2017年11月25日 (土)

腹出し鳥 ~和歌山に行きました!その15~

Imgp5860

 バードケージでふと足元を見ると、腹を出して仰向けになっている鳥が。かゆいのか盛んに嘴でつついています。近くに寄ってみ気にする風でもなし。

 野生だとこんな鳥はいないんでしょうね。

和歌山に行きました!記事一覧

 和歌山に行きました!
 南紀白浜空港 ~和歌山に行きました!その2~
 和歌山ラーメン 和ん ~和歌山に行きました!その3~
 白良浜 ~和歌山に行きました!その4~
 アドヴェンチャーワールド到着 ~和歌山に行きました!その4~
 お出迎え ~和歌山に行きました!その5~
 象の檻 ~和歌山に行きました!その6~
 花ペンギン ~和歌山に行きました!その7
 よく動くレッサー ~和歌山に行きました!その8~
 ラブラブなオウム? ~和歌山に行きました!その9~
 ジャイアントパンダ ~和歌山に行きました!その10~
 ペンギン王国 ~和歌山に行きました!その11~
 笹を食む ~和歌山に行きました!その12~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

ルーターの規定容量超過

 モバイルルーターの規定容量を超過したとのことで、速度低速化になってしまいました。
 このところ、nifty gameで使っていたからかなあ。
 しばらく、gemeはおあずけですな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

2016上野公園ぶらり歩き

上野公園ぶらり歩き記事一覧

 上野公園ぶらり歩き その1 東京文化会館
 国立西洋美術館 ~上野公園ぶらり歩きその2~
 東京都東部公園緑地事務所 ~上野公園ぶらり歩きその3~
 ラムダロケットランチャ ~上野公園ぶらり歩き その4~
 寛永寺 黒門 ~上野公園ぶらり歩きその5~
 輪王寺 ~上野公園ぶらり歩きその6~
 幸田露伴旧宅の門 ~上野公園ぶらり歩きその7~
 国立科学博物館 ~上野公園ぶらり歩きその8~
 野口英世像 ~上野公園ぶらり歩きその9~
 正岡子規記念球場~上野公園ぶらり歩きその10~
 擂鉢山 ~上野公園ぶらり歩きその11~
 時忘れじの塔 ~上野公園ぶらり歩きその12~
 天海僧正毛髪塔 ~上野公園ぶらり歩きその13~
 王仁博士の碑 ~上野公園ぶらり歩きその14~
 清水観音堂 ~上野公園ぶらり歩きその15~
 人形供養の碑 ~上野公園ぶらり歩きその16~
 彰義隊の墓 ~上野公園ぶらり歩きその17~
 西郷隆盛像 ~上野公園ぶらり歩き その18~
 月の松 ~上野公園ぶらり歩き その19~
 五條天神社 ~上野公園ぶらり歩き その20~
 時の鐘 ~上野公園ぶらり歩き その21~
 上野大仏 ~上野公園ぶらり歩きその22~
 グラント将軍植樹碑 ~上野公園ぶらり歩きその23~
 小松宮彰仁親王像 ~上野公園ぶらり歩き その24~
 大噴水と国立博物館 ~上野公園ぶらり歩き その25~
 ボードワン博士像 ~上野公園ぶらり歩き その26~
 上野東照宮 神楽殿 ~上野公園ぶらり歩き その27~
 広島・長崎の火 ~上野公園ぶらり歩き その28~
 上野東照宮唐門 ~上野公園ぶらり歩き その29~
 めがねの碑 ~上野公園ぶらり歩き その30~
 不忍池辨天堂 ~上野公園ぶらり歩き その31~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

