« 岩原は快晴 | トップページ | インターネットエクスプローラーのセキュリティ更新は昼にすればよいのに »

2013年1月14日 (月)

岩原スキー場の感想

図  岩原スキー場は、以前に行ったことがあるのですが、ブログの記事に書いていなかったので、行ってきました。

 といっても、以前行ったときの印象はそれほど強くはなかったのですが。

 岩原は、湯沢近辺でもリゾートマンションやホテルが林立する地域です。

 このスキー場も古いスキー場で、昭和4年から。(ちなみに一本杉と布場はさらに古く、いつできたかわからないそうです。)

 パンフレットでは、「元気巻き」「元気復活ランド」「完全コラボ第3章」など何をいいたいのかわからないキーワードがずらり。一種独特の雰囲気だなと思っていたら、wikipediaでは、2009年10月に民事再生法申請とのこと。なるほどねと得心。でも浦佐のように閉鎖にならなくてよかったですね。

 こういう古いスキー場は、スキー場の中にスキー場とは別の食堂とかが営業していますし、ここはホテルが林立していることもあり、スキー場閉鎖となると大きな影響があるでしょう。

 越後湯沢からは、バスが出ています。つい最近まで「ようこそ上国へ」という上越国際の看板が出ていたところだと思うのですが、そこからバスへ出ています。今は、なぜか「ようこそここへ」というわけのわからない看板がなっています。

 バスは、リゾートセンター1とリゾートセンター2に止まりますが、今回はリゾートセンター1で降りました。

 この位置からは2本リフトが出ていますが、どちらも上との連絡がイマイチ。上に向かって右側のリフトはそんなに連絡が悪い位置ではないのですが、ロープでわざわざ区切ってあるため、左に大きくまわらないとならないのです。

 全体のバーンの印象としては、大きな広い尾根、もしくは台地といった感じです。

 リゾートセンター1の3階には、畳敷きの休憩室があります。

 頂上から、下に向かって左手に滑っていくと、岩原ゴンドラの跡があります。そのほかいくつかの使っていないリフト跡があり、時代の移り変わりを感じさせます。

 それでも広いバーンはなかなか魅力的。今後も「元気巻き」でがんばっていただきたいものです。

|

« 岩原は快晴 | トップページ | インターネットエクスプローラーのセキュリティ更新は昼にすればよいのに »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/56533215

この記事へのトラックバック一覧です: 岩原スキー場の感想:

« 岩原は快晴 | トップページ | インターネットエクスプローラーのセキュリティ更新は昼にすればよいのに »