« スーパーにないもの | トップページ | 節電のアイデア? »

2011年3月17日 (木)

イタい

励まし電話遠慮して=支援活動に支障も―大地震後、自治体に殺到

大地震と大津波に襲われた東北地方の自治体に、全国から励ましの電話やメールが殺到し、ただでさえ通じにくい通信環境がさらに悪化している。16日には支援物資の重油を被災地に送れない事態も発生。宮城県は「災害対応に関係ない電話などは、気持ちだけで遠慮いただきたい」としている。  宮城県によると、叱咤(しった)激励の電話やメールは、県庁だけでなく被災した市町村にも、数え切れないほど届いている。職員が対応に追われて業務に支障を来している上、地震後に生じた通信障害がさらに悪化。「情報収集が十分できない」という。 

(時事通信社)********

 この「励ましの電話」は、被災地のためではなく、自分の娯楽ですね。そういうつもりではないでしょうけど。行動というのはよく考えないと。

|

« スーパーにないもの | トップページ | 節電のアイデア? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/51141318

この記事へのトラックバック一覧です: イタい:

« スーパーにないもの | トップページ | 節電のアイデア? »