« スパムとアクセシビリティ | トップページ | エンデの遺言 »

2006年9月30日 (土)

ゼロ金利政策とお金持ち

 「地域通貨入門」で納得のいかなかったことのひとつとして、貧富の格差の拡大を金利に求めているふしのあるところです。(明確にそう書いて訳ではありませんが)

 ゼロ金利政策では、家計部門から企業部門への所得移転だとの指摘があります。

 下記の記事では、所得移転が154兆円にも登ったと、国会で論戦になっている様が描写されています。

http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2006/07/post_328b.html

 ここで言う家計部門というのは、お金持ちも貧乏な人も全て含むのでしょうから、貧富の格差とは直接関係ないといえばそれまでですが、事はそこまで単純ではないような気がします。

 金利が「悪」で、そのことが貧富の格差の拡大につながるというのであれば、ゼロ金利政策というのは、画期的な政策だったということになりますね。

<広告>

ゼロ金利と日本経済 ゼロ金利と日本経済

|

« スパムとアクセシビリティ | トップページ | エンデの遺言 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189656/12097663

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ金利政策とお金持ち:

« スパムとアクセシビリティ | トップページ | エンデの遺言 »