« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

人参を一株間引いて、施肥をしました

写真

 昨日、人参を一株間引いて、さらに施肥等を行いました。

 間引いた人参はミニキャロットのよう。まだまだ小さいですが、まだ二株くらいは間引けそうです。

 もう少し様子を見ながら、大きさの確認を行いつつ、間引きを行っていこうかなと思っています。

 さらに施肥も行いました。草木灰を買ってきて、株から少し離れた場所(袋の際)に灰を蒔きます。

 灰は、たき火で炊事をするとき用に、コッフェルのコーティング用にたき火でできた灰を少し保管しています。しかし、肥料にするには量が少ないかなと思い、買ってきてしまいました。

 ただの灰が300円位。今度、キャンプのときか何かにとっておこうかしら。

 でも一度買ってきたので、かなり持ちそうですね。

写真  さらに、灰を蒔いた後に小粒の再生土を使って、増土を行い、株元も多少被るようにしてみました。

 土を湿らすのに、液肥(ハイポネクス2000倍液)を使いましたが、果たして結果はどうでしょうか。

人参関係の記事

 夏蒔きにんじんの種を蒔きました
 人参発芽しています
 人参を一つだけ間引きました。
 人参を一株間引いて、施肥をしました
 人参がやばい?
 人参が一本抜けてしまいました
 人参を1本収穫しました!
 人参ダメですね。
 人参 もう一本
 最後の人参を収穫しました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

姿三四郎決闘の場(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その3)

写真

 峰の薬師に着き、広場のようなところに出ると、「姿三四郎決闘の場」という石碑が目につきます。

 「ふーん」と思ったのですが、あれ、姿三四郎ってフィクションじゃあなかったっけ?

 要はアニメのモデルとなった場所を訪ねる「聖地巡礼」の走りということ。昔も今もやることは変わりませんね。

「峰の薬師へのみち」と「山里から津久井湖への道」記事一覧

 峰の薬師へのみちと山里から津久井湖へのみちに行きました!その1
 秋の景色(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その2)
 姿三四郎決闘の場(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その3)
 城山でウロウロ(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その4)
 バスの旅(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

秋の景色(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その2)

photo

 「湖の道」のときにもここの写真を載せたのですが、やはり紅葉が良い感じです。

 高尾グリーンセンターにも紅葉はあったのですが。

 なんとなく、こちらを載せたくなってしまいました。

 建物の雰囲気もあるのでしょうか。

 三沢峠を抜けると、当然のことながら下りとなります。ときたま、峰の薬師方面から登ってくる人たちもいます。ときたま樹間から覗く津久井湖を眺めながら、峰の薬師に向かいます。

「峰の薬師へのみち」と「山里から津久井湖への道」記事一覧

 峰の薬師へのみちと山里から津久井湖へのみちに行きました!その1
 秋の景色(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その2)
 姿三四郎決闘の場(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その3)
 城山でウロウロ(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その4)
 バスの旅(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

峰の薬師へのみちと山里から津久井湖へのみちに行きました!その1

photo

 「峰の薬師のみち」の三沢峠までの道は、「湖の道」と同じです。

 久しぶりの再訪ですが、梅ノ木平からの分岐を見逃して、ウロウロしてしまいました。

 写真が分岐の場所。案外記憶はいい加減なものです。

 今回は、コースが短いので、2つのコースを一気に巡ることにしてみました。

 道に入ると、いかにも山里という雰囲気の道が始まります。そういえば、こんな道を通ったなあ。

「峰の薬師へのみち」と「山里から津久井湖への道」記事一覧

 峰の薬師へのみちと山里から津久井湖へのみちに行きました!その1
 秋の景色(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その2)
 姿三四郎決闘の場(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その3)
 城山でウロウロ(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その4)
 バスの旅(峰の薬師へのみち&山里から津久井湖へのみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

修験者のみち(丹沢山塊東辺のみち その5)

