2020年7月 8日 (水)

「ダム頼りと決別」の説得力のなさ!被害者の墓前でも同じことを言えるのか?

 さすがはT新聞。またしても、ひどい記事を見ました。

 曰く、「近年相次ぐ大水害、対策は、ダム頼りと決別必要」

 この記事では、大きな被害を出した球磨皮の治水対策に触れたうえで、治水対策として、水田、遊水池の活用を提言しています。また両岸に樹林帯整備も記載しています。しかし同じ記事の中で、「ダムに頼らない治水」を目指した蒲山知事が、川幅を広げる「引堤」や川底の掘削、堤防と宅地のかさ上げなどを検討したがうまくいかなかったことに触れています。

 要は、「ダムに頼らない治水」は、人の命を救えなかったということです。(被害者を殺したまでは言い過ぎでしょうが。そういう受け止めもあるかもしれません。)

 ひどいというのは、そういう自己矛盾を書き連ねながら、そのことに対する自覚が示されていないこと。

 「ダムに頼らない治水」がうまく進まなかった原因として、住民の合意などに時間がかかることを指摘しています。水田の活用にしても、具体に行うとしたら、様々な課題が出るでしょう。川幅の拡張にも記事は触れていますが進まないと指摘しています。その状況で、両岸の樹林帯整備なんていうのは、空論以外の何物でもないということになってしまいます。

 有識者のいう一般論を無理にコピペして記事を構成するので、こうなるのでしょう。

 この記事は、最後は、川と共存できる対策を目指してほしいという言葉でしめ、見出しには「川と人、共存の思想を」と掲げています。

 ダムが川との共存ではないかどうかは、いろいろな議論があるでしょう。しかし、治水という考え方からすれば、特定の手法を「禁じ手」として排除してしまう、無責任な考え方が惨禍の遠因にあると言えます。「ダムだけに頼る治水」はまずいかもしれませんが、「ダムを排除する治水」も無責任というのが、明確になったと理解すべきでしょう。

 排除すべきはダムではなく、「共存」などの美麗な言葉を連ね、空論を重ねることではないでしょうか。

 

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

新宿の変貌

 昨日、通院のため、いま話題の新宿に行きました。(実際には、表参道から歩いたのですが。コロナで話題のあちら方面には行ってません。ちなみにこの記事は、この話題系の話は、ありません。)

 ヨドバシで、体温計用の電池を買い、地下鉄に乗ろうと、移動していたら、あれ?

 スバルビルがありません。取り壊すと言っていたなあと思いつつ、地下に入ってみたら、新宿の目はしっかり残っていました。

 今日は、高島屋に行き、シーアンで食事をとりました。でも、新宿ボンベイは、既になく。なんでも親会社が買収されたとかそうでないとか。

 繁華街も少しづつ姿を変えますね。コロナ禍で、どう変わっていくのやら。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

こういうのは、呑気、希望的観測というのかな?

 韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長が24日、世界貿易機関(WTO)の事務局長選に立候補を表明した。日本は韓国との間に徴用工問題や輸出管理厳格化などの懸案を抱えており、韓国から当選して国際的な発言力を高める事態を警戒。立候補者の情報収集に加え、選挙戦の去就に大きな影響力を持つとみられる米中の動向を注視することになりそうだ。

(中略)

 ただ、日本政府内では、韓国の候補者が当選しても、「立場上、日本に対して恣意(しい)的なことはできないだろう」との声も聞かれた。

 こういう事態となる際は、過去の言動などを十分に分析し、最大限の警戒を払うべきでは。

 対立候補への応援も含め、できうる限りのリスクの排除を図るべきなのでは。戦略的思考の欠如というか。

 何かというと、いちゃもんをつける某国もどうかとは思いますが、こちらの対応もどうかというところがあるから次から次へとやられっぱなしなんでしょうね。

 文末の「声」とやらは、呑気を通り越しているような気がしますが、大丈夫なのかなあ。

 

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

ヒョウタンを定植し、パセリと赤丸二十日大根の種まきをしました!

