« はみ出てきた茄子の茎を枠に結びました | トップページ | またもや胡瓜と茄子を収穫しました »

2013年8月 9日 (金)

緊急地震速報、誤報があろうがきちんと受け止めるのが災害の備えというものでしょう!

 気象庁は8日午後4時56分頃、奈良、大阪で「震度6弱から7程度」の強い地震が発生する恐れがあるとして緊急地震速報を発表した。  奈良県を震源とするマグニチュード(M)7・8と予想したが、実際に発生した地震は和歌山県北部を震源とするM2・3で、「震度1」以上の揺れを観測した場所はなかった。同庁は誤報だったことを認め、「広範囲に迷惑をかけた」と謝罪した。

 こういったことは、予測的なシステムを組んでいる以上、必ず起こります。当然、社会への広範囲への影響が起こりますが、それはそれで仕方のないこと。きちんと受け止め、対応するのが、「災害への備え」というべきでしょう。

 もちろん「オオカミ少年」とならないように、精度向上に努力はすべきでしょうけれども。外野がとやかく言ってもしょうがないことです。

|

« はみ出てきた茄子の茎を枠に結びました | トップページ | またもや胡瓜と茄子を収穫しました »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/57954933

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急地震速報、誤報があろうがきちんと受け止めるのが災害の備えというものでしょう!:

« はみ出てきた茄子の茎を枠に結びました | トップページ | またもや胡瓜と茄子を収穫しました »