写真

 仏果山(ぶっかさん)を過ぎると、岩場になります。関東ふれあいのみちらしからぬ、風情です。

 昔、このあたりは、修験者が修業に使っていたとのこと。現在のルートにこのようなヤセ尾根があるのはそういう謂れがあるのでしょうか。

 半原越からは、林道歩きになります。当初、経ヶ岳にも足を延ばそうと思っていたのですが、北条武田古戦場のみちで通るだろうと思ったので、やめにしました。

 坂尻のバス停からは、本厚木まで結構時間がかかります。アプローチが時間がかかりますね。

丹沢山塊東辺のみち記事一覧

 丹沢山塊東辺のみちに行きました!その1 鯉の里
 壊された道標(丹沢山塊東辺のみち その2)
 芒野原(丹沢山塊東辺のみち その3)
 仏果山にて(丹沢山塊東辺のみち その4)
 修験者のみち(丹沢山塊東辺のみち その5)

山行日時(コースタイム)

2014年10月18日

半原 9:36 仏果山 11:20 革籠石山 12:02 半原越 12:50ごろ 坂尻バス停 13:45

概念図はコチラ (神奈川県HPより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

仏果山にて(丹沢山塊東辺のみち その4)

photo

 22日の白馬の地震では、神城付近の被害が大きいとのこと。神城といえば五竜遠見のベースですね。五竜はビックナンというランチが印象に残っています。あまり宿泊した記憶はないのですが。八方などは大丈夫でしょうか。

 さて、山行の中身に戻ります。このコースは、北から行くとハイライトである仏果山にいきなり行ってしまいます。

 仏果山には、鉄塔の展望台が建てられています。この展望台で見晴しが得られるという力技ですが、低山では立木のため見晴が悪いのは、ある意味仕方のないこと。山頂付近の木を伐採して、見晴を得るより、環境にやさしいのかもしれません。

 写真は、展望台から見た宮ケ瀬湖です。

丹沢山塊東辺のみち記事一覧

 丹沢山塊東辺のみちに行きました!その1 鯉の里
 壊された道標(丹沢山塊東辺のみち その2)
 芒野原(丹沢山塊東辺のみち その3)
 仏果山にて(丹沢山塊東辺のみち その4)
 修験者のみち(丹沢山塊東辺のみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

芒野原(丹沢山塊東辺のみち その3)

写真

 昔は、芒野原などは、珍しくもなかったような気がしますが、最近はとんと見なくなっているような気もしないでもありません。

 芒は秋の風物詩ですが、いつまでその感覚が残っていくものでしょうか。

丹沢山塊東辺のみち記事一覧

 丹沢山塊東辺のみちに行きました!その1 鯉の里
 壊された道標(丹沢山塊東辺のみち その2)
 芒野原(丹沢山塊東辺のみち その3)
 仏果山にて(丹沢山塊東辺のみち その4)
 修験者のみち(丹沢山塊東辺のみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

もひとつサフランの花が咲きました!

photo

 「最後のサフランの球根が開花しました!」の鉢の株がもう一つ花をつけてくれました。

 これも雌しべを収穫します。

 この後、全ての鉢にイチゴを育てたときに買ってきた肥料を施しました。N:4% P:6% K:2%です。リン酸(P)が多く必要と他サイトにありましたので、まあいいのではないかと。

 あとはハイポネクスの2000倍液などを使いながら、球根が成長するのを待つばかり。

 球根の掘り下げが4月から5月のようですから、夏ものの植え付けの頃ですね。期待したいものです。

サフラン関係の記事

 サフランの球根を2個植えました!
 サフラン発芽しました!
 サフランをもう一鉢植えました!
 最後のサフランの球根を植えました!
 サフランが咲きました!
 最後のサフランの球根が開花しました!
 もひとつサフランの花が咲きました!
 サフランにも増土しました!
 サフランに再追肥しました!
 サフランを増土しました。
 サフランの球根をひとつ掘り下げました
 残りのサフランの球根を掘り上げました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

