の祠 ~蓼科山に行きました!その6~
 夕景の蓼科山頂上 ~蓼科山に行きました!その7~
 蓼科山頂ヒュッテ ~蓼科山に行きました!その8~
 朝の霧氷 ~蓼科山に行きました!その9~
 出発 ~蓼科山に行きました!その10~
 双子山にて ~蓼科山に行きました!その11~
 双子池 ~蓼科山に行きました!その12~
 亀甲池へ ~蓼科山に行きました!その13~
 北横岳へ ~蓼科山に行きました!その14~
 下山 ~蓼科山に行きました!その15~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

柿の木坂陸橋下の信号の変更で思ったこと

 先般、柿の木坂陸橋の下の目黒通りと環七の交差点の信号が変わりました。

 これまでは、環七から右折の信号が、青→右矢印だったのが、直進矢印から右矢印に変わったのです。

 直進矢印のときは、歩行者用信号が青ですので、おそらく歩行者保護の観点からこのような変更をしたのでしょう。

 しかし、副作用として、環七側が陸橋から出るくらいへの信号待ち滞留。そして目黒通りの渋滞を引き起こしているようです。

 歩行者保護も大事ですが、右折車が注意して渡れば良いのではという気もしないでもありません。というのは、この交差点は、左折車については、常時左折できるようレーンがあり、歩行者が渡るときは、左折車とは常に交差する状態。右折車だけ特別扱いというのは変です。

 そして、陸橋下の交差点のように大きな交差点では、交差点内でも2~3台の車が入ることが可能=右矢印が表示されてから、右折までに一旦交差点に進入してから安全確認する動作が不可欠なため、そこで交差点通過のための時間がかかるのです。

 そこで、右矢印信号を長くすれば、目黒通りの信号待ちが長くなり、目黒通りの渋滞が発生します。

 ある意味、ゼロサムゲームのように時間の取り合いとなる状況となってしまうのです。

 そういう状況下では、安全確保と効率的な通行があった方が良いような気がします。

 右折車がスムーズに右折できるよう、歩行者用信号が青のうちに、交差点内に進入していた方が効率的に通行できるでしょう。

 とはいえ、右折と歩行者がバッティングしてしまうのでは、今回の変更の意味がありません。

 ついては、歩行者用信号が青点滅の段階で、直進用の信号は、黄色点滅としてその後、右折矢印に切り替えたらどうでしょうか。

 黄色点滅だと、交差点進入後、歩行者と交差しますが、右折車の注意喚起としては充分では。

 道路状況にあった信号の設定が望ましい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

柿の最後の一葉が落ちました!

Imgp3098

 柿の葉が落ちてしまいました。

 先っぽに芽のようなものも見えたりしているのですが。

 これで、柿も終わりかなあ。

 アボカドもダメになっちゃったし。

 一応春まで待って、室内の植物は整理しないと。

柿関係の記事

 柿が発芽しはじめたようです!
 柿の芽の様子
 柿の種を二つに絞りました!
 柿の双葉が出始めました!
 柿の三つ葉?が開きました!
 柿の種が取れました!
 生存競争
 柿を鉢に植えました!
 柿の葉が落ちました
 柿の最後の一葉が落ちました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

島々へ ~霞沢岳へ行きました!その19~

Imgp2863

 二股からは林道歩き。ダムなどもあり、だいぶ下界っぽい雰囲気となります。

 林道脇のがけからは、それなりに落石等もありました。

 上高地でヘルメットを持っている人も結構いましたが、それもわかるような気がする。

 写真は、島々についた際にあった、獣の侵入防止柵。まさに山との境界といったところでしょうか。

 島々からは調子に乗って、新島々まで歩いてしまいました。結構あったなあ。

 新島々の近くに温泉でもと思ったのですが、めぼしいのが見当たらなかったのと、電車の時間等もあり、そのまま帰ることにしました。

 帰りのあずさは結構混んでいて、なんとかぎりぎり指定が取れた状態でした。

霞沢岳行きの記事

 霞沢岳へ行きました!その1 ~久しぶりの上高地~
 山賊定食 ~霞沢岳へ行きました!その2~
 上高地アルペンホテル ~霞沢岳へ行きました!その3~
 ウエストンレリーフ ~霞沢岳に行きました!その4~
 霞沢岳を望む ~霞沢岳に行きました!その5~
 西穂高登山口 ~霞沢岳へ行きました!その6~
 田代池にて ~霞沢岳に行きました!その7~
 大正池 ~霞沢岳へ行きました!その8~
 山行前夜 ~霞沢岳へ行きました!その9~
 明神 ~霞沢岳に行きました!その10~
 徳本峠へ ~霞沢岳へ行きました!その11~
 K1ピークへ!~霞沢岳へ行きました!その12~
 雲間の穂高連峰 ~霞沢岳に行きました!その13~
 徳本峠の朝 ~霞沢岳へ行きました!その14~
 徳本峠小屋を後に ~霞沢岳へ行きました!その15~
 ちから水 ~霞沢岳に行きました!その16~
 島々谷を行く ~霞沢岳へ行きました!その17~
 あがりこサワラ ~霞沢岳行きました!その18~
 島々へ ~霞沢岳へ行きました!その19~

コースタイム

 

9月14日

上高地 6:00,明神 6:39,徳本峠 9:02,ジャンクションピーク 10:05,P2 10:44,K1ピーク 12:16,霞沢岳 12:49,ジャンクションピーク 15:55,徳本峠 16:30,

9月15日

徳本峠小屋 7:32,ちから水 8:06,中ノ沢出合 9:49,岩魚留小屋 9:55,二股 11:48,島々 14:32,

概念図

Kasumizawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

あがりこサワラ ~霞沢岳行きました!その18~

Imgp2853

 時々、山で見るような気もするのですが、「ひときわ目を引く」と看板で解説があったので、載せました。

 多雪地帯では、こういった樹形は多いそうですが、ここら辺では珍しいようで。

 谷川岳とかでは、普通に曲がっているような樹形とかがあるような気がしたのですが、ここではそんなに雪は積もらないのですね。

霞沢岳行きの記事

 霞沢岳へ行きました!その1 ~久しぶりの上高地~
 山賊定食 ~霞沢岳へ行きました!その2~
 上高地アルペンホテル ~霞沢岳へ行きました!その3~
 ウエストンレリーフ ~霞沢岳に行きました!その4~
 霞沢岳を望む ~霞沢岳に行きました!その5~
 西穂高登山口 ~霞沢岳へ行きました!その6~
 田代池にて ~霞沢岳に行きました!その7~
 大正池 ~霞沢岳へ行きました!その8~
 山行前夜 ~霞沢岳へ行きました!その9~
 明神 ~霞沢岳に行きました!その10~
 徳本峠へ ~霞沢岳へ行きました!その11~
 K1ピークへ!~霞沢岳へ行きました!その12~
 雲間の穂高連峰 ~霞沢岳に行きました!その13~
 徳本峠の朝 ~霞沢岳へ行きました!その14~
 徳本峠小屋を後に ~霞沢岳へ行きました!その15~
 ちから水 ~霞沢岳に行きました!その16~
 島々谷を行く ~霞沢岳へ行きました!その17~
 あがりこサワラ ~霞沢岳行きました!その18~
 島々へ ~霞沢岳へ行きました!その19~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »