« ノルンにいます。 | トップページ | トラベックスツアーズを使ってみました。 »

2012年1月23日 (月)

先日の湯沢高原行き

 先週、湯沢高原スキー場に行きました。今回は、神田スポーツ祭りで当たったリフト券を使おうとしたものです。往復の交通費をケチろうと普通電車の臨時電車シーハイル上越を使うことにしました。

 シーハイル上越は、古い特急の車両を使っています。以前は、大宮発ではなく、ひとつ先の駅から出ていた記憶があります。東京から利用するには不便だなあと思っていましたが、何年か前からは、大宮発になりました。乗ってみるとレトロ感が満載。鉄道ファンの方が夢中になるのもわからないでもありません。

 ただコストを考えると乗車券だけでも合計7000円近く。それにリフト代を含めるとツアーの特定列車利用であれば、近い金額になってしまいます。今回は、リフト券があったので良いのですが。18きっぷが使える時期であれば良いのでしょうが。列車の運行時期とあわないのかもしれません。

 今回は、電車内で駅弁でもと思っていたのですが、到着したのが出発時間間際だったため、買いそびれてしまいましたが、電車はバスに比べ寝るにしても、食事をするにしても居住性がいいですね。今回は、車両もすいており、快適でした。全席指定と思いきや普通席もあるようです。

 湯沢について、さすがに小腹がすいたので、がんき通り津南ポークのカツどんを食べました。まあ普通のかつでしたね。

 その後、駅ロッカーでスキーを回収。準備をしてバス停に行くと次のバスは20分後。えーい歩いてしまえということで、東口から湯沢高原までスキー靴のままで歩き始めます。東口から少しガーラ方面に行くと地下の横断歩道があり、そこから温泉街方面にいけます。湯沢高原まで10分くらいでしょうか。

 湯沢高原では、湯沢、ガーラ、Naspaの無料バスの時刻表を配布しているので、それをゲット。ガーラやNaspaでは配っているのを見たことがないですよね。

Yuzawa  とりあえず、ロープウエイに乗って上に行きます。天候が悪いかなと思っていたのですが、案外、良かったのが意外でした。寒さに備えて、カッパ等を用意していたのですが、デイバックに入れて、エーデルワイス下の無料休憩所においておくことにしました。

 湯沢高原は、頂上からの眺めがよく、湯沢の町を一望することができます。また谷川連邦や八海山方面も眺めることができますが、この日は山にはガスがかかっていました。

 この日は、下山コースもオープンしており、布場に下りてみます。布場ゲレンデはかつては3本リフトがありました。

 今はゲレンデマップ上では、1本のみ。実際には、もう一本リフトが残っていますけど、使うつもりはないようですね。

 15時くらいにあがって、ぽんしゅ館で入浴。たまたまグループ客が入ってきたタイミングだったようで、混んでいました。

 帰りは、駅弁をちゃんと購入。生石灰を使って暖めるタイプで、湯沢の駅弁の中では、私はこれが一番好きです。

 駅弁も食べて、そろそろ大宮というころ、在来線にいくつかトラブルがあったようで、電車が止まりました。最後の最後、ミソがつきましたが、シーハイル上越を使ったスキーツアーも無事終わりました。

湯沢高原に関する主な記事

 石打~湯沢高原 三山を回った感想
 湯沢高原  足湯の写真 

 

|

« ノルンにいます。 | トップページ | トラベックスツアーズを使ってみました。 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/53785973

この記事へのトラックバック一覧です: 先日の湯沢高原行き:

« ノルンにいます。 | トップページ | トラベックスツアーズを使ってみました。 »