壊された道標(丹沢山塊東辺のみち その2)

photo

 しばらく歩くとまた林道のようなところに出るのですが、その際、目についたのが、破壊された道標。

 この道標などは矢印部分が完全にもぎ取られています。

 心ないというか、何を考えているのでしょうか。

 昔、南アルプスのバリエーションルートで、ペンキでやたら目印を付けた自称ガイドがいました。

 そういうのはどうかとは思いますが、ハイキングコースの道標を壊してどうするのでしょう。

 でも、そんな考えもなく、ただの鬱憤晴らしとかそういうつまらない行動かもしれません。

丹沢山塊東辺のみち記事一覧

 丹沢山塊東辺のみちに行きました!その1 鯉の里
 壊された道標(丹沢山塊東辺のみち その2)
 芒野原(丹沢山塊東辺のみち その3)
 仏果山にて(丹沢山塊東辺のみち その4)
 修験者のみち(丹沢山塊東辺のみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

丹沢山塊東辺のみちに行きました!その1 鯉の里

photo

 東京の関東ふれあいのみちは、一応終了したので、次は神奈川に行こうということで、まずはタイトルの「丹沢山塊東辺のみち」に行くことにしました。

 神奈川県のパンフレットだと、南側から北上するようなルートになっているのですが、つい東京人だと北側から計画してしまいました。

 半原からしばらくは、街中を歩きます。東京の首都圏自然歩道がほぼ山間部の山道と違う点ですね。

 パンフレットを見ると海沿いの道など、ハイキングコースというより、ウォーキングというイメージに近いものがあるのかもしれません。

photo  少し歩くと用水路らしき水路に鯉がいるのが目につきます。

 このあたりは、鯉の養殖が盛んなのか、鯉の里との看板もあります。

 鯉というと、山古志村というイメージがあるのですが、このあたりでもそういった産業があるのでしょうか。

 最も山古志村も地震のニュースで知っただけで、鯉の産地などあまり詳しくはないのですが。

 標識に沿って歩いていくとようやく山道ぽい感じのところに出ます。するとヤマビル注意の看板が。

 奥多摩と違って丹沢はヤマビルがいるんですよね。

 とは言っても、昔、沢登りなどで、丹沢に入った際には、あまりヤマビルに悩まされた記憶はありません。メジャーなコースだったから少なかったのかな。

 季節も関係あるでしょうね。

丹沢山塊東辺のみち記事一覧

 丹沢山塊東辺のみちに行きました!その1 鯉の里
 壊された道標(丹沢山塊東辺のみち その2)
 芒野原(丹沢山塊東辺のみち その3)
 仏果山にて(丹沢山塊東辺のみち その4)
 修験者のみち(丹沢山塊東辺のみち その5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

まちなかのバルへ行きました!その5 Bar Bacchus

直リンク

 なぜかBarでおでんというメニューです。ビールもキリンのおひざ元の中野で、サッポロという不思議なお店。

 このお店があるレンガ坂は小さなお店が集まっていて不思議な感じがします。

 最近、ずいぶん坂もきれいになった印象があります。

 オリーブの鉢が置かれていたり、レンガ坂の道の壁のところもレンガで工夫されたりと。

 前に、オリーブの鉢のマルチング(土の部分を覆うこと)がワインの空き瓶だったことがあって、それはチョットという印象でしたが、最近はコルクに変わったようです。

 廃棄物には違いはないのですが、印象がだいぶ変わるので、不思議です。

 さて、このお店で5枚つづりのチケットを全部使いましたが、bestはどこだったか。梅オムレツが新鮮な発見だった「小料理 悠」かなあ?

第3回 まちなかのバルの記事

 まちなかのバルへ行きました!その1 呑来醍
 まちなかのバルに行きました!その2 酒蔵 駒忠
 まちなかのバルに行きました!その3 小料理 悠
 まちなかのバルへ行きました!その4 イタリアンバルviva
 まちなかのバルへ行きました!その5 Bar Bacchus 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

最後のサフランの球根が開花しました!