ウシ柄のヤギ ~和歌山に行きました!その14~

Imgp5859

 高いところが好きなヤギもこの日は日陰に落ち着いていますが。

 なんだか、柄がウシっぽい。ヤギなのに。(次の記事へ

和歌山に行きました!記事一覧

 和歌山に行きました!
 南紀白浜空港 ~和歌山に行きました!その2~
 和歌山ラーメン 和ん ~和歌山に行きました!その3~
 白良浜 ~和歌山に行きました!その4~
 アドヴェンチャーワールド到着 ~和歌山に行きました!その4~
 お出迎え ~和歌山に行きました!その5~
 象の檻 ~和歌山に行きました!その6~
 花ペンギン ~和歌山に行きました!その7
 よく動くレッサー ~和歌山に行きました!その8~
 ラブラブなオウム? ~和歌山に行きました!その9~
 ジャイアントパンダ ~和歌山に行きました!その10~
 ペンギン王国 ~和歌山に行きました!その11~
 笹を食む ~和歌山に行きました!その12~
 日差し避け ~和歌山に行きました!その13~
 ウシ柄のヤギ ~和歌山に行きました!その14~
 腹出し鳥 ~和歌山に行きました!その15~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

日差し避け ~和歌山に行きました!その13~

Imgp5856

 この日は、結構日差しが強い日で、ウサギも物陰に隠れています。

 その点オウムは、大丈夫なのでしょうかね?(次の記事へ

Imgp5858

和歌山に行きました!記事一覧

 和歌山に行きました!
 南紀白浜空港 ~和歌山に行きました!その2~
 和歌山ラーメン 和ん ~和歌山に行きました!その3~
 白良浜 ~和歌山に行きました!その4~
 アドヴェンチャーワールド到着 ~和歌山に行きました!その4~
 お出迎え ~和歌山に行きました!その5~
 象の檻 ~和歌山に行きました!その6~
 花ペンギン ~和歌山に行きました!その7
 よく動くレッサー ~和歌山に行きました!その8~
 ラブラブなオウム? ~和歌山に行きました!その9~
 ジャイアントパンダ ~和歌山に行きました!その10~
 ペンギン王国 ~和歌山に行きました!その11~
 笹を食む ~和歌山に行きました!その12~
 日差し避け ~和歌山に行きました!その13~
 ウシ柄のヤギ ~和歌山に行きました!その14~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

仁寿峰の思い出

Inspon

 昨日、仁寿峰(インスポン)に行った際のバンダナをなくしてしまった話を書きましたが、その当時、書いた記事を掲載します。当時は、ブログなどというものはなく(? ポピュラーでなかっただけかな?)ホームページで載せていました。でも、先般、サービスの終了とのことで、契約を解除してしまったため、既に公開しなくなっていたものです。

 まあ、20年近く前(前世紀ですね)の話ですので、今更感がありますが、まさに思い出ということで。

*****

 99年9月22日~26日に韓国の仁寿峰へ岩登りへ行ってきました。仁寿峰(インスポンと読みます。)は韓国の首都ソウル郊外にある国立公園=北漢山(プカンサン)国立公園にある花崗岩の岩山です。北漢山というのは、仁寿峰,白雲台(ペグンデ),万景台(マンギョンデ)の三峰から成り立ちます。仁寿峰には唯一頂上へハイキングコースが通っておらず、岩登りをして頂上に立つことになります。東洋のヨセミテとの形容がある素晴らしい岩場です。

9月22日

 金浦空港に降り立つ。金浦空港は昨年デナリへ行ったときにトランジットしており、懐かしいような気がする。出発前に韓国の山の冊子を出されている石田さんという方に最寄駅がスユという駅なのは聞いていたが、初っ端から異国の交通機関に乗る気がしないのと、時間の節約のため、タクシーに乗り込む。約50000ウォン弱(4~5000円位)で登山口のトソンサ到着。
 そこからだいたい1時間から1時間半位で白雲山荘(ペグンサンジャン)着。旅行会社からの手紙が届いていなかったが、無事宿泊できた。
 ペグンサンジャンのガイド=金さんにアプローチを案内してもらう。山荘のトイレのところの道をそのままトラバースし、仁寿峰の見えるコルからルンゼを下降するとすぐ取付だ。
 なお金さんは英語が通じた。
 白雲山荘は、日本の山小屋といった風情。シェラフは貸し出してもいるようだが、シェラフ,マットは持参した方が良いだろう。

