« ゴーヤがふたつまた黄色になったのですが | トップページ | マイクロバスの運転の練習をしました »

2012年8月29日 (水)

教員養成 修士課程履修義務付け ホントに必要?

相次ぐいじめや不登校など複雑化する学校の課題に対応できる実践的な指導力を持った教員を育成するため、中教審=中央教育審議会は教員養成の在り方を見直し、大学の4年間に加え大学院での「修士課程」を履修させるよう、平野文部科学大臣に答申しました。 これは、中教審の三村明夫会長が、平野文部科学大臣に答申したものです。それによりますと、グローバル化や少子高齢化と社会が大きく変化し、いじめや不登校など生徒指導上の課題が複雑化するなかで、教員には高度な専門知識と実践的な指導力が求められるとしています。このため、教員としての基礎的な知識や技能を学ぶ大学4年間の「学士課程」に加え、大学院で1年から2年程度の「修士課程」を履修し、学校現場で長期間の実習を行うなどして教科や生徒指導の実践的な力をつけさせるとしています。これに伴い、教員免許の新たな制度も設けるとしていて、当面はこれまでどおり、大卒者にも教員免許を与えるものの、採用後、できるだけ早い時期に修士課程を履修し、新たな免許を取得すべきとしています。答申を受けた平野文部科学大臣は、「教員が社会の尊敬と信頼を得られるよう、答申をしっかりと受け止め、施策に取り組んでいきたい」と述べました。文部科学省は今後、学生が「修士課程」の履修を行う大学院をどう整備するかや実施の時期、新たな教員免許制度の創設に向けた法改正などについて検討することにしています。>

 ホントに必要なんですかね。この制度。初任者養成に大学院となると、社会的に余計なコストをかけることになります。

 制度導入に際して、必要性をきちんと説明すべきでしょう。

 まさか、少子化の中で大学の入学者が減ってきたことに対する対応ということはないでしょうが。

 学校現場での長期間の実習とありますが、大学の養成課程を見直せばよいのでは。

 大学などの教育課程が、実務上ほとんど役に立っていないとの感想は多くの社会人が持っているのではないでしょうか。今回の趣旨は現場実習の強化とありますが、それを役に立つのかわからない教育機関の焼け太りにつながるのであれば、とんでもないことです。

 

|

« ゴーヤがふたつまた黄色になったのですが | トップページ | マイクロバスの運転の練習をしました »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/55531881

この記事へのトラックバック一覧です: 教員養成 修士課程履修義務付け ホントに必要?:

« ゴーヤがふたつまた黄色になったのですが | トップページ | マイクロバスの運転の練習をしました »