photo

 最後に植えたサフランの球根が開花しました。花から雌しべが軽く出ていますね。

 実は、もう一つのハンギングプランターの球根は、もう一つ花が咲き、そこからも何本かサフランを収穫することができました。

 この花からも3本ばかり収穫しましたが、それでも合わせて1gにも満たないのでしょうね。

 これでサフランの開花も終わりでしょうか。

 花が終わってしまうと、来年の夏まで、球根が大きくなるのを待つばかり。ある意味楽しみが短い植物です。

サフラン関係の記事

 サフランの球根を2個植えました!
 サフラン発芽しました!
 サフランをもう一鉢植えました!
 最後のサフランの球根を植えました!
 サフランが咲きました!
 最後のサフランの球根が開花しました!
 もひとつサフランの花が咲きました!
 サフランにも増土しました!
 サフランに再追肥しました!
 サフランを増土しました。
 サフランの球根をひとつ掘り下げました
 残りのサフランの球根を掘り上げました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

まちなかのバルへ行きました!その4 イタリアンバルviva

直リンク

 この公式サイトからの引用写真のようにサラダはついておりませんが、フード1品、ドリンク1品がついてきます。

 ただしこのお店はほぼ500円均一なので、気軽に頼めます。

 500円とはいえ、案外、おいしかったです。案外というと失礼ですが。

 500円というと、「CONA中野店」を思いだします。廉価ビザは案外おすすめかも。

第3回 まちなかのバルの記事

 まちなかのバルへ行きました!その1 呑来醍
 まちなかのバルに行きました!その2 酒蔵 駒忠
 まちなかのバルに行きました!その3 小料理 悠
 まちなかのバルへ行きました!その4 イタリアンバルviva
 まちなかのバルへ行きました!その5 Bar Bacchus 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

まちなかのバルに行きました!その3 小料理 悠

直リンク

 これまた画像は、公式サイトからの引用です。

 正直言って、バルイベントでないと、とても足を踏み入れるのに度胸の必要な感じのお店です。常連さんじゃあないと、はいりにくいかな・・・という感じ?

 カウンターのみの店内には、既に常連さんらしき姿が。バルなんですが、いいですかと聞くと「どうぞどうぞ」と案外やさしい感じ。

 こういったお店に入れるのはバルイベントならではですね。

 ヘルシーお惣菜2種盛りというのが、ここのメニューでしたが、そのあと追加した梅オムレツがおいしかったなあ。

 梅とチーズオムレツが以外に合うのが、びっくりしました。

第3回 まちなかのバルの記事

 まちなかのバルへ行きました!その1 呑来醍
 まちなかのバルに行きました!その2 酒蔵 駒忠
 まちなかのバルに行きました!その3 小料理 悠
 まちなかのバルへ行きました!その4 イタリアンバルviva
 まちなかのバルへ行きました!その5 Bar Bacchus 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まちなかのバルに行きました!その2 酒蔵 駒忠

直リンク

 この画像は公式サイトから引用しています。

 ここも居酒屋さん風のつくり。バルの客は、カウンターでした。

 この日は少しお腹がすいていて、餃子を追加で頼みました。

 少し、肉がつまった感じの餃子でした。

第3回 まちなかのバルの記事

 まちなかのバルへ行きました!その1 呑来醍
 まちなかのバルに行きました!その2 酒蔵 駒忠
 まちなかのバルに行きました!その3 小料理 悠
 まちなかのバルへ行きました!その4 イタリアンバルviva
 まちなかのバルへ行きました!その5 Bar Bacchus 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

帰りの電車にて(マザー牧場その7)

イラスト

 帰りのバスでは、私は、思わず疲れが出たのか、少し眠りましたが、バスが苦手な妻は眠れず、車酔いで大変だったようです。

 前回は、陸地(マザー牧場)側に、しばらく行ったところにあるコンビニに寄って、帰りの電車の中で飲むビールなどを買いましたが、今度は、海側にあるスーパーに行きました。

 そこで、ビール等を買い、電車に入ります。

 帰りは一応、ボックス席ですが、やはりグリーン車ほどは快適ではありません。

 夕方の電車で、前回もそうでしたが、なぜか、煙突から炎が上がっているのが見えます。都内の工場では、想像できない光景ですね。

 産業観光と称して工場を見たりするツアーがあるのも分かるような気がします。

 流石に車窓から写真を撮ってみましたが、残念ながら映りませんでした。

 電車に乗っていた時間は、去年のツアーのときと同じなのですが、なぜか疲れたような気がします。さすがはグリーン車。でも、それに慣れてしまうのもどうかな。

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

カピパラとコールダック(マザー牧場その6)

