« 糠指尾根から三頭山に行きました!その1 ドラム缶橋 | トップページ | 湖面に映える紅葉(糠指尾根~三頭山 その3) »

2014年12月 5日 (金)

ドラム缶橋を渡る(糠指尾根~三頭山 その2)

photo

 糠指尾根に取り付くためには、ドラム缶橋を渡ります。奥多摩湖の水は案外澄んでいます。

 友人の話によると、何回かキャンプ等で奥多摩湖付近には来ているらしいのですが、こんなに水量が多かったのは初めてとのことでした。

 おそらく、キャンプとなると七月~八月。渇水期なのかもしれません。水需要も多い時期でしょうし。

写真  浮橋の感覚は、久しぶりという感じがします。昔、ディンギーをやっていたことがあり、そのときには、浮桟橋に船をつけたりしていました。

 ドラム缶橋の接合部は、写真のようにゴムで、覆いがしてあります。片方だけを止めることで、ずれたりしても、ゴムが破けたりしないようになっています。

 歩く人用の保護設備でしょう。

photo  ドラム缶橋には、スローロープの準備もありました。

 橋から落ちた人がいた場合を想定しての話でしょうか。

 ドラム缶橋は、釣人の姿もあるようですが、一応、釣り禁止となっているようですね。「浮橋では、釣り(火気、ごみ捨て、小便)は禁止です。小河内貯水池は、皆様の飲料水となる貴重な水源です。湖を汚さないよう、ご協力をお願いします」との看板が掲示されていました。

 とはいえ、「釣り=火気、ごみ捨て、小便」となるのは、残念なこと。釣りの餌が水質悪化につながるというのであれば、釣り禁止も理解できますが、この3つは釣人が工夫すれば良いことでは?

 まあ「実績」も踏まえてこの措置が取られているのかもしれませんが。

糠指尾根から三頭山の記事

 糠指尾根から三頭山に行きました!その1 ドラム缶橋
 ドラム缶橋を渡る(糠指尾根~三頭山 その2)
 湖面に映える紅葉(糠指尾根~三頭山 その3)
 奥多摩周遊道路(糠指尾根~三頭山 その4)
 樹間から見える逆橋(糠指尾根~三頭山 その5)
 雪道(糠指尾根~三頭山 その6)
 三頭山(糠指尾根~三頭山 その7)
 傘雲(糠指尾根~三頭山 その8)
 都民の森へ(糠指尾根~三頭山 その9)

|

« 糠指尾根から三頭山に行きました!その1 ドラム缶橋 | トップページ | 湖面に映える紅葉(糠指尾根~三頭山 その3) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/60737029

この記事へのトラックバック一覧です: ドラム缶橋を渡る(糠指尾根~三頭山 その2):

« 糠指尾根から三頭山に行きました!その1 ドラム缶橋 | トップページ | 湖面に映える紅葉(糠指尾根~三頭山 その3) »