Rappelroute

9月23日

 昨晩から朝方に雨が降ったため、白雲台に行くことにする。白雲台まではハイキングコースが整備されており、歩いていける。近郊の良い行楽地になっているようで、家族連れなども来ている。ソウルを一望するには良い展望台である。
 戻ってきたころ、そろそろ壁も乾いたかもということで、仁寿(インス)Bへ向かう。アプローチのクラックは5.7のはずだが、結構しょっぱい。
 ルートに入ってからは、カムが良く効き、気分の良い登攀だった。
 途中、ダイクがあるが、ダイクというより、彫ってあるような凸凹である。そこを過ぎると傾斜も緩くなる。タヌキの腹のようなスラブを抜けるとすぐに頂上である。
 下降点は頂上から1段下がったところを西壁へ向かうと下降点用の杭が何本か打ってある。それを60mロープを使い2ピッチで下降可能。

9月24日

 朝から雨のため、町へ降りることにする。韓国はこの時期、旧盆(?)らしく店は何も開いていない。この連休を計画に入れることは賢明ではないようだ。南大門市場の屋台で食事をしたらえらくボラれてしまった。旅行者は要注意!

Daisurabu

9月25日

 本日はシュイナードBに向かうことにする。一ピッチ目のクラックは昨日の雨で濡れていたため、大スラブを経由する。韓国人クライマーは慣れているためか、「歩いていく」ものもいる。慣れてない状況だと非常にきつい。プロテクションがないので岩のしわにスモールナッツなどをかましたりしたが、有効だったかは定かではない。
 ルート内は快適なクラックが続くが、きつかったのは耳岩手前のスラブである。ここはパートナーががリードした。仁寿峰の基準で言えばボルトはある方ではあるが、仁寿峰の岩質に慣れていない我々には相当しんどかった。仁寿峰ではフリクションが良くきくという実感を感じられるようにならないと、スラブルートはきついようだ。
 下降後はショートルートを登った。ショートルートとクラックのクラッシックルートはエリアが違うようだ。

9月26日

 25日はソウル市内のビジネスホテルに泊まった。26日は東大門市場などで買い物をして、帰路につく。登山用具店は南大門より東大門の方が多いように思う。白雲山荘の金さんも東大門を勧めていた。

アプローチ・交通
 地下鉄が便利。路線番号及び駅番号が記されており、路線図があれば迷わないと思われます。
 最寄駅はスユで、24日に南大門に行ったときはそこでタクシーが拾えました。
 バスはウィドンまで出ているようです。ウィドンからスユに降りるときは、バスのアナウンスが理解できないため、現在地が分からずヒヤヒヤしました。

アプローチ・ハイキング道
 ほぼ一本道ですので、迷わないと思います。


装備
 白雲山荘では食事も出るので、シェラフとマットがあれば十分。
 ガチャ類はキャメロット(3位まで)が2セットあれば良いでしょう。エイリアンはあまり使わなかった。もっとも他のルートはなんとも言えないが。

****

 もう20年近くたつので、交通なんかも変わっているのでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

バンダナの結び方

 昨日、バイクに乗る際にウインドブレーカーを着るとの記事を書きましたが、その季節くらいから、バンダナを首に巻くことにしています。
 
 首の保温と、えりの汚れ止めの二つの意味でやっているのですが、一度(だけではなかったかも)、バンダナを飛ばしてしまったことがありました。
 
 前に結び目がくるようにしたのがいけなかったのかなと、その後は、結び目が後ろになるように結んでいます。そうすると、前から風がくるので、結び目が外れた時でも、飛んでいかないかと。その後は、飛ばしてしまったことはありません。
 飛ばしてしまったバンダナは、昔、韓国の仁寿峰(インスボン)に行ったときのもので、いくつかあったのですが、いつの間にか、ひとつづつ、無くしてしまい、最期のひとつだったので、惜しいことをしました。そういえば、ヨセミテのバンダナモいつの間にかなくなっているなあ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«USタキオンアノラックを買いました!