Dsc_0825  実は、パセリの方は、一週間くらいになるのですが、全然発芽しません。ダメかなあ。

 赤丸二十日大根は、昨日、種まきをしました。双方とも、ハンギングプランターに袋栽培というパターンです。

 今回は、虫よけのネットで鉢を覆っています。二十日大根の方は、種まきポットにも蒔いておきましたので、どちらかが上手くいくことを期待したいです。

 パセリの時は、適当に蒔いたのですが、二十日大根は、一応、筋蒔きにしてみましたが。どうなるでしょうか。

 ヒョウタンは、2週間くらい前ですかね。種をポットに入れて発芽させ、それを小さな鉢に植えて、育てました。

 今は、既に定植し、本葉が出始めたくらいでしょうか。

 今年のグリーンカーテンは、昨年から残っているサンシェードブルーとこのヒョウタンということになります。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

新型コロナ システム維持のための社会保険の柔軟な運用を!


 5月20日午前、大阪府内の医療機関などが加盟する大阪医療労働組合連合会は、コロナ患者を治療している医療現場の職員や経営者に関する調査結果を公表しました。
 経営者からは「新型コロナウイルス患者を受け入れたことで外来診療が減ったため経営難に陥っている」といった声が寄せられたということです。
 「物資の不足と患者の受け入れ対応にあたって、設備や機器の購入に多額の経費がかかっていると。おしなべて大きな減収に頭をかかえている状況がうかがい知れます。」(大阪医療労働組合連合会 前原嘉人書記長)
 組合は国や府に対して、補助金の支給など支援を求めたいとしています。

 お金に困るところがあれば、出さなくなるところがあるわけですね。診療が減るということは、医療保険からの支出が減るということ。医療保険は、既にそれだけの診療実績を見込んでお金を集めています。

 常時であるならばともかく、こういう非常時なのですから、利用者負担との関係など度外視し、保険給付から柔軟にシステム維持のための支出をすべきではないでしょうか。

 補助金というのは、原資は、すべて赤字国債。利子がかかります。

 介護保険でも同様の構図があるようですが、社会保険はこういう時こそ、柔軟な運用を行ってほしいものです。

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

3つの感染症

 テレビでも紹介されていましたが、日本赤十字社の作ったパンフレット。

 言いえて妙かなと。

 新型コロナの顔として、「病気そのもの」「不安と恐れ」「嫌悪・偏見・差別」を挙げています。

 特にやっかいなのが、2番目の「不安と恐れ」

 これに憑りつかれている人は、自分に瑕疵はないと思っています。当然の結果だと。

 しかし、このパンフレットでは、「気づく力、聴く力、自分を支える力」を弱めるとしています。

 それが「嫌悪・偏見・差別」の温床となるとしているのです。

 そこまでの行動は取っていないとする人たちは多いでしょう。

 でも、日常から逸脱した行動を、明らかに人に迷惑をかけている行動をとっている例も多いのでは。

 悪意がないというのは、始末が悪いものです。

 このパンフレットでも「気づく力」「聴く力」「自分を支える力」ごとに対応を説明しています。

 「不安と恐れ」に対して、自らを省みる姿勢を持ちたいものです。

 

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

下呂温泉のマンホール ~下呂と高山に行きました!その6~

Imgp8282

 最近は、テレビも再放送が増えてきたようで。こちらは、溜まっているネタではありますが、「再掲載」ではありません。って、自慢にはなりませんが。

 写真は、下呂温泉のマンホール。「いい湯、いいまち、下呂のまち」と記載されています。

 マンホールとは関係ありませんが、下呂の道は、ブルーと白のチップのようなものがアスファルトにちりばめられているんですね。

Imgp8280 こちらは、仕切弁とありますが、何かの設備のものでしょうか。下呂は、カエルがお好みのようで。「ケロ」だからですか。

Imgp8281

 消火栓もカエルです。

下呂と高山に行きました!

 下呂と高山に行きました!
 駅釜きしめん ~下呂と高山に行きました!その2~
 下呂温泉 ~下呂と高山に行きました!その3~
 万里集九像 ~下呂と高山に行きました!その4~
 林羅山像 ~下呂と高山に行きました!その5~

参考 各地のマンホール

| | コメント (0)

«天領 活醸にごり酒