« 謹賀新年 | トップページ | サワノ眼鏡店でメガネを買いました »

2013年1月 2日 (水)

舞子スノーリゾートの感想

 このスキー場は、以前は、舞子後楽園スキー場と言っていた記憶があります。

 wikipediaでは、旧称、石打後楽園スキー場とあり、このスキー場には25年以上前行った記憶があります。

 当時は、石打と名乗るスキー場のひとつという、いいかげんな理解だったのですが、ロケーション的には、石打丸山に対して国道を挟んだ反対側の山にある、石打塩沢インターのすぐ近くにあるスキー場です。

 国道の反対側ということは、西向きということですね。日中、斜面が日が当たりやすくなるためか、ボードが多いためか、固い斜面が多かった感じがします。もっとも今回はいていたのが、古い板のため、エッジがよく効いていなかったためかもしれませんが。

201213coursemap  コースは、長峰・奥添地と舞子エリアの二つに大きくわかれています。長嶺エリアと奥添地エリアは、滑って行き来できるので、違和感がありませんが、舞子エリアとは連絡リフトで行き来するしかないので、まるで別のスキー場のようです。

 越後湯沢からのバスは、いったん舞子エリアの端、舞子高原ホテルにつきます。それから麓をぐるっと回って日帰りスキーセンターに行きます。スキーセンターにつくまで40分近くかかるのが、玉にキズです。

 食事場所は、結構あり、公式のもののほかにも施設内に他の経営と思われるレストランがあるのが、昔からのスキー場らしいところでしょうか。

 いかなかったのですが、舞子高原ロッジでは、週末及び祝日はランチビュッフェをやっているそうです。

 日帰りスキーセンターには、3階の奥に畳敷きの無料休憩室があります。

 またロッカーは、帰るときまで何度も出し入れできるタイプで、たしか草津スキー場もこのタイプだったような。うっかりすると帰ってくるお金を忘れる可能性がありますが。

 日帰りスキーセンターの温泉もまあまあでした。

 総合的にいうと、湯沢からは少し遠いですが、設備的にもしかっりしており、なかなかいいスキー場です。

|

« 謹賀新年 | トップページ | サワノ眼鏡店でメガネを買いました »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/56450978

この記事へのトラックバック一覧です: 舞子スノーリゾートの感想:

« 謹賀新年 | トップページ | サワノ眼鏡店でメガネを買いました »