« ガーラおそ | トップページ | 神岡 初金毘羅宵祭 »

2011年2月21日 (月)

スターシュプール緑風リゾートひだ流葉の感想

 長い名前ですね。

 惜しむらくは、頂上のエリアは独立した感じになっていて、500mくらいの水平移動があります。連休の中日は、雪が降っていて、最終日は皆、争うように頂上リフトが開業後、新雪をすべりに行っていました。まるで蟻が砂糖の山にたかるよう?

 頂上のエリア(シリウスゲレンデ)は2つのリフトに対して、いくつかの新雪バーンがあります。雪が降るようなときは、新雪好きの人には良いかも。

 頂上へのアプローチであるメテオシートから降りて左に伸びているのが、ビーナスシュプールという3kmのコースです。足が疲れます。

 意外によいのがハレーシートクワッドを降りて、右側から下に降りるミルキーシュプールですね。

 今回は、雪崩後で閉鎖となっていたのですが、ドルフィンシュプールという急斜面があるようです。

 全般的に雪は意外に固めかなという印象です。ですが、雪が少ないわけではないので、未整地のところは、それほど固いわけではありません。

 特に整地の多少急な斜面のところは、ボード圧雪(ボーダーが横滑りを繰り返すことで雪面が固くなる)の影響がありそうです。

 昼食は、流葉温泉Mプラザで食べました。ここは、注文してから出てくるのが遅いです。ですが牛丼は塩味でなかなかおいしかったです。

 流葉温泉は、そもそも日帰り温泉施設のため、無料の休憩室があります。スキー場も休憩室があるといいですねー。

 温泉は、ジャクジーのようなものがいくつかありました。単純温泉というのか、あっさりとした印象でした。

 

|

« ガーラおそ | トップページ | 神岡 初金毘羅宵祭 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/50910306

この記事へのトラックバック一覧です: スターシュプール緑風リゾートひだ流葉の感想:

« ガーラおそ | トップページ | 神岡 初金毘羅宵祭 »