写真

 カピパラは寒そうというか、眠そうです。

 コールダックというと、井の頭動物公園で、初めてみたときの印象が強いです。

 サイズは良いのですが、コールとの名の通り、喧しいのが玉に傷。

 ちょっと日本の住宅事情では、ペット替わりというのは厳しいかも。

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

まちなかのバルへ行きました!その1 呑来醍

S21m1

 画像は公式サイトのものを使わさせていただいています。

 南口の鎌倉酒店の方向に少し行ったところのゲームセンターの2階にあります。

 こんなところにこんな店があったんだという印象。

 まあ、バルイベント効果というか。

 玉こんにゃくと芋煮という、山形をイメージするメニューですが、一方で、メニューを見ると、鹿児島ラーメンなど九州をイメージするようなものもラインアップの中にありました。

 雰囲気は居酒屋さん。この日もバルのお客さん以外の方もいらっしゃるようでした。

第3回 まちなかのバルの記事

 まちなかのバルへ行きました!その1 呑来醍
 まちなかのバルに行きました!その2 酒蔵 駒忠
 まちなかのバルに行きました!その3 小料理 悠
 まちなかのバルへ行きました!その4 イタリアンバルviva
 まちなかのバルへ行きました!その5 Bar Bacchus 

第1回目はコチラから
第2回目の記事へはコチラから
第4回目の記事へはコチラから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

だれうさぎ(マザー牧場その5)

photo

 穴を掘って、腹をつけているのか。脱力系のウサギです。

 ダレ系の写真としては、「ダレッサー」の方が良いかな?

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

サフランが咲きました!

photo

 昨日、慌てて写真に撮ったので、ボケていますが、サフランが咲きました!

 意外に背が低いままで咲くのですね。なんだかこう見るとリンドウの花に似ているような気もします。

 最後に植えた球根だけは、まだ咲いておらず、ようやく葉の色が出てきたところです。

写真  花の脇からめしべが出ているのが見えます。

 早速、妻から毛抜きを借りて、収穫することにしました。

 雌しべを挟んで引っ張るとすぐ抜けます。

 しかし、サイトによっては花を破壊して根元から収穫するというのもありましたが。

写真  でも咲いたばかりの花を分解するのは、ちょっと。

 この株が一番勢いがあるようです。

 こちらも花からめしべが顔を出していますね。

 この日は雨が降るとの予想もあったので、早速雌しべを収穫しました。

写真  収穫した雌しべはこちら。

サフラン関係の記事

 サフランの球根を2個植えました!
 サフラン発芽しました!
 サフランをもう一鉢植えました!
 最後のサフランの球根を植えました!
 サフランが咲きました!
 最後のサフランの球根が開花しました!
 もひとつサフランの花が咲きました!
 サフランにも増土しました!
 サフランに再追肥しました!
 サフランを増土しました。
 サフランの球根をひとつ掘り下げました
 残りのサフランの球根を掘り上げました!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

ヤギ台(マザー牧場その4)

写真

 茶色いので、あまりヤギっぽくないのですが、ヤギが好きな高いところを台で作っています。

 ヤギ台ですね。

 それにしてもよく集まるもんですね。

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

小粒土を黒袋に入れて「消毒」しています

 ゴーヤに使っていた鉢の土は、ゴーヤの古根が張っています。毎年のことですが、まずは粗目のふるいで、大きな粒の土を選り分け、その際に古根等は取り除きます。

 そして細めのふるいで、微塵を抜きます。

 昨日、小粒の土の袋がいっぱいになってきたので、熱湯を少し入れて封をしました。

 その状態で日光に当てて、蒸し焼き状態にします。2~3日放置した後、収納します。

 でも砂状の小粒土がだんだん溜まってきている感じもあります。大粒土を好んで使うという傾向があるからかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

