« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

活性にごり酒 臥龍梅 純米吟醸

写真

 開栓時、噴き出し注意!との注意書きのある日本酒。

 注意して、開栓しました。(私のPCのIMEは「開栓」が出てきません。うーむ)

 土鍋を下に敷いて、そこで開栓しましたが、特に噴出しするでもなく、飲むことができました。

 お店の方の話では、にごり酒なので、冷蔵庫に入れていても振りたくなっても決して振っていけないとのこと。

 確かにあけたあと発泡するので、にごり酒らしくなります。振る必要はないですね。

 にごり酒らしい、濃厚な味。少し甘めですが。刺身(スズキ、アジのたたき)に合いました。

 ちなみにこの銘柄はいろんな種類があるようですね。アフィリエイトには色々なものがありました。ホームページらしきところは、非常にシンプルですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

横浜ビール ピルスナー

土曜日失敗したので、日曜日は家飲み。

刺身と寿司を買っての家飲みです。ビール売り場にあったビールを買ってきました。

 横浜ビール。HPによると日本で初めてビールが作られたのは横浜だそうで。横浜はその手の自慢が多そうなイメージがあってちょっと・・・。

 ピルスナーという表記だったので、さっぱりしているかなと思ったのですが、少し濃い目のビールでした。

 刺身にはちょっと。刺身にはさわやかさが必要ですね。

星評価 ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

つゆだくシメサバ

 昨日、岩がきが食べたくなり、中野付近でと思い、「岩がき」で検索し、さる居酒屋にでかけました。

 残念ながら、岩がきは、売り切れになってしまったようで、食べられませんでしたが、頼んだシメサバがなぜかつゆだく。

 ウーム。味が悪いというわけではないが。つゆだくの刺身はなー???

 ちなみに刺身の盛り合わせも頼みましたが、ぶつ切りカット風でしたが、魚自体は、それほど悪いものではありませんでした。

 このお店、そこそこ値も張るのですが、感触としてはイマイチ。(従って店名は書きません。)以前、きたときはこんな印象はなかったのですが。

 生魚系は、ちょっとしたことのセンスで、印象の好悪がでるなというのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

脱臼リハビリ日記19 熱帯夜

 ここのところの熱帯夜は、きついですね。

 うちは妻が冷房を嫌うこともあり、寝室には、エアコンをつけていません。

 脱水気味になるせいか、肩を出して寝るせいかはわかりませんが、一時よりも上がらなくなったようです。

 きちんと肩をほぐす運動をしないといけないなと思う、今日このごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

綾の地ビール 黒

 のどごし後に、ちょっとしたコクを感じました。

 先日、紹介したアルトと同じラインナップですね。

http://rizoaka.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-dd00.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

多角化難航

 楽天が、英語を公用語化するのが、なんとなく嫌なので、多角化しようかなと思い、A8ネットに申し込んだのですが、A8ネットは、あらかじめプログラムに申し込んで承認するという形式なのですね。

 商品画像を掲載するというノリでは、使いやすさについて、楽天に分があり、なかなか多角化できないですね。

 ほかのサイトも見回してみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

月のダークラガー

 先日、「太陽のラガー」で紹介したひでじビールの黒ビールです。

 あっさりした印象です。

 むささびという愛称だそうですが、ビールとムササビ?

 メーカーHPには、細かいデータが掲載されています。

 お酒星評価 ★

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

すだれセット

 暑い日が来ました。

 梅雨明けの数日のこのホントに夏らしい日々は、私は意外に好きだったりします。

 ただ殺人的な暑さなので、気をつけないといけませんね。

 ベランダ等に百均で買ってきたスダレをセットしました。

 もう何年か使っているものもあるので、ボロボロになっているものもありますが、立派に役にたっています。

 暑いとき、スダレに霧吹きで水をかけると少し涼しくなります。

 お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

LEDランタン

 昨日まで、キャンプに行ってきたのですが、新しく買ったLEDランタンを使ってみました。

 以前、よく山に行っていた際にランタンのマントルがすぐに破けるので、電池式の方が良いのではないかと思ったからです。

 もっとも、こういうのは、趣味の世界もあり、明かりの質も関係するので、一概にはいえませんが。

 買ったのは、ハイマウント社のCREE XLamp Camping Lantanです。(ハイマウント社は発売元でCREEというのが製造ブランドかもしれません。)

