2018年1月21日 (日)

虎ノ門ヒルズ ~浜松町から赤坂まで歩きました!その9~

写真

 道を歩く中、見えてきた高層ビルは、虎の門ヒルズ。

 この虎ノ門ヒルズ、昭和21年(西暦1946年紀元2606年)に最初の整備計画が決定された環状2号線の上に建っています。

 この環状2号線、都心部にありがちな用地買収の難航によって永年凍結されていました。

 計画が建てられたのが、戦後まもなくだったため、アメリカ大使館から竹芝桟橋までの大道路が構想されたのだと、「マッカッサー道路」という俗説も広まったそうです。

 実際には、GHQは、このような大きな都市開発にどちらかというと反対の立場であり、計画は後藤新平の帝都復興計画(関東大震災からの復興計画)を参考にした東京都建設局のプランをベースに閣議決定されたものとのこと。

 道路自体は、平成10年(西暦1998紀元2658)に道路を地下化することで、地元の合意を取り付け、着工に向けて動き出しました。平成14年(西暦2002紀元2662)に、立体道路制度を活用、都道の上にビルを建築する構想を発表。森ビルが参画を決め、事業化が進みました。このスタイルは民間が計画段階から参画する「事業協力者方式」の第1号だそうです。

 これだけの大規模なものだとそういう方式も必要なのかもしれませんが、公平性とかの観点はどうなのかなというところはありますが。

 実際、東京都は4棟のビルを建築する考えだったそうですが、森ビル側が一棟への集約を主張し、それが反映されたそうです。

 大規模なビルはランドマークにもなりますし、高度な土地利用、周辺施設の緑化など、都市としての機能を果たす面もあるでしょう。

 こういった選択が正しかったかどうかが判断できるのは、ビルの寿命を経た後でしょうか。

浜松町から赤坂まで歩きました!記事一覧

 浜松町から赤坂まで歩きました!
 芝大神宮 ~浜松町から赤坂に歩きました!その2~
 東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その3
 増上寺 三解脱門 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その4~
 増上寺と東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その5~;
 青松寺 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その6~
 NHK放送博物館 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その7~
 愛宕神社 出世の階段 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その8~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

愛宕神社 出世の階段 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その8~

photo

 愛宕神社は、慶長 8 年(西暦1603紀元2263)、江戸に幕府を設く徳川家康公の命により防火の神様として祀られ、また、家康が信仰した勝軍地蔵菩薩を勧請、同社の本地仏として別当寺の円福寺に祀ったことに始るとのこと。

 愛宕神社のあるあたりは、愛宕山と呼ばれる自然の山で、写真の出世の階段の脇には、山の証である三角点があるとのこと。

 標高は25.7mで、天然の「山」では23区一だそうです。

 出世の階段とは、講談で有名だそうですが、曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなみます。以下は、愛宕神社のホームページにある逸話です。

 時は寛永11年、江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通りました。 折しも春、愛宕山には源平の梅が満開。家光公は、その梅を目にされ、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。

 しかしこの愛宕山の石段はとても急勾配。歩いてのぼり降りをするのすら、ちょっと勇気が必要なのに、馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。 下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落としそう。家臣たちは、みな一様に下を向いております。 家光公は、みるみる機嫌が悪くなり、もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。

 家光公。その者の顔に見覚えがありません。 「あの者は誰だ」 近習の臣に知る者はありません。 「おそれながら」 「おう」 「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」 「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」

 平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。 平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。

 この出世の階段、自然地形をそのまま活かしたということもあるのでしょうが、現代であれば、踊り場が必ずありますが、それがないのも困難さの一つなのでしょう。

 階段の構成も技術の進歩を示す歴史の一つだなあと感じました。(次の記事へ

浜松町から赤坂まで歩きました!記事一覧

 浜松町から赤坂まで歩きました!
 芝大神宮 ~浜松町から赤坂に歩きました!その2~
 東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その3
 増上寺 三解脱門 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その4~
 増上寺と東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その5~;
 青松寺 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その6~
 NHK放送博物館 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その7~
 愛宕神社 出世の階段 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その8~
 虎ノ門ヒルズ ~浜松町から赤坂まで歩きました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

千歳烏山 長寿庵

Img_1094

 千歳烏山にある街のお蕎麦屋さんです。

 写真は、開化丼というどんぶりのセットで、豚の卵とじといった風合いでした。

 今回取り上げたのは、長寿庵という名前が懐かしかったから。

 以前、よく読んでいた御宿かわせみのお蕎麦屋さんが長寿庵という名前でした。

 「新」にになってからは、あんまり読んでいないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

2016伊豆ケ岳

 わー、時間がない!
 でも更新。下記は、2016年の伊豆ケ岳に行った際の記事一覧です。

伊豆ケ岳へ行きました!記事一覧

 

伊豆ケ岳に行きました!その1 吾野湧水
 天目指峠の伝説 ~伊豆ケ岳へ行きました!その2~
 伊豆ケ岳 ~伊豆ケ岳へ行きました!その3~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

花は咲くの極上肉うどんを食べました!

photo

 先日、仕事で施設の行事にお邪魔する前に、ちょっと腹ごしらえということで、新中野の花は咲くで食事をしました。

 このうどん屋さん、出来てそんなにたっていない印象ですが、(それでも数年は続いていますが)、近年、肉うどんが得意となってきたようで、一押しのようなので、いただいてみました。

 肉がすき焼き風の味付けで、やわらかく、さすがに「極上」というのもわからないでもなかったです。

 まあ、値段も、うどんとしては、「極上」ですが。

 このお店、最近、イベントとかに出店して賞をとったり、TVでも紹介されているようです。

星評価 ★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

NHK放送博物館 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その7~

Imgp6035

 NHKがラジオ放送を開始したという場所。面白いのは、その立地。小高い台地の上なのですね。

 東京は、結構、台地が入り組んでいて、坂道が結構あるところです。

 地図とは違う、歩きの楽しみです。(次の記事へ

浜松町から赤坂まで歩きました!記事一覧

 浜松町から赤坂まで歩きました!
 芝大神宮 ~浜松町から赤坂に歩きました!その2~
 東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その3
 増上寺 三解脱門 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その4~
 増上寺と東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その5~;
 青松寺 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その6~
 NHK放送博物館 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その7~
 愛宕神社 出世の階段 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その8~
 虎ノ門ヒルズ ~浜松町から赤坂まで歩きました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

青松寺 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その6~

写真

 江戸府内の曹洞宗の寺院を統括した江戸三箇寺の 1 つ。太田道灌が雲岡舜徳を招聘して文明 8年(西暦1476 年紀元2136年)に創建したとの由。

 当初は武蔵国貝塚(現在の千代田区麹町周辺の古地名)にあったが、徳川家康による江戸城拡張に際して現在地に移転したそうです。

 このお寺の学寮は、駒澤大学の前身となったとのこと。(次の記事へ

浜松町から赤坂まで歩きました!記事一覧

 浜松町から赤坂まで歩きました!
 芝大神宮 ~浜松町から赤坂に歩きました!その2~
 東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その3
 増上寺 三解脱門 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その4~
 増上寺と東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その5~;
 青松寺 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その6~
 NHK放送博物館 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その7~
 愛宕神社 出世の階段 ~浜松町から赤坂まで歩きました!その8~
 虎ノ門ヒルズ ~浜松町から赤坂まで歩きました!その9~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«増上寺と東京タワー ~浜松町から赤坂まで歩きました!その5~