アルパカとリャマ(マザー牧場その3)

photo

 ここでは、アルパカとリャマが1頭づつ展示されています。

 那須のように、すごい数ではありませんが、なかなかモフモフのようで。

 リャマは、荷役に使うということで、アルパカよりやや大型の家畜ですね。ラマともいいますね。

 以前、南房パラダイスで、シロ園長というのがいましたが、その後、南房パラダイスは潰れてしまったようで。その後、アロハガーデン館山という形でリニューアルオープンしたらしいのですが、ホームページでは詳細の情報がありません。どうなっているのでしょうか。

photo  写真は少しぼやけていますが、マザー牧場のリャマです。

 ピンと立った耳が印象的です。

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)

写真

 今回は、ビア・ソーセージ祭りというのをやっていたので、電車で行きました。

 前回は、ツアーを活用したのですが、今回は一日乗車券と無料送迎バスで。ツアーだとグリーン車になるのですが、グリーン車じゃなくてもいいかということで。

 とはいえ、通勤仕様の車両での往復は結構疲れました。

 ビア・ソーセージ祭りと言ってもそれほどたくさんのメニューがあるわけではありません。

 写真みたいな感じです。

 ポテトのチーズトッピングが案外、おいしかったです。

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?

photo

 年賀状用の写真を撮りに、マザー牧場に行ってきました。このところ、恒例になっているかもしれません。

 干支をテーマにすると、マザー牧場は有利でしょうか。

 子丑寅宇辰巳馬羊申酉戌亥だから、今年が馬、来年が羊。ちなみに辰年くらいから、干支をテーマに写真を取るようになってきて、その時は、竜胆の写真を撮りました。

 巳年は、スネークセンターで蛇との記念撮影。そして、昨年は、マザー牧場。申だと、モンキーセンターみたいなところ?酉や戌は、動物王国なんかがいいのかな?

 マザー牧場は、去年は馬だけでしたが、今年は干支の引き継ぎ写真館ということで、馬と羊とで、記念撮影ができました。

 去年は、雨にたたられ、すさまじく寒かった印象がありましたが、今年はそれに対する備えもして、大丈夫でした。羊にあたる日の光も暖かい印象?

2014マザー牧場の記事

 マザー牧場に行ってきました!その1 目的は?
 ビア・ソーセージ祭り!(マザー牧場その2)
 アルパカとリャマ(マザー牧場その3)
 ヤギ台(マザー牧場その4)
 だれうさぎ(マザー牧場その5)
 カピパラとコールダック(マザー牧場その6)
 帰りの電車にて(マザー牧場その7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

奥岳自然歩道にも寄りました!(安達太良山山行13)

photo

 箕輪山から来た道を戻り、くろがね小屋について昼食をとります。

 くろがね小屋から下山の途中、2ケ所ばかり水場があり、そこで水を汲みました。

 道は、途中から林道に変わります。歩道も並行してある場所もあるのですが、結構荒れていて、歩きにくかったです。

 最後に寄ったのが、奥岳自然歩道。沢沿いに作られた遊歩道です。

 紅葉というには少し早かったですが、水辺の風景は山行を締めくくりには十分でした。写真は、その中のひとつ、魚止めの滝です。

安達太良山行一覧

 岳温泉観光協会シャトルバスを使いました!(安達太良山山行その1)
 紅葉はじめの気配は(安達太良山山行その2)
 安達太良を遠く望む(安達太良山山行その3)
 炎紅葉(安達太良山山行その4)
 リンドウ?(安達太良山山行その5)
 秋の山道(安達太良山山行その6)
 頂の名は「乳首」(安達太良山山行その7)
 「乳首」山頂より(安達太良山山行その8)
 くろがね小屋で聞いた悲報(安達太良山山行その9)
 朝の陽ざし(安達太良山山行その10)
 沼の平を望む(安達太良山行その11)
 箕輪山にたどり着きました!(安達太良山山行その12)
 奥岳自然歩道にも寄りました!(安達太良山山行13)

概念図

写真 コースタイム 

9月27日

奥岳 10:37 五葉松平 11:48 薬師岳 12:02 仙女平分岐 13:06 乳首 13:56 くろがね小屋 15:24

9月28日 くろがね小屋 7:10 牛の背 7:57 鉄山 8:26 笹平分岐 8:54 箕輪山 9:18 鉄山避難小屋 10:15 峰の辻 11:07 奥岳 13:30ごろ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