 単3電池4本を使うタイプで、今回は、充電池を使いました。

 ハイ点灯で25時間だとのことで、1泊では、特に問題なく使えました。

 ガス系のランタンより小さいのも魅力ですね。

 防滴仕様で、なぜか点滅機能つき、工事現場とかで使うことを想定しているのかな?ライト部をひっくり返すと、懐中電灯になります。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

霧島ビール ゴールデン

 ホームページでは、エールなのかピルスナーなのかよくわからないのですが、飲んでみるとキリン風の苦味の中で、甘みと香りがひきたつ、飲みやすいビールです。

http://www.kirishima-fg.jp/facilities/brewery.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

綾の地ビール アルト

 500mlの缶で販売されているビールです。

 ホームページによるとケルシュでは2L缶もあるようです。

http://www.unkai.co.jp/product/another.html

 お味の方は、少し甘め、くせがありません。

星評価 ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

お酒に関する星評価

 最近、お酒に関する記事が増えてきました。

 そこで、飲食店紹介の記事と同様、星評価をしようかなと思い立ちました。

 が、お酒で難しいところは、体調やその日の気分、料理とのマッチング等、お酒そのものでない要素に影響される面が多いということ。

 でも、よくよく考えるとお店の場合も、何度も行ったところを、書いているとは限らないし、そういった意味では五十歩百歩ということで、星評価をやってみようかと思います。

 これまで、やっていなかったものと紛らわしいので、「なし」というステータスは使わないことにします。これまでの基準に沿って下記のような形でしょうか。

1個 普通。ヒック

2個 うまい。ウィー。

3個 うまい!! プファー!!

4個 おいしい。くせになります。

5個 サイコー(まずつけません。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

太陽のラガー

 会社名が、なぜ、「ひでじ」ビールなのかよくわかりませんが、甘さが印象的なビールです。

 一方で、白ビール的なあっさりとした味わいもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

2007 ナバエルス

 発音記号のようなデザインが印象的なワイン。

 12ケ月、オーク樽で熟成、その後12ケ月瓶熟させているので、クリアランサに相当と販売したお店の解説にはありましたが、それほど樽のような香りは強くなかったです。

 どちらかというと、まとまった飲みやすい印象でした。

 クリアランサとは、樽と瓶で最低2年以上熟成されたワインで、内最低6ヶ月はオーク樽で熟成させたものだそうです。

 熟成したお酒は、まろやかというか、まとまった味の印象になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

