« 実験 | トップページ | 東京 亀戸 味一番 »

2007年5月19日 (土)

週間アスキー 仮想報道

 週間アスキーで読んでみて面白いなと思ったんですけど、検索してみたら、著者の方がウェブにアップしていますね。

http://blog.a-utada.com/chikyu/2007/05/post_220d.html

 この記事は、テレビのコンテンツをインターネットに流すこと(IPマルチキャストというらしいですね。)の検討の動き(コチラを参照)を批判的に論じています。

 そして、「テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか」(吉野次郎 日経BP社)の記事を引用し、地方局がキー局より、CM付番組の再放映により成り立っていると指摘しています。

 事実関係は確認していないのでなんともいえないのですが、確かに人為的な規制により、ビジネスが成り立つというのは、極めて不健全な状態といえますね。

 そういう不健全な状態をどこまで維持できるものかどうかはわかりませんが、「地方」をキーワードにする施策は、そういった不健全さを払拭する必要があるともいえるでしょう。

 地方都市にいけば、全然使われてない公的資本が投入されたと思われる商業施設や会議施設などを目にします。これらは、「公共投資」が「公共消費」と化してしまっている現実を物語っていないでしょうか。

 公的資本が、再生産の見込みのない事業に注入されるのであれば、長い目で見れば、それに携わっている事業者も単なる公的「扶助」の受給者と変わりない生産性しか果たしていないといえます。そういった仕組みの増殖は、社会の生産性を落とし、活力を低下させる病だといえるのではないでしょうか。

 今、「ふるさと納税」が議論されていますが、そういった「地方」の生産性についての議論を行わずに導入する場合、とんでもない搾取制度を作ることにつながりかねません。

 論旨と直接の関連はありませんが、ヤフーでふるさと納税を納めたいか否か(賛成、反対ではない)でアンケートを取ったところ、「納めたい」が少し多い結果だったようです。ただしコメント等は「地方」の非効率な行政への批判が多く書かれているように感じました。

 「規制」「税制」は、性格はことなりますが、「地方を守る」とは、本当は何を守るのかという議論が必要です。

|

« 実験 | トップページ | 東京 亀戸 味一番 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/15122251

この記事へのトラックバック一覧です: 週間アスキー 仮想報道:

« 実験 | トップページ | 東京 亀戸 味一番 »