箕輪山にたどり着きました!(安達太良山山行その12)

photo

 道は、牛の背から馬の背と呼ばれる岩まじりの道を経て、山腹をトラバースするように、稜線に出ます。

 前日、一人で稜線を歩いた友人は、鉄山の頂上がわからなかったと話していましたが、稜線に出てから少し、南に戻ったところに鉄山の頂上はありました。

 鉄山と書いてありませんが、三角点があるので、間違いないでしょう。

 ちょうど鉄山で、Q7の電池切れ。この時は、替電池を忘れていたのが大失敗。計画書には、予備電池との記載がありますが、ヘッドランプの電池をチェックしただけでカメラ電池を忘れたということ。今度、計画書の表現をカメラ予備電池と書いておかないと。

 稜線を少し行くと鉄山避難小屋。そこからは雰囲気がガラっと変わります。

 笹をかき分けるようにして、箕輪山に到着。写真は箕輪山にて。いい眺めです。

 時間を区切って帰ることにしていたので、時計を睨みながらの道中でしたが、なんとかたどり着きました。

安達太良山行一覧

 岳温泉観光協会シャトルバスを使いました!(安達太良山山行その1)
 紅葉はじめの気配は(安達太良山山行その2)
 安達太良を遠く望む(安達太良山山行その3)
 炎紅葉(安達太良山山行その4)
 リンドウ?(安達太良山山行その5)
 秋の山道(安達太良山山行その6)
 頂の名は「乳首」(安達太良山山行その7)
 「乳首」山頂より(安達太良山山行その8)
 くろがね小屋で聞いた悲報(安達太良山山行その9)
 朝の陽ざし(安達太良山山行その10)
 沼の平を望む(安達太良山行その11)
 箕輪山にたどり着きました!(安達太良山山行その12)
 奥岳自然歩道にも寄りました!(安達太良山山行13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

人参を一つだけ間引きました。

photo

 もともとそんなに発芽していないので、どのくらい間引いたらいいものか判断つきかねているところなのですが、一つだけ、苗を間引いてみました。

 根っこが少し、人参ぽい感じがします。

 間引かなかった苗はもう少し大きいので、根ももう少し大きいのではないかと思いますが。

 なんとか無事に育っているようです。

人参関係の記事

 夏蒔きにんじんの種を蒔きました
 人参発芽しています
 人参を一つだけ間引きました。
 人参を一株間引いて、施肥をしました
 人参がやばい?
 人参が一本抜けてしまいました
 人参を1本収穫しました!
 人参ダメですね。
 人参 もう一本
 最後の人参を収穫しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

白ゴーヤ撤去しました!

 さすがに急加速度的に葉が枯れて行きます。3つ実が残っていましたが、大きくもならず。残念ですが撤去することにし、土曜日に行いました。

 残っている葉を取りながら、弦を収穫していきます。弦はまた干して何かに使えないかなと企んでいますが、どうなるか。

 葉と細かい弦はコンポスト行き。土は、これから再生します。

白ゴーヤ関係の記事 

 白ゴーヤを植えました!
 白ゴーヤ弦が伸び始めました!
 白ゴーヤを一株、摘心しました!
 先日、摘心した株の子弦が伸びてきたので、2つ目の株も摘心しました!
 白ゴーヤの子弦を誘導しています
 白ゴーヤの雄花が咲きました!
 宮城と山形に行きました!その1 旅行準備
 白ゴーヤ少しづつ摘心しています
 白ゴーヤがネット上部まであと2ブロックまで達しました
 ゴーヤの雌花が咲きました!
 台風の風に備えて、白ゴーヤを収穫しました!
 遅ればせながら、屋根上のネットを設置しました!
 3本目の白ゴーヤを収穫
 白ゴーヤを収穫しました! 
 ゴーヤを2つ収穫
 ゴーヤを一本収穫!
 またもやゴーヤを収穫!
 白ゴーヤ2本収穫しました
 白ゴーヤ終わりかな?
 白ゴーヤ撤去しました!

