« ゼロ金利政策とお金持ち | トップページ | リンガーハット中野南口店 »

2006年10月 1日 (日)

エンデの遺言

 さすがは本家・本元ですね。「地域通貨入門」lで取り上げられた事例の多くが、この本で取り上げられています。

 「金利の正当性」で書いた論理は、「節欲説」というそうです。

 お金の機能についても、「地域通貨入門」lでの3機能の他に、「投機的利益の道具」「支配の道具」があるとのことです。

 この2機能については、多くの人が問題視するのは、当然と思いました。

<広告>

美術、市場、地域通貨をめぐって 美術、市場、地域通貨をめぐって

|

« ゼロ金利政策とお金持ち | トップページ | リンガーハット中野南口店 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/12106057

この記事へのトラックバック一覧です: エンデの遺言:

« ゼロ金利政策とお金持ち | トップページ | リンガーハット中野南口店 »