« 「外交官の家」前にて~横浜へ行きました!その8~ | トップページ | eモバイルの通信区間って »

2015年6月14日 (日)

キャンプ座間の炭そ菌って、感染症法上の規定は適用されるのかな?

【ワシントン共同】米西部ユタ州の陸軍研究施設が炭疽菌を誤って各地に送っていた問題で、国防総省のウォーレン報道部長は12日、神奈川県座間、相模原両市にまたがる米陸軍キャンプ座間にも2005年に誤送付されていたことを明らかにした。  09年に処分され、現在は日本国内に炭疽菌はないとしている。米国外ではこれまで英国のほか、韓国、オーストラリア、カナダに送付されたことが分かっていた。  国防総省は米疾病対策センター(CDC)と共に原因究明と再発防止策に乗り出している。

 炭そ菌は、感染症法の2種病原体に指定されているはずです。軍事基地なので、テロ対策として扱うこと自体はありうるのかなとも思いますが、米国内から基地の中までは、日本国内ですよね。

 2種病原体は、運搬について公安委員会への届け出が義務づけられていたと思うのですが、その辺はどうなるのでしょう?

<http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0708-01.pdf>

 米軍は地位協定で規定される部分もあるのでしょうから、適用になるならないの判断もあるような気がしますが、ルールはきちんと守られるようにしていただきたいものです。

|

« 「外交官の家」前にて~横浜へ行きました!その8~ | トップページ | eモバイルの通信区間って »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/61734797

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプ座間の炭そ菌って、感染症法上の規定は適用されるのかな?:

« 「外交官の家」前にて~横浜へ行きました!その8~ | トップページ | eモバイルの通信区間って »