2011年ゴーヤ記事まとめはコチラ

2012年ゴーヤ記事まとめはコチラ

2013年ゴーヤ記事まとめはコチラ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

スゴ~イデスネって、ダメじゃん!

 昨日、「世界が驚いたニッポンスゴ~イデスネ視察団」というテレビ番組を見ていたのですが、その中で、まず緩まないボルトを日夜、打音検査をやっているというシーンがありました。

 ご当人は、100%の安全のためやっていますと、胸を張っているのですが、それを放置してしまうのも気の毒だと感じました。

 実際に、緩んだボルトが発見されることはほぼ皆無だとのこと。ということは、「安全」に対するこの方の寄与(貢献)はゼロです。

 ご本人は、意義のある仕事だと思って誇りを持って取り組んでらっしゃるのですね。しかし、それをしっかりマネジメントして、本当に意義のある仕事にマンパワーとして振り向ける仕組みが働かないと、将来にわたって、無駄な作業が行われます。

 このテレビではそういった問題意識は皆無。はっきり言って視察していた外国人も「SLの時代の作業だ」とあきれていたようです。それを「驚いた」というふうに受け止めているきらいがありました。

 こういう現象を放置してしまうのが、日本の弱さなのでしょう。管理職が問題意識を持って取り組もうとしても、「俺たちの仕事を否定するのか」と変な反発があるかもしれません。

 無駄な作業を有益な作業に振り向けるのは、仕事の意義を高めることなのですが・・・。

 それを改善するためには、仕事の情緒的な評価ではなく、科学的な評価が必要でしょう。

 それにしても、この手の番組が最近多いですね。自国に対する妙な自己高揚欲求がモロ現れている感があります。バブルの頃にその手の本とかがよく出ていたような。外国の著者ですが、ジャパンアズナンバーワンという本が大人気となり、似たような本や番組が良く出てきました。 91年には、「電子立国日本の自叙伝」などという番組も放映されました。しかし、その後の日本の電気産業の凋落はご存知のとおり。自らの成功体験を喜ぶのは結構ですが・・・。最近の傾向は、かつて来た道なような気がしないでもありません。

 問題なのは、バブル当時と現在での日本の位置。今は相対的にかなり数字的には、低い位置にあるはず。これで、バブルの時と同じような道をたどると更なる落ち込みにつながります。

 以前、知人が訳した本の中で、「最も弱い輪の原則」といういう考え方がありました。クライミングについての本でしたが、能力を高めるためには、最もウィークポイントとなる部分を鍛えると良いというものです。

 今、日本に必要なのは、こういった手仕事礼賛等の物語に浮かれることではなく、組織目的に対する合理性や科学的な評価など、きちんとしたマネジメントなどの弱点を強化することではないでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

沼の平を望む(安達太良山行その11)

photo

 この日の帰りはバスを予約しているため、時間を切って行けるところまで、空身で向かうということで、箕輪山を目指すことにしました。

 昨日来た道を戻り、峰の辻経由で牛の背へ。この写真は牛の背付近で撮った沼の平です。

 ここは噴火口なのでしょう。当然ながら立ち入り禁止。こんなところによく行くよなという気もしますが、積雪期だったら、わからないですよね。

 滑り出す方向を間違えると一巻の終わりになりますね。

 御嶽の状況を考えると、噴石対策などは、特段なかったように思います。これから安達太良にもそのような施設ができてくるのでしょうか。

安達太良山行一覧

 岳温泉観光協会シャトルバスを使いました!(安達太良山山行その1)
 紅葉はじめの気配は(安達太良山山行その2)
 安達太良を遠く望む(安達太良山山行その3)
 炎紅葉(安達太良山山行その4)
 リンドウ?(安達太良山山行その5)
 秋の山道(安達太良山山行その6)
 頂の名は「乳首」(安達太良山山行その7)
 「乳首」山頂より(安達太良山山行その8)
 くろがね小屋で聞いた悲報(安達太良山山行その9)
 朝の陽ざし(安達太良山山行その10)
 沼の平を望む(安達太良山行その11)
 箕輪山にたどり着きました!(安達太良山山行その12)
 奥岳自然歩道にも寄りました!(安達太良山山行13)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »