« 閉店セールに法的規制って本当に必要? | トップページ | ガソリンの値段って違うものだなあ »

2015年2月17日 (火)

日本われぼめ症候群という記事を見ました

 土曜日の日経新聞、大機小機で、日本われぼめ症候群という記事が載っていました。

 「われぼめ」とは、説明はありませんでしたが、「我」「誉め」ということでしょうか。

 以前、「スゴ~イデスネって、ダメじゃん!」という記事で紹介したテレビ番組などをあげ、「日本のわれぼめ」と呼べそうな番組が増えていると指摘しています。

 また、「住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち」などと「外国人が鼻白みそうな」われぼめ本が並ぶと指摘しています。

 これは、国民意識の移ろいが根底にあると分析し、1983年日本に対する自信がピークになったあと、その後、下降し、世紀の変わり目あたりで底を打ち、2013年には83年の最高値とほぼ肩を並べるようになったと報告しています。

 前述での記事で触れた「ジャパンアズナンバーワン」が調べたら1979年でした。まあその後の経緯はろくなもんじゃあなかったので、こういう現象には、あまり良い印象がないのですが。

 ちなみに大機小機では、自尊という言葉に2つの意味「自ら尊大にかまえる」「自重して自らの品位を保つ」があることを指摘しています。

 我が国は品位を保っているでしょうか。

 

|

« 閉店セールに法的規制って本当に必要? | トップページ | ガソリンの値段って違うものだなあ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/61149274

この記事へのトラックバック一覧です: 日本われぼめ症候群という記事を見ました:

« 閉店セールに法的規制って本当に必要? | トップページ | ガソリンの値段って違うものだなあ »