« 鳥取・島根の旅その5 大根島 | トップページ | 積立方式で始まったはずの年金制度は、なぜ途中から賦課方式と説明されるようになったのか? »

2010年9月13日 (月)

鳥取・島根の旅 その6 堀川めぐり

 松江に着いて、宿に直接向かわず、松江城の堀川めぐりをすることにしました。

 写真

 これは、松江城の堀を小船で巡るもので、私たちは、松江堀川ふれあい広場というところから出発しました。ここは、城山西駐車場の近くで、松江堀川地ビール館というのが併設されています。

 堀川めぐりの発着場は、3ケ所あります。他に大手前広場、カラコロ広場の乗船場所があります。乗船券は一日乗船券になっているので、途中で降りたりすることもできます。私たちは、チェックインの時間もあるので、一周しただけでしたが。

 船頭さんのお話では、この堀川めぐりは、松江市の高齢者雇用を目的に始まったとのことで、松江市の事業の中で唯一黒字になっているとのこと。だから「船頭は肩で風きって歩いている」などと、半分冗談めかして話しているので、どこまでが本当かわかりませんが。

船の写真

 ちょっと写真写りがよくありませんが、橋を通るときに高さが低いものがあり、そのときは、屋根が下がります。従ってお客も頭を下げないとなりません。

 また、比較的大きめの橋のところで、船頭さんが、民謡を披露してくれます。ちょうどエコーがきくような感じになります。後日、松江城のボランティアガイドの方も、「歌ったでしょう」と話していましたので、そのパターンは多いようです。

 最初の写真もそうですが、堀川から見る塩見横手付近の風景は、車道の車を除くと江戸時代の風情があります。冬には、船のなかに炬燵を設置するそうです。

この行程の記事

 鳥取・島根の旅 その1 羽田空港ビル
 鳥取・島根の旅 その2 あっという間の空路
 鳥取・島根の旅 その3 水木しげるロードその1
 鳥取・島根の旅その4 水木しげるロードその2
 鳥取・島根の旅その5 大根島
 鳥取・島根の旅 その6 堀川めぐり
 鳥取・島根の旅その7夕景は見えず
 鳥取・島根の旅その8 松江フォーゲルパークその1
 鳥取・島根の旅その9 松江フォーゲルパークその2
 鳥取・島根の旅その10 松江フォーゲルパークその3
 鳥取・島根の旅その11 松江フォーゲルパークその4
 鳥取・島根の旅その12 宍道湖一周
 鳥取・島根の旅その13 夕焼け
 鳥取・島根の旅その14 国暉
 鳥取・島根の旅その15 松江城ボランティアガイド
 鳥取・島根の旅その16 帰路

|

« 鳥取・島根の旅その5 大根島 | トップページ | 積立方式で始まったはずの年金制度は、なぜ途中から賦課方式と説明されるようになったのか? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/49427199

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取・島根の旅 その6 堀川めぐり:

« 鳥取・島根の旅その5 大根島 | トップページ | 積立方式で始まったはずの年金制度は、なぜ途中から賦課方式と説明されるようになったのか? »