« 金鶴 風和 | トップページ | Kronenbourg »

2008年12月10日 (水)

朱鷺

Sany0329  金鶴を購入した際の旅行の目的のひとつは、朱鷺を見に行くことでした。

 これはトキの森公園の看板です。

 ここでは、保護されている朱鷺が飼われています。ケージの朱鷺は、20m位離れたところからですが、見ることができます。先日、放鳥された朱鷺はここからリハビリテーションセンターのようなところ(野生復帰ステーションというそうです。)で、訓練を受けてから放鳥されたそうです。

 朱鷺色というのは、薄い(オレンジがかった)ピンク色を指します。この看板のように羽を閉じていると単なる白い鳥ですが、羽を広げた際の内側の羽は、朱鷺色をしています。

 飛翔したところを移した新潟日報のトキ放鳥特集の写真は大変美しいものでした。

 両津の郷土資料博物館では、朱鷺に関する展示も行っており、朱鷺保護に関わった方たちの活動が生き生きと描かれていました。

 特に最後の野生朱鷺、キンを捕らえた、宇治金太郎さんの逸話は、涙ものです。

|

« 金鶴 風和 | トップページ | Kronenbourg »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/43359121

この記事へのトラックバック一覧です: 朱鷺:

« 金鶴 風和 | トップページ | Kronenbourg »