« 東京 世田谷 桜新町 胡麻屋 | トップページ | 今日の湯沢 »

2007年1月 5日 (金)

小さくなった包丁

 先般、昼食に入ったお寿司屋さんで(名前を忘れてしまったのですが)、カウンターに座りました。板前さんが魚を捌いている様が見えたのですが、刺身包丁が、かなり細身になっていました。

 きっと毎日磨いでいるうちに、小さくなったのでしょう。手さばきぶりも含め、さすがにプロと思わせる姿でした。

 そのことで、ふと思ったのは、こういった使い込んだものの味というのが、見直されるようになることが、リデュース・リユース(注)を進める上で大切なことなのではないかなということです。

 「使い込んだ物」が古いつまらないものではなく、味のあるものとの評価があれば、新品ばかりを使うということにもならないと思うのです。それは機能のみに志向する価値観ではなく、「なじむ」ことなど使用感全体を感じる感性が必要になるのでしょう。

 例えば、ビンテージのGパンなど、そのような扱いの例もあると思います。

 そういうことが成立する条件を考えてみると面白いかもしれません。

(注)リデュース・リユース

 リサイクルを加え、3R(スリーアール)と言われ、廃棄物抑制のためのキーワード

 リデュース 廃棄物の発生抑制

 リユース 物の再使用

 リサイクル 再資源化

リサイクルの前に、リデュース・リユースを進めることが大切と言われている。

 

|

« 東京 世田谷 桜新町 胡麻屋 | トップページ | 今日の湯沢 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/13339869

この記事へのトラックバック一覧です: 小さくなった包丁:

« 東京 世田谷 桜新町 胡麻屋 | トップページ | 今日の湯沢 »