脱臼リハビリ日記その18 リハビリ終了

 先週、土曜日、最後のリハビリに行ってきました。

 あとは、自分でやっていくことになります。

 結果的には、完治しないで、医療終了となるわけです。

 5年前の結果とは、3点条件が違いました。骨頭の骨折があったこと、前回は整復がその場で行われたこと、年齢的な条件です。

 骨頭の骨折が大きかったのかもしれません。整復が容易にいかなかったのも、その影響が考えられますし、固定期間を結果的に長くとったのもその影響があるでしょう。

 前回は、街の整形外科に通っており、リハビリもほぼ毎日行っていましたので、その点でも効果は大きかったのかもしれません。

 結果的には、3ケ月半で完治せずとほぼ1ケ月半での完治では違いが大きかったですね。

脱臼リハビリ日記一覧

 脱臼リハビリ日記
 脱臼リハビリ日記その2 状態
 脱臼リハビリ日記3 最初のうちは
 脱臼リハビリ日記その4 回復ペース
 脱臼リハビリ日記その5 腕固定装備
 脱臼リハビリ日記その6
 脱臼リハビリ日記その7 自動ドアに注意
 脱臼リハビリ日記その8 肩の高さ解禁
 脱臼リハビリ日記その9
 脱臼リハビリ日記その10 一進一退
 脱臼リハビリ日記その11 車の運転
 脱臼リハビリ日記その12 鉄棒
 脱臼リハビリ日記その13 期間経過
 脱臼リハビリ日記その14 朝一
 脱臼リハビリ日記その15 すこし進展
 脱臼リハビリ日記その16 筋力不足
 脱臼リハビリ日記その17 診療終了
 脱臼リハビリ日記その18 リハビリ終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

相撲騒動と付和雷同

 名古屋場所は、NHKは、相撲中継しないそうですね。

 今回の相撲協会への批判等は、何を言っているのか意味不明な面が多く、また問題の捉え方もヘンなところがたくさんあるような気がします。この記事では、相撲騒動に関して、「外野」で生じている反応について考えていきたいと思います。

 まず、相撲協会等を批判するマスコミ論調等ですが、そもそも何が問題なのかが、明確になっていません。

 日本相撲協会のトップページでは、「反社会的勢力との断絶をめざす日本相撲協会の活動」とリンクが掲載されています。

 ということは、暴力団等との関係があった(?)ことが問題であり、本来、処分や対応は、それに資することが必要ということになると思います。

 もっとも、これは、相撲協会の認識であり、問題は別のところにあるのだという考え方もありうるでしょう。

 よくあるのが、「閉鎖的体質」という批判です。だた、これは批判の体をなしていません。閉鎖的体質とは何かという定義、もしくは説明がなければ、単なる悪口に過ぎないのです。大概の場合、例えば理事を外部から受け入れないだとか、ひとつ位は、その論拠らしきものはつけています。しかし、その行動がどのような意義があって、どのような手法を用いるべきという内容がない限り、まともな意見とはいえるレベルではありません。「国技」を錦の御旗にしている、批判等も同等の情緒性の高い、非論理的な「批判」が多いので、とりあえず、社会的に価値があり、かつ必要なのは、「暴力団等との関係途絶」として文を進めます。

 その場合、多くの「批判」が求めた、「NHKの放映中止」や「琴光喜関の解雇」等と「暴力団との関係途絶」との直接的な効果というのが疑わしいところがあります。

 ようはNHKで放映中止すれば、暴力団との関係を途絶できるのかといった、対応の論理性が極めて薄いといったところに特徴があるのです。

 さて、今回のテーマは、「外野」の反応であり、タイトルも「相撲騒動と付和雷同」としています。つまり、論理性の低い対応を求める「批判」が多いということに、社会の反応としてひとつの特徴が見られるだろうと考えたわけです。

 例えばNHKが放映中止を決めた際に、6割以上の放映中止を求める意見が寄せられたと発表しています。

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/100706.html

 その母数がどのくらいの量だったのか、手続き的に6割というのが適切だったのか(例えばアンケートや世論調査など意見聴取として行ったものなのかなど)、この発表に対する疑問はいくつかはありますが、NHKに対し有形、無形の圧力がかかったという現象が生じたとはいえるでしょう。

 この現象は、ひとつ叩くべき対象が現れると、付和雷同的に叩きにかかるという行動が頻発しやすくなるということが言えるのではないでしょうか。問題点と求める対応策との関連性が低いのも、叩くことありきだからという説明が成り立ちます。

 問題なのは、NHKに寄せられた圧力です。この問題では、賭博等に関してはNHKは直接の当事者ではありません。しかしその直接の当事者でない関係者に対しても、付和雷同行動と同調行動を取るよう、有形無形の力が働くといったことなのでしょう。

 この事例に関しては、不祥事リスクに対するクライシスコミュニケーション事例のひとつといった捉え方も可能だと思われます。

 日本社会には、付和雷同行動のような要素が確実にあり、それに対する対処というのを考える必要があるということを、今回の事例は示していると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

