« マツバギクが咲きました! | トップページ | キャンプ座間の炭そ菌って、感染症法上の規定は適用されるのかな? »

2015年6月13日 (土)

「外交官の家」前にて~横浜へ行きました!その8~

Imgp2184

   今回のラストを飾るのが、「外交官の家」と呼ばれる建物です。ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使など務めた外交官、内田定鎚 氏の屋敷として1910年(明治43)に渋谷南平台に建てられたものだそうです。設計は、アメリカ人建築家ガーディナー。

 建築家の藤森照信氏らが、保存を提唱したそうですが、朽ち果てて建っていたものを建物自体は横浜に縁がなかったにも関わらず、オーナーの内田氏が横浜市長選に立候補した(落選)ことがあること、外交官であることを理由に市と交渉し移築となったそうです。

 なんかアバウトな理由だなあ。

 この地、イタリア山内への移築復元は1997年(平成9)だそうです。

 今回は、写真を撮っても結構どこか忘れてしまったというのが、ありました。

 写真の中身をわかるようにするというのも大事ですね。

「横浜に行きました!」記事一覧

 横浜に行きました!その1 ヘボン博士邸跡
 フランス橋 ~横浜に行きました!その2~
 クリーニング発祥の地?~横浜に行きました!その3~
 イギリス館にて~横浜に行きました!その4~
 カトリック山手教会にて~横浜に行きました!その5~
 カトリック山手教会のマリア像~横浜に行きました!その6~
 日本庭球発祥の地~横浜へ行きました!その7~
 「外交官の家」前にて~横浜へ行きました!その8~

|

« マツバギクが咲きました! | トップページ | キャンプ座間の炭そ菌って、感染症法上の規定は適用されるのかな? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/61732984

この記事へのトラックバック一覧です: 「外交官の家」前にて~横浜へ行きました!その8~:

« マツバギクが咲きました! | トップページ | キャンプ座間の炭そ菌って、感染症法上の規定は適用されるのかな? »