サンテロ ピノ シャルドネ スプマンテ

非常にさっぱりしたスパークリングです。かといって辛口すぎるというわけでもありません。

魚介のスパゲッティと一緒に飲みました。

ロゼもあるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

サッポロビール那須工場 森のビール園

 6月末に行ってきました。

 車で移動していたので、レストランでは、飲めませんでしたが、工場限定ビールを買って、帰りに飲みました。(那須塩原からは新幹線で帰ったので、車ではありません。)

 通販とかしているのかなと思いきや、限定ビールなので、工場限定のようですね。」

 HPでも見当たりません。

http://www.sapporobeer.jp/brewery/nasu/

 レストランのところに説明があります。

http://www.nasu-morinobeer.jp/beer/index.html

 写真 この写真のは、ドゥンケルですね。

 ほかにピルスナー、ヴァイツェンがありましたが、ヴァイツェンが好みかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

ケーブルテレビ乗り換え日記その6 モデム等が切れない

 その後、通常に使っている分には、切断等はないのですが、モデム及び電話の接続装置、ルーターの電源を切ると、モデムとルーターの接続がおかしくなるようです。

 PCから再設定ソフトを起動し、接続を行うのですが、ルーターそのものが検知されないこともあるようです。モデム、ルーターのインジケータは正常に点滅しているため、ルーター(もしくはケーブル)の相性の問題かもしれません。

 夜等は、ACアダプターが熱を持つので、電源は切りたかったのですが、今のところつけっぱなしにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

那須高原ビール いちごエール

http://nasukohgenbeer.shop-pro.jp/?pid=10277666

「世界でただひとつのいちご麦酒」ってどんなん?

と思いきや、結構、まとまった味かつ、いちごの香りもきちんとします。

ベルギービールのような、フレバリーを行ったビールという印象でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

コイロン シャルドネ・シュナン

 高島屋の自家発注用の新世界ワイン6本セットの一本です。

 説明文には、明るいみどりがかった黄色と表現されていますが、たしかにお茶のような色の印象があります。

 酸味はそれほど感じなかったのですが、スッキリ感があり、フルーツ感のある香りも感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

米鶴 スパークリング

 日本酒の甘みをほのかに感じるスパークリングです。

 ビールとの違いは、苦味の使い方、スパークリングワインとの違いは、フルーツ香と米の甘さとの違いでしょうか。

 メーカーページによると自然発砲ではなく、炭酸ガスを注入したもののようですが、それはそれで、また別の苦労があったようです。

 ところで、商品画像を掲示するために使っている楽天が英語を公用語にするそうですね。日本企業でなくなるそうで。母国と母国語に愛着と敬意のない企業は嫌だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

那須高原ビール スタウト

http://nasukohgenbeer.shop-pro.jp/?pid=10277654

 他のビールがまとまっていた味が多かったので、少し意外だったのですが、思いのほか苦味が強いビールでした。

 香ばしさを強調しているといった感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

那須高原ビール スコティッシュエール

http://nasukohgenbeer.shop-pro.jp/?pid=10277645

 那須高原ビールのスコティッシュエールです。

 先日紹介したイングリッシュエールは、金賞を取ったそうですが、こちらは2008年ワールドビアカップ銅賞だそうです。

 まとまった、落ち着いた印象の味わいがします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

那須高原ビール イングリッシュエール

http://nasukohgenbeer.shop-pro.jp/?pid=10491256

 昨日の「愛」に比べると、香り高い印象です。1999年インターナショナルビアサミット 金賞だそうです。

 ちなみにここの酒造会社は、ヴィンテージビールという「古」ビールを出しており、ベルギービールのような陶器の入れ物に入れて販売しています。

 http://nasukohgenbeer.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=441631&csid=0

 今回は購入してみませんでしたが、一度飲んでみるのもよいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »